PRESS RELEASE[ サービス ]

  • facebook
  • twitter
  • LinkedIn

シニア向けSNSサービス「らくらくコミュ二ティ」を
ファンコミュニティサービスとしてリニューアルオープン

~情報が届きにくいシニアへの「デジタルリーチ」と「ファン化」を実現~

2019年10月30日

富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社

    富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社(本社:神奈川県大和市、代表取締役社長 髙田克美、以下FCNT)は、シニア向けSNSサービス「らくらくコミュニティ」を本日10月30日(水曜日)より、リニューアルオープンします。2013年のサービス開始以降、“あんしん”なSNSをテーマに、多くのシニア層の皆様にご愛用いただき、会員数180万人まで成長することができました。
    この度、さらに楽しく安心してコミュニケーションができるシニア向けSNSサービスとしてリニューアルし、毎日来たくなるような情報がより見つかりやすくなりました。シニアの生活や趣味嗜好に合わせたコミュニティ、各種イベントの実施の他、自分の興味関心と近い人をオススメするレコメンド機能やリアクションボタンの拡充など、コミュニケーションを通じてシニアの生活をより一層アクティブにします。
    また、「らくらくコミュニティ」はシニア市場における新たなビジネスとして、シニア層向けの商品やサービスを扱う企業の皆様と共にファンコミュニティサービスを開始します。
    「らくらくコミュニティ」内へ企業の「公式アカウント」を設けることで、マーケティングが難しいシニアユーザーの生の声が聴け、シニアユーザーと企業とのコミュニケーションを通した相互理解が可能となります。シニアユーザーのファン化の醸成を促し、シニアの興味と企業の商品・サービスをつなぐ架け橋となることを目指します。

らくらくコミュニティについて

    「らくらくコミュニティ」は、共通の趣味や話題を通じて会員同士が交流できる安心・安全なインターネット上のコミュニケーションの場で、現在は会員数180万人の日本最大級のコミュニティを持つシニア向けSNSサービス(注1)です。従来から変わらず、専門スタッフが24時間投稿をチェックし個人情報の漏洩や悪意ある企業による詐欺や勧誘などを未然に防ぐため、安心してご利用いただけます。また、情報格差や特殊詐欺被害、健康寿命の延伸などに対し、影響力の高いメディアに成長することで、シニアの社会的な課題解決の一端を担いたいと考えています。
    今後もシニアが「らくらくコミュニティ」を通じ、新しい趣味や情報・人と出会い、交流して世界を広げ、より豊かな生活を送っていただけるよう成長し続けます。
    らくらくスマートフォンをはじめとするシニア向け当社製品にプリインストールされている他、他社製のスマートフォンからもWeb経由でご利用いただけます。

特長と主なリニューアルポイント

1.見るだけで楽しいタイムライン表示と3つのリアクション

    「らくらくコミュニティ」のトップページには記事写真が大きく表示されており、見ているだけで楽しく読みたい記事がすぐに見つかります。投稿に対する最新のリアクションや、フォローした人やお気に入り登録したコミュニティの記事を直感的に閲覧でき、記事を探す手間もありません。
    また、リアクションボタンは「いいね」(旧 拍手ボタン)に加えて「ファイト」と「涙」も選べるようになり、シーンに応じたリアクションが可能となりました。

見るだけで楽しいタイムライン表示と3つのリアクションの説明画像

2.コミュニティへの定期コンテンツ記事とイベントの提供

    コミュニティへは、スマホやSNSが初めてでも投稿しやすいテーマから様々な趣味や身の周りのことまで、投稿しやすく見るだけで楽しいテーマを設置しています。
さらに、従来のユーザー同士のみのコミュニケーションを中心とした形式に加え、料理動画や毎日の体操動画、お役立ち情報など、シニアの生活や嗜好に合わせた定期コンテンツを発信します。定期コンテンツの情報をきっかけとし、コミュニティ内の会員同士のコミュニケーションの活性化を促します。
    また、イベントはご好評いただいているフォトコンテスト(プロの写真家も審査員として参加)の他、様々なコミュニティに合ったイベントを、順次開催する予定です。

3.興味関心の近い人をオススメしてくれる「パーソナライズレコメンド」

    記事の閲覧履歴から、過去に自分と同じ記事を多く閲覧しているユーザーを検出し、興味関心が似ている類似ユーザーとしておススメ表示します。
    人を知り、人との繋がりを介して新たな情報に出会うことで、信頼できる情報を識別・認識し、適切な情報を取り入れやすくなります。

4.最新情報や話題を提供するコミュニティリーダーが登場

    一部のコミュニティでは、コミュニティのテーマに合わせた専門家が情報や話題を提供します。また、ユーザーから多く寄せられたリクエストに対して特集記事も提供することで、これまで以上に知識が深まり、新しい情報に出会いやすくなります。
    なお、11月下旬から「花・家庭菜園」「料理・グルメ」「美容・ファッション」「終活・お金の話」の4コミュニティに、コミュニティリーダーが登場予定です。

企業向けファンコミュニティサービスの新設

    シニアユーザーと企業の相互理解を深めるサービスとして、新たに企業向け「公式アカウント」を設けました。
    デジタルでのリーチが難しいと言われる60代以上のユーザーをメインに構成される「らくらくコミュニティ」は、シニア層に商品やサービスを届けたい企業のマーケティングに最適です。「らくらくコミュニティ」内で、「公式アカウント」から発信する記事やイベントを通じて、企業のブランド・商品・サービスに対するシニアユーザーの認知を獲得し、興味関心を高めファン化を促します。
    さらに、「公式アカウント」の運用に際し、「らくらくスマートフォン」と「らくらくコミュニティ」で培ったシニアに関する知見を活かした運用支援サービスも併せてご提供します。
    本サービスは多くの企業にご検討いただいており、第一弾として中央公論新社様が「婦人公論」アカウントの運用を開始します。

「公式アカウント」でできること

「公式アカウント」でできること説明画像

「公式アカウント」でできること、目標、対象メニュー詳細説明画像

エンドースメント

中央公論新社 婦人公論編集部 様
「婦人公論」は富士通コネクテッドテクノロジーズの「らくらくコミュニティ」リニューアルを応援しております。創刊103年を迎える婦人公論も、Webサイトを今春にリニューアルし、「婦人公論.jp」としてデジタルで情報を届けています。この取り組みを「らくらくコミュニティ」を通じて広げることで、読者の皆様とデジタルでも繋がっていくことを期待いたします。

関連Webサイト

「らくらくコミュニティ」サイト
QRコード

※スマートフォンからのご利用を推奨しており、画面はスマートフォン向けに最適化されています。

商標について

    「らくらくコミュニティ」は富士通コネクテッドテクノロジーズの商標です。
その他、記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

  • (注1)
    会員数180万人の日本最大級のコミュニティを持つシニア向けSNSサービス:
    2019年10月時点 富士通コネクテッドテクノロジーズ調べ

以上

「らくらくコミュニティ」広告出稿(公式アカウント)に対するお問合せ

富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社

サービスイノベーション事業部 広告担当

報道関係者お問い合わせ先

富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社

広報窓口

ページの先頭へ