センサー応用技術

移動体検知センサー

富士通コンポーネントの移動体検知センサーは、24GHz帯の電波を利用し、ドップラー効果を用いて動きのある対象物の接近・離反、速度などを検知するセンサーです。

センサーから24GHzの電波を送信し、対象物からの電波の反射波を受信します。対象物が移動している(速度を持っている)ときのみ、送信した電波と受信した反射波の周波数に差が生じ、IF信号として出力します。IF信号を処理・解析していただくことで、移動体の情報を得ることができます。

製品の特長

  • 広帯域アナログ出力
    1Hz~1MHzの広い範囲のアナログ出力に対応しています。呼吸などの非常に遅い動きから、装置の異常振動の検知などの非常に速い動きまで検知可能です。
  • マルチチャンネル対応
    チャンネル設定スイッチの切換えで、24.11GHz、24.15GHz、24.19GHzの周波数帯を選択できます。当社移動体検知センサーを隣接して使用しても、周波数帯を切り替えることで容易に干渉回避ができます。
  • 遮蔽物があっても検知可能
    ガラスや壁(木・モルタルなど金属以外)の遮蔽物があっても検知できます。
  • 外部環境の影響を受けにくい
    電波を利用しているため、天候、温度、照度などの外部環境の影響を受けにくくなっています。

製品概要

  • 形格 : FWM7RAZ01
  • 適用技術基準 : ARIB STD-T73
  • ホストインターフェース : IF (IQ)、PIO
  • 周波数範囲 : 24.05GHz~24.25GHz
  • 動作電圧 : 3.4~5.5V DC
  • 送信出力レベル : +9~+13dBm EIRP
  • 消費電流 : 63mA typ. (動作時)

外観 FWM7RAZ01外観

移動体センサーのアプリケーション例

当社移動体検知センサーは、工場内の装置の異常な振動を検知したり装置に近づいてくる物体を検知することで、安全の監視ができます。

FAの安全監視

当社移動体検知センサーは、対象物が接近しているか離れていっているかを検知することで、立入禁止エリアなどへの侵入や、人の接近・通過を検知できます。

侵入検知

当社移動体検知センサーは、カメラではなく、動きそのものを検知します。従って、バスルームなどプライバシーが気になる場所では、映像に頼らずに異常を検知できるセンサーが有効です。

転倒

当社移動体検知センサーは、温度、照度など外部環境の影響を受けにくいため、倉庫内外の害獣監視などにも適しています。

害獣監視


IoTフロントデバイス

IoTでのデータ活用に欠かせない、センサーデータの収集を行うフロントエンドデバイスをご用意しています。
【プレスリリース】IoTフロントエンドデバイス ビーコン/メッシュユニット製品を拡充