GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2014年 >
  4. プレスリリース2014年1月17日

製品開発を支援する小型アプライアンス用プラットフォーム「FUJITSU Embedded System ActiveAssist PF1000」の新モデルを販売開始

~用途に合わせて選べる2モデルをご提供~

株式会社富士通コンピュータテクノロジーズ(代表取締役社長:福元 芳朗、本社:川崎市中原区上小田中4-1-1)は、1月17日(金曜日)、アプライアンス製品の開発をご検討の法人様向けに、小型アプライアンス用プラットフォーム「FUJITSU Embedded System ActiveAssist PF1000」新モデルの開発キットならびにハードウェアを販売開始いたします。

新モデルの「FUJITSU Embedded System ActiveAssist PF1000E/PF1000F」では、2モデル化することにより、お客様の開発する製品用途に合わせてハードウェアをお選びいただけます。また、ハード・OS・各種ネットワークパッケージや、RASIS(注1)、初期診断機能をプラットフォームとして提供することにより、従来機同様、短期間でアプライアンス製品を開発することができます。

「ActiveAssist PF1000E」は、BEMS/HEMSのゲートウェイ製品などに、「ActiveAssist PF1000F」は、データ蓄積・DB処理や高速データ通信などの幅広い用途にご利用いただけます。

ハードウェアは、インターフェースを前面に集約することで、保守性・設置性を向上しました。ソフトウェアは、JAVA(オプション)のご提供により、OSやハードウェアとの相性を意識することなく、JAVAアプリケーションが容易に搭載できます。

用途に合わせて選べる「ActiveAssist PF1000」新モデルにより、お客様製品の短期間/高品質な開発を強力にサポートいたします。

2014年1月17日

近年、ネットワーク分野において、専用のネットワーク機能を搭載したアプライアンス製品が増える中、製品用途に合わせて、ハードウェアを選択し、アプライアンス製品を開発いただけるように、当社は、このほど、新モデル「ActiveAssist PF1000E/F」の販売を開始いたします。

【ActiveAssist PF1000E】

PF1000E image

【ActiveAssist PF1000F】

PF1000F image

新モデルの特長

  1. 選べる2モデル
    お客様の製品用途に合わせてハードウェアを選択し、アプライアンス製品を開発していただけます。
    • ActiveAssist PF1000E
      機能を絞ることにより、低価格化を実現。CPUには、フリースケール・セミコンダクタ社製 QorIQ P1011を採用。BEMS/HEMSのゲートウェイ製品などにご利用いただけます。
    • ActiveAssist PF1000F
      外部ストレージの接続やSSDの搭載を可能にし、CPUには、フリースケール・セミコンダクタ社製 QorIQ P2020を採用。データ蓄積・DB処理や高速データ通信などの幅広い用途にご利用いただけます。
  2. 保守性・設置性を向上
    ハードウェアは、インターフェースを前面に集約することで、保守性・設置性を向上しました。

ActiveAssist PF1000シリーズの特長

  1. アプライアンス製品の開発に最適なプラットフォーム
    • ハードウェア、OS 、ミドルウェアまでをご提供
      ハードウェア、OSに加えて、ミドルウェアの各種ネットワークパッケージを開発キットとしてご提供いたします。お客様は、OS、ハードウェアの相性などを意識することなく、アプリケーションの開発に専念できます。
    • 充実したRASIS・初期診断機能
      装置起動時の初期診断機能や運用中における各種異常監視、異常検出時の高速ログ収集機能やパーティション二面機構など、RASIS・初期診断機能をご提供いたします。
    • 富士通製品で採用実績が高い当社の組込みLinux
      OSには、富士通製品での採用実績が高い、当社の組込みLinuxをご使用いただけます。当社の組込みLinuxは、Carrier Grade Linux ( 注2) V5.0に準拠し、プラットフォームとしての高い安定動作を実現いたします。
  2. 高信頼機能を備えた、安心・安全なハードウェア
    • ハードウェアによる異常監視・制御
      安全性に関わる異常は、ハードウェアで監視・制御しているため、OSに 異常が発生した場合でも、高い温度状態など、危険な状態で稼働し続けることなく、確実に電源を切断します。
    • データ保護機構による高い信頼性
      メインメモリにECCによるデータ保護機構を備え、お客様の大切なデータを保護します。各種メモリに関してもチェックサムによるチェック機構を備えています。
    • 365日連続稼働に適した高い堅牢性
      HDDを使用せず、かつ長寿命ファンを採用したことで、24時間365日の連続運転に適した高い堅牢性を実現します。
  3. 製品の開発サイクルをワンストップサポート
    • お客様の短期間での製品開発を支援
      開発キットをご購入のお客様は、アプリ開発をはじめ、開発支援サービスをご利用いただけます。ワンストップでのアプリケーション開発に関する技術サポートなどにより、お客様の短期間での製品開発をご支援いたします。
    • お客様の出荷形態にあわせたカスタマイズ
      お客様のご要望に合わせた、意匠面の変更などのカスタマイズサービスや、製品出荷時におけるソフトウェアのプレインストール・同梱品の変更などのキッティングサービスをご提供いたします。
    • 製品出荷後も安心のサポート
      製品出荷後のハードウェアの故障修理を保守支援サービスとしてご提供いたします。

    <開発キットを使用したアプライアンス製品開発の流れ>

    flow image

販売価格、および出荷時期

■ ActiveAssist PF1000E/F 製品一覧

ActiveAssist PF1000E/F 製品一覧
カテゴリ 製品名 価格(税別) 出荷時期
製品 ActiveAssist PF1000E 開発キット 49,800円 2014年1月17日
ActiveAssist PF1000F 開発キット 64,800円 2014年2月(予定)
ActiveAssist PF1000E ハードウェア 個別見積 2014年1月17日
ActiveAssist PF1000F ハードウェア 個別見積 2014年2月(予定)
オプション SDカード (2GB ~)
(注)詳細は、お問い合わせください。
オープン価格 2014年1月17日
SSD (128GB ~)
(注)詳細は、お問い合わせください。
オープン価格 2014年2月(予定)
SSD取り付けキット 7,800円 2014年2月(予定)
JAVAライセンス(PF1000E) 1,500円 2014年1月17日
JAVAライセンス(PF1000F) 2,500円 2014年2月(予定)

■ ActiveAssist PF1000E/F サービス一覧

ActiveAssist PF1000E/F サービス一覧
カテゴリ 製品名 価格(税別) 提供時期
サービス アプリケーション開発サービス 個別見積 2014年1月17日
開発支援サービス(QA対応) 個別見積 2014年1月17日
カスタマイズ/キッティングサービス
(意匠面の変更/
ソフトウェアのプレインストール等)
個別見積 2014年1月17日
ハードウェア保守サービス 製品価格の8%/
年間
2014年1月17日
JAVAサポートサービス(PF1000E) 300円/年間 2014年1月17日
JAVAサポートサービス(PF1000F) 500円/年間 2014年2月(予定)

販売目標

2016年度末までに10,000台の販売を目標としています。

関連ホームページ

ActiveAssist PF1000製品紹介ホームページ: http://jp.fujitsu.com/group/fct/services/activeassist-pf1000/

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

注1  RASIS:
Reliability(信頼性) Availability(可用性) Serviceability(保守性) Integrity(保全性) Security(機密性)の略。
注2  Carrier Grade Linux:
通信事業に利用可能な信頼性やレスポンス性能などを向上させたLinuxの規格。

日付: 2014年1月17日
会社名: 株式会社富士通コンピュータテクノロジーズ

プレスリリースに記載されたサービスの内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-5K47P6