PRESS RELEASE[ スマートフォン ]

  • facebook
  • twitter
  • LinkedIn

富士通コネクテッドテクノロジーズ、
アドビとスマートフォンのカメラ機能で協業を開始

~ 撮影と編集を同時に行う「arrows 5G」としての新しい撮影体験 ~

2020年3月18日

富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社

    富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社(本社:神奈川県大和市、代表取締役社長 髙田克美、以下FCNT)は、アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 ジェームズ マクリディ、以下アドビ)と協業し、FCNT初の5G対応フラッグシップスマートフォン「arrows 5G F-51A(アローズ ファイブジー エフ ゴイチエイ)」(2020年6月下旬以降 発売予定)において、モバイル向け写真編集アプリ「Adobe Photoshop Express」と連携したカメラ機能「Photoshop Express モード」(以下本カメラ機能)を提供します。
    “すべての人に「つくる力」を”というコンセプトのもと世界最高峰のクリエイティブアプリとサービスを提供し続けるアドビと、「モバイルクリエイティブ市場」を共創し、端末への機能搭載に留まらないサービスの提供を行っていきます。

「arrows5G」×Adobe社Photoshopロゴ

背景

    FCNTは、従来より「すべての人にとって使いやすいものづくり」を製品開発の軸に据え、プロダクト事業を展開してまいりました。
昨今の視覚的なコミュニケーションを中心とするSNSの普及や、動画像の編集への関心、利用ニーズの高まりを受け、お客様の自己表現の幅や可能性を広げることがスマートフォンの重要な役割であると認識しております。
    FCNTは、5Gにより更なる変化と発展が予想されるスマートフォンの役割として、使いやすさを通じてお客様の創作活動を支えていきます。

本カメラ機能の特長および仕様

アドビの補正技術を写真に自動適用する「Photoshop Express モード」

    本カメラ機能は、『撮影と編集を同時に行う「arrows 5G」としての新しい撮影体験』を提供するものです。「arrows 5G」のカメラアプリにおいて、「Photoshop Expressモード」選択時にシャッターを切るだけで、「Adobe Photoshop Express」と連携し、撮影した写真に対して自動で補正を適用します。本カメラ機能は、光量、コントラスト、ハイライト、シャドウ、ホワイト、ブラック、色温度、色合い、自然な彩度、明瞭度などを調整(注1)します。

  • 補正前
  • 補正後(イメージ画像

    上記は自動補正の効果を示すイメージ画像です。自動補正の適用により、夜景のような撮影が難しいシーンでも、ディティールがより強調された印象的な写真を残すことができます。

arrows 5Gについて

    本カメラ機能が搭載される「arrows 5G」は、「通信も端末動作もはやい」をコンセプトに使い心地までも追求した、FCNTとしては3年ぶりのフラッグシップスマートフォンです。
第5世代通信規格である5Gに対応し、ハイスペックな機能を揃えながら7.8mmという薄さを実現しています。
     発売時はNTTドコモの5G回線を用いた通信において受信時最大3.4Gbps/送信時最大182Mbps(Sub6)に対応し、2020年夏より受信時最大4.1Gbps/送信時最大480Mbps(ミリ波)に対応予定(注2)です。

アドビとの協業に関する今後の展望について

    この度は「arrows 5G」のカメラ機能へ初めて、アドビのアプリケーション「Adobe Photoshop Express」と連携した「Photoshop Expressモード」を搭載しました。
    今後は、この機能搭載を皮切りにモバイルを用いたクリエーション活動の普及や浸透に向けたオンライン・オフラインを問わない幅広い連携、共創活動を展開(注3)してまいります。

関連Webサイト

商標について

  • Adobe、Adobeロゴ、Adobe Photoshop Express、および Adobe Photoshop Expressロゴはそれぞれ、アメリカ合衆国およびその他の国々におけるAdobe(アドビ社)の登録商標または標章です。
  • その他、記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

  • (注1):
    本カメラ機能は、光量、コントラスト、ハイライト、シャドウ、ホワイト、ブラック、色温度、色合い、自然な彩度、明瞭度などを調整:
    現在開発中であり、名称・機能の効果やその他仕様は変更される場合があります。
  • (注2):
    2020年夏より、受信時最大4.1Gbps/送信時最大480Mbps(ミリ波)に対応予定:
    開始時期や仕様は変更される場合があります。
  • (注3):
    オンライン・オフラインを問わない幅広い連携、共創活動を展開:
    現在協議中の内容となります。

以上

報道関係者お問い合わせ先

富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社

広報窓口

ページの先頭へ