GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. クラス最小・最高速レシートプリンタユニット発売開始

PRESS RELEASE

2003年3月11日
Fujitsu Component Limited

クラス最小・最高速レシートプリンタユニット発売開始

 クラス最小・最高速
レシートプリンタユニット FTP-609シリーズ
クラス最小・最高速レシートプリンタユニット

富士通コンポーネント株式会社 [本社:東京都品川区、資本金:27億64百万円、社長:小野 統造] は、金融端末、情報キオスク端末やPOS端末機器への組込に最適な超高速印字 (200mm/秒) 対応のプレゼンタ付きレシートプリンタユニット (FTP-609シリーズ) を発売開始いたします。業界標準の用紙幅3インチ対応、奥行き163mmのクラス最小サイズで、レシート長無制限のプレゼンタ及び回収機能を標準装備しました。

レシートプリンタでは、レシートを排出提示するプレゼンタ機能と、排出されたままで受領されず放置されたレシートを取り込む回収機能が必須となってきております。FTP-609シリーズは、業界標準の用紙幅3インチで、独自方式によりレシート長を任意に設定できるプレゼンタ機能と回収機能を標準装備した、奥行き163mm、質量1.5Kgのこのクラス最小最軽量のレシートプリンタユニットです。オプションアタッチメントを使用することで最大径φ254mmの大口径ロール用紙に対応することができます。

当社は、20数年の超小形ラインサーマルプリンタの実績に裏打ちされた技術で、コストパフォーマンスに優れたプリンタメカの開発、それを応用したユニット製品の供給を通して情報、金融及び流通関連機器に貢献してゆく所存です。

販売時期

  • 2003年4月予定

サンプル価格

  • 100,000円

主な特長

  • クラス最小・最高速
  • レシート長無制限プレゼンタと回収機能の標準装備
  • 大径ロール用紙に対応(オプションアタッチメント)
  • USB、RS232C、パラレルインターフェースに対応
  • 2次元バーコード搭載
  • 用紙セット、ジャム解除が容易

主要仕様

  • 解像度 8ドット/mm
  • 用紙幅 80mm
  • 用紙径 φ254mm(オプションアッタチメント)
  • 印字速度 200mm/秒
  • 外形寸法 136(幅)×163(奥行き)×107(高さ)mm
  • 質量 1.5Kg
  • インターフェース USB/パラレルまたはRS232C/パラレル
  • 耐パルス寿命 1億パルス
  • 耐磨耗性寿命 100Km
  • プレゼンタ機能 無制限長レシート対応
  • 回収機能 無制限長レシート対応

補足説明

回収機能

  • レシートプリンタがレシートを発行した後、そのまま受領されずにレシー トが放置された場合、次のレシート発行により、放置されたレシートはゴミになってしまいます。またATMやキャッシュディスペーサーの場合は、他人が持ち去ることで個人情報の漏洩につながります。発行したレシートを一定時間経過後に、プリンタ内部に回収することでこれを防ぐことができます。

本プリンタの用途

  • コンビニや小形店舗用のPOS・情報キオスク端末など
  • プレゼンタ用途としては、各種リテイル市場向け機器レシート発行、各種発券用途など
  • 回収機能用途としては、ATMやキャッシュディスペーサーなど高機能セキュリティ装置など。

PDF 詳しい情報はこちら (314 KB)


お問い合わせ窓口icon-mail E-mail :promothq@fcl.fujitsu.com


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

以上