GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース>
  3. Bluetooth® version4.2対応モジュール開発

PRESS RELEASE

2016年7月8日
富士通コンポーネント株式会社

Bluetooth® version4.2対応モジュール開発

富士通コンポーネント株式会社 (本社:東京都品川区、社長:石坂宏一) はBluetooth version 4.2対応モジュール FWM7BLZ20シリーズを開発し、9月からサンプルの提供を開始いたします。

FWM7BLZ20
FWM7BLZ20

Bluetooth version 4.2は、一層の省電力接続を可能とした無線接続方式で、拡大するIoTにより適した存在として注目されています。

FUJITSU Component 無線モジュールFWM7BLZ20シリーズは、Bluetooth version 4.2に対応した小形無線モジュールです。既存のversion 4.1対応モジュールMBH7BLZ02シリーズと同じサイズでありながら、消費電力は約2分の1の約5.4mA(実測値)、受信感度は-94dBm(実測値)で通信距離が約2倍に向上しています。
ICチップはNordic Semiconductor社のnRF52832を搭載し、内蔵プロセッサの処理能力向上とメモリ容量の拡大により、データ転送速度向上、ユーザー使用領域の大幅拡大が実現出来ます。また、NFC機能を搭載しており、外部アンテナを繋いでNFC対応機器に接続することも可能です。

IoT関連機器や機器のリモートメンテナンスなど、Bluetooth無線技術搭載機器の更なる低消費電力化や高速化をご検討中のお客様に最適な無線モジュールです。

本シリーズの第一弾として、当社ファームウェア非搭載のFWM7BLZ20-109049のサンプルのご提供を本年9月より開始いたします。当社ファームウェア搭載製品も順次開発を予定しております。

サンプル提供開始時期

2016年9月(当社ファームウェア非搭載品)

ご注文受付開始時期

2016年10月(当社ファームウェア非搭載品)

販売価格

オープン価格

認証

2016年9月取得予定(工事設計認証、Bluetooth SIG他)

おもな仕様

                                             
品名 FUJITSU Component 無線モジュール
形格 FWM7BLZ20-109049
アンテナ 内蔵
Bluetooth無線技術規格 Bluetooth version 4.2(シングルモード)準拠
電源電圧 1.7 ~ 3.6V DC
ROM 512KB
RAM 64KB
ピーク電流 5.4mA (DC/DCモード)
受信感度 -94dBm
外形寸法 15.7×9.8×1.7 mm

Bluetooth®ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、富士通コンポーネント株式会社は、これら商標を使用する許可を受けています。

                        

お客様お問い合わせ先

富士通コンポーネント株式会社
マーケティング統括部 第二マーケティング部
icon-telephone 電話: 03-3450-1645
icon-mail E-mail: fcl- contact@cs.jp.fujitsu.com

以上


プレ スリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです 。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。