GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. リレー >
  4. EU RoHS指令や中国「電子情報製品汚染制御管理弁法」などへの対応について

EU RoHS指令や中国「電子情報製品汚染制御管理弁法」などへの対応について

EU RoHS指令への対応

EU RoHS指令(2016年12月末現在)に適合しているリレー製品は「RoHS適合」と記載しております。
「RoHS適合」と表示されているリレーは、一部を除き、EU RoHS指令に規定された4種の重金属(鉛、水銀、カドミウム、六価クロム)と2種の臭素系難燃剤(ポリ臭化ビフェニル類、ポリ臭化ジフェニルエーテル類)の含有は閾値以下です。
パワーリレーの一部にはカドミウムを含有した接点を使用している製品があります。また、一部のソリッドステートリレーは、鉛を含有する構成部品を使用しております。ただし、リレー接点材質でのカドミウム使用、ソリッドステートリレーの構成部品に使用されているセラミック等に含有される鉛については、RoHS指令の適用が除外されているため、これらの製品は「RoHS適合」となります。
カドミウム接点および鉛成分を含んだ構成部品を使用したリレーについては、カタログに明記しております。

リレーRoHS適合状況一覧

EU ELV指令について

車載用機器に使用される場合は、ELV指令の規制に対応する必要があります。ELV指令では鉛、カドミウム、六価クロムと水銀の含有が禁止されています。また、2016年1月1日以前の上市車両とスペアパーツにおいては、部品端子仕上げに含まれる鉛は適用除外となっています。 (2016年12月末現在)
2010年12月以前製造の一部の車載リレーには部品端子仕上げに鉛を含有しております。

中国「電子情報製品汚染制御管理弁法」への対応について

中国が2016年7月1日に新法を施行しました。中国国内外で生産し中国国内で販売する電気電子製品を対象として鉛(Pb)、水銀(Hg)、六価クロム(Cr6+)、ポリ臭化ビフェニル(PBB)、ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)、カドミウム(Cd)の6つの有害物質の使用量を規制する法で、これらの有害物質が一定以上含まれた製品は製品、製品取扱説明書、包装材に環境保護使用期限等の必要情報を表示することが義務づけられています。
また、包装材は包装材リサイクル暫定弁法、及び国家標準GB/T18455-210に沿って、材質とリサイクマークの表示義務が継続となります。
一部のパワーリレーにおいて一定以上のカドミウムを、ソリッドステートリレーにおいて一定以上の鉛を使用する製品があります。

リレートップページへ