GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

【体験記】秋の訪れを感じた八幡平教室(第19回)

第19回の家族ロボット教室は、2013年10月5日 土曜日に岩手県八幡平市の西根地区公民館(西根地区市民センター)で開催しました。今回のロボット教室は、2011年12月活動開始時の目標のひとつであった岩手県全市開催を達成した記念すべき回でした。
八幡平市は自然豊かなところで、会場は刈入れが終わった田んぼに囲まれ、雄大な岩手山を望むことができました。開催前日に現地入りした当社メンバーは、会場準備までの時間を利用して、次回の宮古会場への挨拶と八幡平散策の二手に分かれて行動しました。私は八幡平散策に参加し、紅葉し始めた日本百名山のひとつである八幡平を歩き、秋の訪れを感じる岩手を堪能できました。

今回の教室は、午前6組、午後7組、計13組での開催となりました。お祭りや体育祭、刈入れなど様々なイベントが目白押しの10月開催ということで集客が懸念される中、岩手県、八幡平市教育委員会の方々の手厚いサポートを受け開催につなげることができました。特に八幡平市教育委員会様には、前日の準備、当日の朝、夕、と何回も教室の会場にご足労頂きました。また、私達の帰京の新幹線の時間を配慮して、宅配便の引き渡しも引き受けて頂くなど、細部に渡ってお世話になりました。本当にありがとうございました。

午前の部は6組の家族が参加くださいました。そのうちの1組は、お子さんの強い希望もあって、お父さんと別々に参加することになりました。
家族ロボット教室では、複数種類のカリキュラムを用意しています。今回は1家族に1人のトレーナーを配置することができたため、教室前のトレーナー朝会で相談し、教室の進行状況をみて難易度の高いカリキュラムにチャレンジしてもらうことも視野に入れて開始しました。そして参加者の皆さんの頑張りもあり、現時点で一番難易度の高いパターンにチャレンジしてもらうことになりました。このパターンは、標準のライントレースにタッチセンサーとUターンを組み合わせたものです。お父さんとお子さん別々に参加されたご家族を含め、全員完走することができました。午後の部の7組も午前と同じパターンにチャレンジしてもらいました。今回の教室は、私達トレーナーにもとても勉強になりました。まずは大成功と言わせて頂きます。

私は今回で3回目のトレーナー参加になりますが、常にステップアップを目指す家族ロボット教室はいつも学ぶべきことがあり、自分も一緒に成長できている実感があります。1000組達成を目指す家族ロボット教室は今回で382組になりました。今後もできるかぎり参加していきたいと思います。

今後の予定

  • 2013年10月26日 土曜日:宮古市
  • 2013年11月30日 土曜日:滝沢村
  • 2014年1月25日 土曜日:久慈市
GTM-5K47P6