環境活動

富士通コンポーネントグループ環境方針

富士通コンポーネントグループは、企業活動を通じて省エネルギーや資源のリサイクルに努めるとともに、環境に優しいコンポーネントをお客様に提供するための努力を続けてまいります。

IOS14001 symbol mark

理念

当グループは、地球環境保全への取り組みを最重要課題であると認識し、「環境を大切に、より良い企業活動を行うこと」を理念とし、コンポーネント製品の開発、設計、製造、販売を行う企業であることを踏まえ、低炭素で豊かな社会の実現に向けて、ISO14001に準拠した環境マネジメントを推進する。

行動指針

  • 当グループの活動、製品、サービスに関わる環境側面を常に認識し、環境汚染の予防を推進すると共に、環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。
  • 環境と経済の両立に貢献する製品を積極的に提供する。
  • 当グループの活動、製品、サービスに関わる環境関連法規、当グループが同意するその他の要求事項を順守する。
  • 当グループ指定の有害物質を「入れない」「使わない」「付けない」「出さない」の考えで、全廃を維持する。(注1)
  • 社員一人ひとりは、それぞれの業務と市民としての立場を通じて、持続可能な資源の利用(注2)、気候変動対策や生物多様性保全を始めとした環境の改善に努め、更に広くこれらの社会への普及啓発を図る。
  • 注1
    法規制等から除外される用途は対象外とする。
  • 注2
    資源の多くは枯渇性のものであり、可能な限り長期に活用できるよう資源を有効に使用するため、環境配慮設計、省エネ、省資源、廃棄物削減、リサイクル等を推進する。

重点項目

当グループの活動、製品、サービスに関わる環境側面のうち、次の項目を環境マネジメントの重点項目として取り組む。

  1. 製品のライフサイクルにおける環境価値の向上
  2. 社会貢献活動の推進
  3. 温室効果ガスCO2排出量の削減
  4. エネルギー消費原単位の改善
  5. 廃棄物排出量原単位の改善

附則

  1. この環境方針は、文書化し、当グループの全領域、全社員に周知させるとともに、一般の人にも開示する。
  2. この方針の取扱部門は、要素技術部とする。

2020年4月1日
富士通コンポーネントグループ
環境統括責任者

第8期 富士通コンポーネントグループ環境行動計画

2020年4月1日 改定
2019年7月19日改定
2019年4月12日 制定

本行動計画は、富士通コンポーネントグループ環境方針を実践していくための具体的目標を定めたもので、2021年度末までの中期的な目的達成を計画したものである。 この行動計画は、富士通コンポーネントグループの数値確定結果により変更する場合がある。

社会への貢献

製品のライフサイクルにおける環境価値の向上
環境に配慮し、1項または2項のいずれかを満足した新製品を2021度末までに10製品以上開発する。

  1. エネルギー効率がトップレベル製品(注1)
  2. 新製品の資源効率(注2)を1%以上向上した製品(基準年度 : 2016年~2018 年)

社会貢献活動の推進

  1. 社員が社会とともに取り組む社会貢献活動を継続する。
  2. 生物多様性など社会・環境課題の解決に取り組む活動に対し、資源提供などの活動を推進する。

自らの事業活動

温室効果ガスCO2排出量の削減
継続的省エネルギーにより、2021年度末までに、3,132 t-CO2(注3)の省エネ削減施策を実施する。

エネルギー消費原単位の改善
事業所におけるエネルギー消費原単位(注4)を年平均1%以上改善する。

廃棄物排出量原単位の改善
廃棄物排出量原単位(注5)について、2021年度末まで2018年度実績以下に改善する。

  • 注1
    エネルギー効率においてトップレベル製品(世界初、業界初、世界最高、業界最高など)をはじめとした、市場の上位に相当する基準を満たす製品。
  • 注2
    製品の省資源化(製品の小型化、軽量化、薄型化、部品点数の削減)または資源循環性(廃棄量の削減、リサイクル性)の向上。
  • 注3
    2018年度CO2排出量20,870 t-CO2を3箇年で15%、年平均で5%削減。
  • 注4
    エネルギー消費原単位=エネルギー消費量(㎘原油換算)/生産量(売上げ金額または生産数量)
  • 注5
    廃棄物排出量原単位=廃棄物排出量(t)/生産量(売上げ金額または生産数量)

   

環境報告書

本報告書は、富士通コンポーネントグループの環境に対する取り組みを、お客様をはじめ一般の皆様に開示し、双方向のコミュニケーションツールとしていくことを目的に作成いたしました。

ブラウザでPDFが正しく表示されない場合はファイルに保存してご覧ください。
保存はマウス右クリックで表示されるコマンドから実行できます。

2020年度 環境報告書

2019年度 環境報告書

2018年度 環境報告書

2017年度 環境報告書

2016年度 環境報告書

2015年度 環境報告書

2014年度 環境報告書

2013年度 環境報告書

2012年度 環境報告書

2011年度 環境報告書

2010年度 環境報告書

2009年度 環境報告書

国際認証取得状況 (ISO14001)

登録事業所名 富士通コンポーネント株式会社
株式会社 しなの富士通
宮崎富士通コンポーネント株式会社
千曲通信工業株式会社
株式会社 テック
認証規格 ISO14001:2015・JIS Q 14001:2015
認証機関 株式会社 日本環境認証機構 (JACO)
認証番号 EC19J0016
認証取得日 2019年12月25日
認証有効期限 2022年12月24日
登録範囲 電気・電子部品、電気・電子応用製品(リレー、タッチパネル、キーボード等)の開発、設計、製造、販売
認証書を見る
登録事業所名 FUJITSU COMPONENT (MALAYSIA) SDN.BHD
認証規格 ISO14001:2015
認証機関 SIRIM QAS International Sdn. Bhd (SIRIM)
認証番号 EMS 00118
認証有効期限 2022年7月27日
登録範囲 1) Design and Manufacture of Relays and Parts thereof;
2) Manufacture of Computer Accessories (Keyboard) and Parts thereof.
登録事業所名 FUJITSU COMPONENTS (CHANGZHOU) CO., LTD.
認証規格 GB/T24001-2016 / ISO14001:2015
認証機関 CHINA QUALITY CERTIFICATION CENTRE (CQC)
認証番号 00120E31135R5M/3200
認証取得日 2005年2月22日
認証有効期限 2023年4月7日
登録範囲 Production and Related Management Activities of Small Size Electro-magnetic Relays
    

    

外部評価

EcoVadis

富士通コンポーネントグループは2020年EcoVadisのサステナビリティ評価で「シルバー」に認定されました。
「環境」分野においては80点という高評価を得ています。

silver-medal