Skip to main content

Japan

【体験記】豊橋創造大学の学生さん、トレーナーとして活躍(第8回)

トレーナーは豊橋創造大学の学生さん2018年12月15日 土曜日 豊橋での家族ロボット教室 第8回を開催しました。前回に引き続き、豊橋市こども未来館ココニコさんとの共催です。
今回は午前13組、午後8組、計21組のご家族に参加いただきました。講師・トレーナーは、FCT豊橋事務所・川崎事務所メンバ、デンソー株式会社さん、および、トレーナー初参加の豊橋創造大学さんからの合計15名が参加しました。
今回参加した小学4年生の男の子は、小学2年生の弟くんとお母さんが一緒に参加していました。
ロボットの組み立てをスイスイ進めているので「レゴはやったことあるの?」と聞くと、「うん、やってるよ」とのこと。プログラミングもツールをすぐに使いこなして、課題もほとんど一番にクリアしていました。
これまでの教室でライントレースを何も教えずに1回のプログラムでクリアできたお子さんは初めてだと思います。これには驚きました。

試走中、ゴールまで走るかな?実は、この男の子と弟くんは、豊橋創造大学さんの CoderDojo (コーダー道場) の生徒さんとのこと。週2回放課後に道場に通って、マイクラ教育版やScratchで腕を磨いているそうです。どんな環境でも制御構造の基本は一緒なので、基礎ができていると理解も早いのではと思いました。
本番レースではいいタイムで決勝に進んだんですが、惜しくもコースアウトしてしまい優勝には届きませんでした。本人も「楽しかったけど優勝したかった」と残念そうでした。
家族ロボット教室は、基礎を知っているお子さんも、初めて参加するお子さんも、一緒に楽しんでいただける点も狙いの一つです。
今回、はじめて豊橋創造大学さんにトレーナーとして参加していただきました。トレーナーを何回か経験している私にとっても、地域の学生さんとの交流は刺激になって大変よかったと思います。今回の教室に参加して、豊橋創造大学さんのコーダー道場も見学してみたいと感じました。
ほかのプログラミング教室のカリキュラムから学ぶこともたくさんあると思います。こうした交流を通じて地域全体で子どもへの学習支援を盛り上げていきたいですね。