GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. トピックス >
  3. タッチパネルご採用事例:2017年度グッドデザイン賞受賞スコープコーダ「DL350」(横河計測株式会社様)

タッチパネルご採用事例:2017年度グッドデザイン賞受賞スコープコーダ「DL350」(横河計測株式会社様)

2017年11月1日

富士通コンポーネントの「フラッシュサーフェスタッチパネル」をご採用いただきました横河計測株式会社様のスコープコーダ「DL350」が2017年度グッドデザイン賞を受賞されました。

タッチパネルご採用事例:2017年グッドデザイン賞受賞スコープコーダ「DL350」(横河計測株式会社様)

横河計測株式会社様 2017年グッドデザイン賞受賞スコープコーダ「DL350」



横河計測株式会社様のスコープコーダ「DL350」は、産業機器・電力・自動車等輸送機器の製品開発やメンテナンスにおいて、モジュールを交換することで各種類の信号を高信頼・高精度に測定する波形測定器です。必要最低限の物理キーとタッチパネルをシームレスに配置し、直感的でわかり易い操作性を追求したことがグッドデザインとして評価されました。

「DL350」操作部には、富士通コンポーネントの「フラッシュサーフェスタッチパネル」が使われています。抵抗膜方式タッチパネルでありながら静電方式タッチパネルに近い軽い入力特性を有し、お客様機器入力面の平坦性、穴開け等のガラス加工を行えるタッチパネルです。お客様が目指されたコンセプトに合致したタッチパネルとして採用いただいております。
タッチパネル製品ページへ



横河計測株式会社様について

YOKOGAWAグループにおける計測事業の中核会社として、産業のマザーツールである測定器のビジネスを展開。「環境関連の電気エネルギー関連市場」に向けた電力測定器・オシロスコープなどの基本測定器、「光通信関連市場」に向けたOTDR・光スペクトラムアナライザなどの光測定器、「IA関連市場」に向けたキャリブレータなどの現場測定器を3本柱に、ハード・ソフト・サービスからなる製品力を強化されています。