社長挨拶

私たちUTエフサス・クリエは、2021年10月1日にUTグループ株式会社と株式会社富士通エフサスが協業することに合意し、誕生しました。

私たちが大切にするものは、「はたらく人」「企業」の双方から選ばれる企業になることです。

昨今の国内の雇用情勢は、少しずつ経済の回復がみられ、新たな働き方や人材活用の構造的な変化が見受けられます。一方で、少子高齢化やIT技術者の不足など産業を支える人材の確保は難しくなってきている課題があります。

私たちは、これまで長年培ってきた社員、お客様との信頼関係、そこに新たに加わるUTグループとの融合によって、「はたらく人」「企業」によりよい価値を提供できるよう邁進していきたいと考えています。

富士通グループ、UTグループの両社の強みやノウハウを融合し、新しい「キャリアプラットフォーム」の創造を図ることにより、今後の産業の発展、社会に貢献して参ります。

UT エフサス・クリエ株式会社
代表取締役社長 森川 弘二

会社概要

社名UT エフサス・クリエ株式会社
設立1996年6月19日
代表者代表取締役社長 森川 弘二
資本金1億円(UTグループ株式会社 51%、株式会社富士通エフサス 49%)
従業員272名(2021年3月現在)
本社住所〒211-0063
神奈川県川崎市中原区小杉町1-403 武蔵小杉タワープレイス3階 [本社地図]
Tel044-739-2500
Fax044-739-2510

役員

代表取締役社長森川 弘二
取締役(非常勤)渡邊 祐治
取締役(非常勤)林 直人
取締役(非常勤)矢野 浩伯
取締役(非常勤)松下 一誠
監査役(非常勤)福森 正人
監査役(非常勤)有門 忠司

沿革

売上高および就業スタッフの推移

社会貢献活動

UT エフサス・クリエでは、地域のみなさまや富士通グループ企業と連帯しながら、様々な環境問題の防止・貢献に努めております。

活動内容

パラリンアート

UT エフサス・クリエは障がい者雇用を積極的に進めており、「パラリンアート」を賛同企業としてサポートしています。
パラリンアートとは一般社団法人障がい者自立推進機構による、障がい者アーティストの経済的自立と社会的進出を応援する活動です。
賛同企業は参加アーティストの作品展示やデザイン使用を通じて、障がい者アーティストの芸術的・経済的サポートを行っています。

障がいのあるアーティストが制作した絵画を通じて、企業にとっては新しい社会貢献の形として、アーティストにとっては才能を活かした社会参加のきっかけとして成り立つ、障がい者の自立を目指すための活動です。

UT エフサス・クリエに関するお問い合わせ・ご相談

当社へのお問い合わせ

採用に関するお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ