GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2015年 >
  4. プレスリリース2015年10月15日

プレスリリース

2015年10月15日
株式会社富士通コンピュータテクノロジーズ

FUJITSU RFID・センサーソリューション EyeExpert
視線検出システム「EyeExpert」を販売開始

株式会社富士通コンピュータテクノロジーズ(代表取締役社長:福元 芳朗、本社:川崎市中原区上小田中4-1-1)は、10月15日、視線検出技術(※)を用いた視線検出システム「EyeExpert」の販売を開始します。本視線検出システムは、小型視線センサーと制御ソフトウェアからなり、今まで容易には得ることの出来なかった人の視線位置(見ている場所)を非接触で検知しデータとして蓄積することが可能です。例えば、小型視線センサーを店舗に設置し収集したデータを分析することで陳列改善や商品開発などマーケティングに活用することができます。
(※)本視線検出技術は株式会社富士通研究所の技術を活用しています。

視線検出システム「EyeExpert」の特長・機能

  1. 小型視線センサー

    小型視線センサー(7.1cm×1.2cm×1.2cm)により店舗の棚などに目立たずに設置することが可能です。このため視線センサーの設置を意識することなく自然なデータが収集できます。また、パソコン1台につき最大4個(*1)の視線センサーを接続することができますので、複数の領域に対するデータを1台のパソコンで収集することが可能です。

    小型視線センサー

  2. 視線データの収集機能

    同時に最大4個(*1)の視線センサーから収集したデータを記録します。日時、時間帯や場所毎の収集比較ができるようになります。

  3. 導入や運用作業を軽減する付帯サービス

    製品と同時に提供する付帯サービスをご利用いただくことにより、製品の導入作業や蓄積したデータの分析作業を軽減します。

(*1)最大接続数は使用するパソコンの機種、OSに依存します。詳しくは製品紹介のホームページにてご確認下さい。

利用例

視線検出システム「EyeExpert」の利用例

商品構成

構成 商品名
製品 EyeExpert視線検出基盤
ライセンス EyeExpertデータ出力ライセンス
サービス EyeExpert導入支援サービス
EyeExpert移設サービス
EyeExpertカスタマイズサービス
保守 EyeExpert保守サポート

※ 製品・ライセンス・サービス、保守の購入方法、価格についてはお問い合わせください。

販売目標

 2017年度末までに300システムの販売を目標としています。

関連ホームページ

 以下の当社ホームページにて製品をご紹介しています。
http://www.fujitsu.com/jp/group/fct/products/eyeexpert/index.html

お問合せ先

 製品・サービスに関するお問い合わせは、以下のページよりお問い合わせください。
http://www.fujitsu.com/jp/group/fct/contact/index.html

商標について

  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリースに記載されたサービスの内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。


GTM-5K47P6