Skip to main content

English

Japan

PRESS RELEASE

2016年6月15日
富士通コンポーネント株式会社

車載用静電容量方式タッチパネル開発

富士通コンポーネント株式会社 (本社:東京都品川区、社長:石坂宏一) は、車載用タッチパネルに要求される高耐環境性に対応した静電容量方式タッチパネルを開発し、今後量産を開始致します。

glass sensor pcap
静電方式スイッチ付き静電容量方式タッチパネル

カーナビなどの車載用タッチパネルでは、軽快な操作性への志向により主流の抵抗膜方式タッチパネルから静電容量方式タッチパネル採用への動きが進んでいます。

当社はこれまで抵抗膜方式において独自の構造で静電容量方式タッチパネルに劣らない軽快な操作性を実現し、高い評価をいただいております。しかし、透過率、表面硬度の観点から静電容量方式を好まれるお客様も多く、当社は新たに静電容量方式タッチパネルを製品化することでお客様のご要望に合わせた最適なタッチパネルをご提案することが出来るようになりました。

今回開発した製品では、抵抗膜方式タッチパネルで培った設計ノウハウと、最新設備を導入することで、高信頼性を実現いたしました。カスタム設計にも対応し、一例として以下のような対応が可能です。

  • 位置検出エリアと周辺部の静電方式スイッチを一体化することで、操作部に高いデザイン性を持たせる
  • ユーザーが触覚で操作を実感できる様に、クリック感や凸凹のあるメカニカルなスイッチを実装するための穴開け等のガラス異形加工

またご要望に応じコントロールICチューニングサポート並び必要ドライバソフトウェアのサポートも行います。

富士通コンポーネントは軽荷重方式と静電容量方式それぞれの特長を活かし、さまざまなカスタム対応により、よりお客様のご要望に合ったタッチパネル製品をご提供してまいります。

量産予定時期

2016年下期

概要仕様

                                             
項目 内容
パネル仕様 静電容量方式(ガラスセンサータイプ)タッチパネル
使用温度範囲 -30℃~85℃
パネルサイズ Max. 10.4インチ
対応コントロールIC Atmel、Cypress

お客様お問い合わせ先

富士通コンポーネント株式会社
マーケティング統括部 第二マーケティング部
icon-telephone 電話: 03-3450-1645
icon-mail E-mail:fcl-contact@cs.jp.fujitsu.com

以上


プレ スリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです 。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。