社長挨拶

代表取締役社長 中村 真喜代表取締役社長 福田 真

”ユニークで存在感のある組込みシステム開発専門会社を目指して”

富士通コンピュータテクノロジーズは、1983年の創業以来一貫して組込みシステム向けの開発会社として歩んでまいりました。科学技術計算用途で使用されるスーパーコンピューターから、サーバ/ストレージシステム/ネットワーク機器などの社会インフラ製品、PCや携帯電話などのユビキタス製品、さらには車載機器、OCRなどの幅広い製品の開発に携わってきております。

また、これまでの開発業務の中で培った技術やノウハウを活かし、高品質/高性能な製品を支える開発環境、評価/検証ツールの提供、加えてICT(情報通信技術)システム導入やRPAツールの開発/提供などにも取り組んでおります。近年ではIoTの急速な普及とともに注目されている「エッジコンピューティング」の開発に注力しており、お客様のニーズに合わせたソリューションを提供しております。

お客様の多様なご要望にお応えし、さらにワンランク上の品質/性能を追求するため、日々、技術向上に努めるとともに新しい技術へも挑戦しております。高度な技術力と高い専門性を有しチャレンジする人材を育成するために、組込みシステム開発に必要なスキルを定義し、基礎から実践までの充実した教育体系でエンジニア育成に取り組んでおります。加えて、未来を拓く価値創造人材の育成に努めており、組織として、お客様への新たな価値提供にこだわる、ユニークで存在感のある組込みシステム開発専門会社を目指しております。

私たちは、富士通グループの社会における存在意義である「パーパス」を堅持しその実現に向けOne Fujitsuとして取り組む事で、お客様の事業成長に貢献し信頼されるパートナーとして期待に応えてまいります。

株式会社富士通コンピュータテクノロジーズ
代表取締役社長 福田 真