GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. GPS機能搭載長距離送信ロケーション端末を開発

PRESS RELEASE

2016年9月6日
富士通コンポーネント株式会社

GPS機能搭載長距離送信ロケーション端末を開発

富士通コンポーネント株式会社 (本社:東京都品川区、社長:石坂宏一) は、920MHz帯特定小電力無線を利用してGPS位置情報を長距離送信するロケーション端末FWM8SGZシリーズを開発し9月よりサンプル供給を開始いたします。

FWM8SGZシリーズ(実装例)
FWM8SGZシリーズ(実装例)

FUJITSU Component 無線モジュールFWM8SGZシリーズは、当社920MHz帯特定小電力無線モジュールMBH7SLZ01を搭載し、GPSで取得した位置情報を長距離送信(*1)できるロケーション端末です。GPS機能、加速度センサー、タイマー等を内蔵しており、お客様の意図に沿ったタイミングで送信された位置情報をご利用いただけます。

本ロケーション端末から送信された位置情報を管理統括する親機側(*2)には、本端末との通信を確立するため当社特定小電力無線モジュールを搭載していただく必要がありますが、これにより親機一台で複数のロケーション端末(*3)との通信が可能となります。多くの人・物の位置確認、作業・配送車両の位置管理、牧場などでの家畜の管理等、広範囲で多くの対象を把握する業務に最適なシステムを構築いただけます。

データ送信タイミングは、以下のモードをお客様の用途に合わせ組み合わせてご利用いただけます。

  1. 定期送信モード
    送信タイミングを10~500秒の範囲で設定し定期送信するモードです。一定時間ごとに対象の所在値を確認する用途に適しています。
  2. 加速度センサー同期モード
    内蔵加速度センサーが動きを感知したタイミングでGPS位置情報を送信するモードです。見守りサービスなど、動きがあったことを知りたい状況や、動きの少ない対象のモニタリングに適しています。
  3. 強制送信モード
    ロケーション端末のスイッチを押下することによりGPS位置情報を送信するモードです。ロケーション端末側から親機に対し、随意でGPS位置情報を送信できます。
  4. リクエストモード
    親機からのリクエストに応じロケーション端末がGPS位置情報を送信するモードです。親機側で必要な時に位置確認が行えます。

本端末ケースはカスタム対応となります。 お客様のオリジナルデザインのケースでお使いいただけます。

注釈

*1 : 送信可能距離は使用地の地形、通信環境、無線の転送速度等により異なります。

*2 : 親機側装置はお客様でご用意ください。

*3: 親機一台に対応する子機の台数はお客様側のアプリケーションの設定によります。

サンプル提供開始時期

2016年9月

ご注文受付開始時期

2016年10月

販売価格

オープン価格

認証

工事設計認証取得済

主な仕様

                                             
品名 FUJITSU Component 無線モジュール
GPS機能搭載ロケーション端末
形格 FWM8SGZシリーズ
アンテナ 内蔵またはSMAコネクタ経由で外付け
無線規格 特定小電力無線ARIB STD-T108準拠(免許不要)
(独自プロトコル通信)
通信周波数 920.6MHz ~928.0MHz
GPS位置情報 緯度経度(度分秒)、高度、補足衛星数
インターフェース Micro-USB (充電、PC接続用)
動作温度範囲 0℃~+40℃
電源 リチウムイオン2次電池(1880mAh)
外形 カスタムデザイン

関連リンク

  • GPS機能搭載ロケーション端末 FWM8SGZシリーズカタログPDFPDF (266KB)
  • 特定小電力無線モジュール MBH7SLZ01 カタログPDFPDF (201KB)
                        

お客様お問い合わせ先

富士通コンポーネント株式会社
マーケティング統括部 第二マーケティング部
icon-telephone 電話: 03-3450-1645
icon-mail E-mail: fcl- contact@cs.jp.fujitsu.com

以上


プレ スリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです 。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。