PRESS RELEASE[ ソリューション ]

  • facebook
  • twitter
  • LinkedIn

富士通コネクテッドテクノロジーズとAPRESIA Systems、ローカル5Gシステムの本命、Sub-6帯・SA方式における相互接続に成功

2020年12月8日

富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社

    富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社(本社:神奈川県大和市、代表取締役社長 髙田克美、以下FCNT)とAPRESIA Systems株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 末永正彦、以下APRESIA)は、 2020年末に制度化が進められているローカル5Gの4.5GHz帯を利用し、3つの特長「超高速・超低遅延・多数同時接続」をフルスペックで利用でき、ローカル5Gの本命と称されるStand Alone(以下SA)方式(注1)を採用した、APRESIAのローカル5GネットワークとFCNTのローカル5G対応スマートデバイス間における相互接続に成功しました。
    今回の相互接続の成功は、今までローカル5Gの導入に興味や関心はあるものの、コストやネットワーク品質に課題意識や不安感を持たれているお客様に対するリーズナブルで信頼性の高い日本企業のローカル5Gソリューションの提供と、国内におけるローカル5G市場の立ち上げ・浸透を加速する大きな第一歩となりました。
    FCNTとAPRESIAは今後、日本国内におけるローカル5G市場の早期立ち上げ及び市場の拡大に向けて、様々な実証実験への共同参画をはじめ、ローカル5Gビジネスにおける協業に積極的に取り組んでまいります。

背景と概要

    ローカル5Gで利用される周波数帯域にはミリ波帯とSub-6帯、提供方式にはSA方式とNSA方式など、いくつかの組み合わせがありますが、Sub-6帯・SA方式の組み合わせがローカル5Gシステムの本命と言われています。
    今回、FCNTとAPRESIAは、APRESIAのSub-6帯・SA方式を採用した日本企業のローカル5GネットワークシステムとFCNTの国産ローカル5G対応スマートデバイスを用いた相互接続試験をいち早く実施し、ひとつひとつのメッセージ内容やシーケンスを基地局側及び端末側双方で新規検証を積み重ねた結果、有線による接続に加え、無線(Over the Air)接続によるデータ疎通の確認に成功しました。
    FCNTとAPRESIAは、今後、両社の強みを活かし、リーズナブルな価格と安定・高品質な無線ネットワーク環境、日本企業ならではの安心感を兼ね備えたローカル5Gシステムをエッジデバイスからシステムまで一気通貫で提供することを通じて、次世代のビジネスチャンスの創出を目指す様々なお客様のニーズにいち早くお応えすると共に、日本国内におけるローカル5G市場の早期立ち上げ及び市場の拡大・浸透に貢献します。

FCNTのローカル5G対応スマートデバイスとAPRESIAのローカル5Gシステムの接続構成

FCNTのローカル5G対応スマートデバイスとAPRESIAのローカル5Gシステムの接続構成図

富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社 代表取締役社長 髙田克美のコメント

    このたびの、APRESIA Systems株式会社のローカル5Gシステムと私たちFCNTのローカル5Gスマートデバイスとの相互接続の成功は、FCNTとしては初めてのSA方式を採用したローカル5Gシステムとの相互接続を確認できた事例であり、これから始まるローカル5G時代の幕開けに非常に大きな一歩を踏み出せたことを嬉しく思います。ローカル5Gは、産業向けソリューションとして最高のエクスペリエンスをもたらす可能性を秘めています。今後、FCNTは、今回の相互接続の功績と5G、エッジAI技術を起点とし、お客様に合わせた最適なローカル5Gソリューションをワンストップで提供いたします。そして、5Gの「つなぐ」テクノロジーを様々な産業分野に展開し、新たなソリューションやサービス、体験を創出し、企業や人々の生活をより便利で豊かに、社会の発展と社会とお客様の課題解決に貢献してまいります。

APRESIA Systems株式会社 代表取締役社長 末永正彦のコメント

    このたびローカル5Gシステムの相互接続を通じて、富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社と連携する機会を得られたことを大変嬉しく思っております。APRESIA Systemsは、オープン化技術を活用することでエコシステムを構築し、多彩なネットワークコネクティビティを提供すべく活動しており、ローカル5Gシステムについてはリーズナブルで柔軟なSA型システムの提供を目指して取組んでおります。このたびの富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社との相互接続の成功により、また一歩その実現に近づくことができました。今後も幅広いお客さまに最適なローカル5Gシステムを提供すべく開発に邁進してまいります。

富士通コネクテッドテクノロジーズのローカル5G対応スマートデバイス

  • - 商品コンセプトと特長
    • 米Qualcomm社との協業により開発した5Gスマートフォンのリファレンスデザインを活用して開発
    • 今後、需要の拡大が見込まれるローカル5G市場におけるネットワーク検証や実証実験用に2020年10月末より提供を開始
    • ミリ波とSub-6に対応し、またNSA方式(注2)及び、SA方式の両構成に対応したスマートフォンタイプのエッジデバイス
    • 小型・軽量で持ち運びがしやすいことに加え、カメラやGPS、マイク、加速度などの各種センサー、Android™ OSを搭載し、様々な用途の実証実験に活用可能
    • ローカル5Gのネットワーク状態を可視化するFCNT独自のツールも提供開始
APRESIA Systemsのローカル5Gシステム
  • - コンセプト
    • これまで培ってきた日本国内向けの高信頼なモノづくりをベースに、予算が限られている企業でも手軽に導入できるよう国内市場に最適化(機能・コスト)されたローカル5G向け製品を開発
    • O-RAN(オープン無線アクセスネットワーク)へ準拠することで自社製品を開発する一方、他社製品との相互接続にも対応
    • 「Free5GC」などのOSSを活用することで、ローカル5Gに最適な柔軟性と低価格化を実現
  • - システム概要
    • 対応周波数:4.8~4.9GHz
    • 方式:SA方式

富士通コネクテッドテクノロジーズの5Gへの取り組み経緯

  • 2020年2月26日arrows 5GがSnapdragon 865 5Gモバイルプラットフォームを採用
  • 2020年4月6日米Qualcomm社との協業により、5Gスマートフォンのリファレンスデザインを開発
  • 2020年7月22日arrows 5G F-51Aを全国のNTTドコモ取扱店から発売
  • 2020年10月8日富士通株式会社のローカル5Gパートナーシッププログラムに参加
  • 2020年10月16日ローカル5G対応スマートデバイスを開発

商標

  • Qualcomm及びSnapdragonは、米国及びその他の国々で登録されたQualcomm Incorporatedの商標です。
  • Android は Google LLC の商標です。
  • その他、記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

  • (注1)
    SA(Stand Alone)方式:
    Sub-6帯を用いて、5Gのみで動作する無線アクセスネットワーク構成
  • (注2)
    NSA(Non Stand Alone)方式:
    Sub-6帯またはミリ波を使用し、4Gのインフラを基盤として動作する無線アクセスネットワーク構成

関連リンク

以上

富士通コネクテッドテクノロジーズお問い合わせ先

報道関係者お問い合わせ先
富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社

広報窓口

ローカル5G対応スマートデバイスおよびソリューションサービスのお問い合わせ先
富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社

テクノロジーソリューション事業部

APRESIA Systemsお問い合わせ先

ニュースリリースについてのお問い合わせ先
APRESIA Systems 株式会社

企画本部 ビジネス開発部
剱 幸一

製品、サービスについてのお問い合わせ先
APRESIA Systems 株式会社

ローカル5Gプロジェクト
渡辺 純平、伊藤 拓

ページの先頭へ