GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

手書き帳票OCR for ImageOFFICE

本製品は販売を終了いたしました。

新規にOCRシステムの導入を検討される場合には、DynaEyeを推奨します。現在販売しております「手書き帳票OCR for ImageOFFICE V2.0」は、ImageOFFICE V4.0のオプション製品であり、ImageOFFICE V5.0には対応しておりません。
マニュアルなどは、 PDF 「手書き帳票OCR for ImageOFFICE V2.0ユーザーズガイド」をご覧下さい。

関連製品に「 DynaEye」があります。 両者の比較・選択のポイントにつきましては、 DynaEyeと手書き帳票OCRとの比較表をご覧ください。


製品概要

手書き帳票OCR for ImageOFFICEは、ドキュメントイメージング・ソフトウェアImageOFFICEに、手書きの定型帳票をコードデータ化する機能を拡張したOCRソフトウェアです。
従来、手書きの帳票類から人手でキー入力していた作業を自動化し、データ入力作業の効率化を実現します。帳票・伝票をまとめてスキャナで読み取って、手書きあるいは活字の文字(英数記号から住所・氏名の日本語まで)をデータ化し、表計算ソフトウェアやデータベース・ソフトウェアに連携できます。さらに、ImageOFFICEでのファイリング・活用のために、帳票の仕分けや検索用キーワードの設定が可能です。アンケート集計、顧客管理、販売管理、経理・会計、病院・学校事務など幅広い業務・業種で、キーボード入力の手間を省き効率的なデータエントリ、イメージファイリングを実現します。

GTM-5K47P6