Skip to main content

English

Japan

PRESS RELEASE

2017年3月6日
富士通コンポーネント株式会社

データログ機能搭載センサービーコンを開発

富士通コンポーネント株式会社 (本社:東京都品川区、社長:石坂宏一) は、データログ機能を搭載したセンサービーコンFWM8BLZ02A-109069を開発しました。

FWM8BLZ02A
FWM8BLZ02A-109069

「FUJITSU Component 無線モジュール FWM8BLZ02A-109069」は、温度センサーと3方向加速度センサー内蔵の可搬型Bluetooth® low energy (version 4.1)対応センサービーコンFWM8BLZ02Aシリーズに新たにデータログ機能を追加した製品です。
センサーで測定したデータをビーコン内蔵の不揮発性メモリに記録し、スマートフォンなどのセントラル機器からのコマンドを受けてデータを送出します。セントラル機器を常に受信状態にしておく必要がなく、必要なときにまとめてデータを受け取ることができるようになります。

温度・加速度データは、任意に設定した一定間隔の測定タイミングで測定され、ビーコン内に記録されます。記録用メモリ容量は32KBです。例として、1データを8バイトと想定した場合、約4000個のデータが記録できます。1データ8バイトでデータ取得を1分間隔とした場合は約68時間、15分間隔とした場合は約42日間のデータ保存が可能です(注)

本ビーコンに対応するセントラル機器は、スマートフォン、Windows® 8.1, Windows® 10 搭載機器、当社無線モジュールMBH7BLZ02A搭載機器がご利用頂けます。また、スマートフォンアプリ開発用にはiOS、AndroidTM、Windows® 8.1、Windows® 10対応のサンプルコードを無償提供いたします。

運送貨物にセンサービーコンを取り付け、運送終了後に輸送中の貨物の状態を確認するなど、リアルタイムでのデータ受信が不要もしくは難しい状況でご活用いただけます。

注釈

注)データ1個当たりの容量および記録できる期間は取得するデータの種類やその他条件によって異なります。


サンプル提供時期

2017年5月

量産開始時期

2017年7月

販売価格

オープンプライス

主な仕様

                                             
品名 FUJITSU Component 無線モジュール
Bluetooth low energy (ver. 4.1)対応センサービーコン
形格 FWM8BLZ02A-109069
アンテナ 内蔵(パターンアンテナ)
Bluetooth 無線技術規格 Bluetooth Core Specification Version 4.1
(single mode low energy radio)準拠
送信出力レベル -16、-12、-8、-4、0、+4 dBm (コマンドで切替可能)
電源 CR系コイン形リチウム電池 CR2450
(添付されておりません)
動作温湿度範囲 -30℃~+60℃、20~80% RH
センサー センスインターバル 990ms (99~6000ms で任意に設定変更可能)
加速度センサー 検出範囲:±16G、精度:±3%
温度センサー 検出範囲:-30℃~+60℃、精度:±0.3℃
メモリ容量 32KB
外形寸法 40 × 31 × 12 mm
重量 約10g(コイン形電池含まず)
取得認証 Bluetooth 認証(QDID)、工事設計認証、FCC、IC、CE
  • Bluetooth®ワードマークおよびロゴはBluetooth SIG Inc.が所有する登録商標であり、富士通コンポーネント株式会社は、これら商標を使用する許可を受けています。
  • Windowsは米国その他の国々におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。
  • AndroidはGoogle Inc.の商標です。

お客様お問い合わせ先

富士通コンポーネント株式会社
マーケティング統括部 第二マーケティング部
icon-telephone 電話: 03-3450-1645
icon-mail E-mail:fcl-contact@cs.jp.fujitsu.com

以上


プレ スリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです 。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。