GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

FA (ファクトリー・オートメーション)

製造業においては、世界各国で、製造業のIT化と言われる「第4次産業革命」が幕を開けようとしています。第4次産業革命では、原材料から完成品までの全ての工程、さらに、企業間や企業とユーザー間がインターネットで繋がれ、情報が共有されるようになります。 あらゆるデータをクラウド上でデータベース化してゆくために、無線モジュールの用途はさらに広がっています。

factoy automation

工作機械の高度化やロボットの普及により、機械の監視や作業ログデータ取得の必要性が高まる一方で、作業工程の省人化が進み、増える機器の管理を集中的に行える環境が必要です。
各種機械にBluetooth® low energyモジュールを搭載し、アプリケーションを組み込んだ端末を使って遠隔でそれら機械の設定や監視を行うことができます。
また、特にノイズの強い環境においてはノイズの干渉を受けにくい特定小電力無線モジュールが有効です。

アプリケーション例

次世代ロボットのモニタリング
  • 遠隔監視
  • ティーチング
  • 作業ログ
  • 異常通知
  • 駆動データ共有
工作機械/検査装置のモニタリング
  • 緊急停止通知
  • 生産数量チェック
  • 作業ログ
FA

人と機械の安全も重要な課題です。
危険な区域への人の侵入を監視したり、機械の異常をいち早く検知することで危険を回避することができます。
機器に搭載されたセンシングデバイスからの情報をBluetooth® low energyモジュールで管理者の端末に送信することで、管理者は離れた場所でも危険を察知することができます。
また、センサー内蔵ビーコンを使用し、作業員の位置のモニタリングを行い、警告を発することができます。

アプリケーション例

危険区域警告
  • 危険区域入退室監視
  • 危険通知
  • 侵入検知
  • 友連れ検知
  • 作業者位置監視
危険予測
  • 作業一時停止
  • 危険通知

その他のアプリケーション


BluetoothRワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc. が所有する登録商標です。