サービスご提供の条件(サービス仕様書)

プログラマー育成コース for Java サービスご提供の条件(サービス仕様書)

本サービスの内容

本サービスは、実プロジェクトで即戦力となるJavaプログラマーを育成するための通信教育です。学習内容は、Java言語によるプログラミング技法のみならず、フレームワーク、ソースレビュー、テスト技法などJavaを使った開発技術の習得を目的とするものです。
本サービスは、当社が提供するeラーニングの学習サイト(以下「学習サイト」という)およびE-mailによる通信手段を用いて、以下のサービスを提供します。

  1. 知識テスト

    当社は、受講者のJavaおよびその関連技術に関する知識レベルの保有状況を確認する目的として、学習サイトにて知識テストを実施します。受講者は、知識テストを実施した後、第(2)号の単元学習を開始することができます。なお、受講者は、知識テストの採点結果および解説を学習サイトにて確認することができます。
    また、受講者は、第(4)号の最終確認テストを受ける前提として、本知識テストにおいて、当社が定める修了資格レベル(以下「合格点」という)に達する必要があります。受講者は、受講期間中に限り、合格点に達するまで、知識テストを受験することができます。
  2. 単元学習

    受講者は、学習サイトから各単元の教材を入手、学習したうえで、当社が示す提出物を学習サイトにて提出します。当社は、当該提出物を採点し、結果をE-mailにより受講者に通知します。受講者は、提出物の採点結果およびアドバイスを学習サイトにて確認することができます。
  3. Javaプログラミングテスト

    当社は、第(2)号の単元学習において、受講者のJavaプログラミング技術の習得状況を確認する目的として、Javaプログラミングテストを実施します。当社は、Javaプログラミングテストを採点し、結果をE-mailにより受講者に通知します。受講者は、Javaプログラミングテストの採点結果およびアドバイスを学習サイトにて確認することができます。
    また、受講者は、第(4)号の最終確認テストを受ける前提として、Javaプログラミングテストにおいて、合格点に達する必要があります。受講者は、受講期間中に限り、合格点に達するまで、Javaプログラミングテストを受験することができます。
  4. 最終確認テスト

    当社は、第(1)号の知識テストおよび第(3)号のJavaプログラミングテストにおいて合格点に達し、かつ、第(2)号の単元学習を修了した受講者に対し、学習サイトにて最終確認テストを実施します。受講者は、最終確認テストの採点結果を学習サイトにて確認することができます。受講者は、受講期間中に限り、合格点に達するまで、最終確認テストを受験することができます。
  5. 質問と回答

    当社は、受講者からのE-mailによる質問に対し、E-mailにて回答するものとします。ただし、質問は、第(2)号の単元学習の教材の内容に限られます。
  6. 受講状況の確認

    受講者および申込代表者は、学習サイトから、受講者の学習進捗状況を随時確認することができます。
  7. 修了証書の発行

    当社は、最終確認テストの合格者に対し、修了証書を発行するものとします。

受講料金

88,000円/人(税込み)

受講期間

開講日から1年間とします。

サービス実施の前提条件

  1. 申込代表者は、当社が本サービスを実施するにあたり、当社所定の「FUJITSU 人材育成・研修サービス プログラマー育成コースfor Java受講申込書」(以下「申込書」という)に、受講者本人の氏名、会社名、所属、E-mailアドレス、電話番号などの必要事項を記入のうえ当社に提出するものとします。
  2. 申込代表者は、申込書の【ご注意事項】および当社ホームページ記載の「個人情報保護ポリシー」を確認・承諾の上、本サービスに申し込むものとします。
    また、申込代表者は、受講者の個人情報を当社に提示することについて、受講者本人の事前の了解を得ているものとします。
  3. 当社は、申込内容を確認のうえ、申込代表者宛に受講申込の受付通知および受講料金の請求書を送付します。
  4. 受講者所属企業は、受講料金の振込期限内に受講料金を当社指定の銀行口座に振り込むものとします。
  5. 当社は、受講料金の入金確認後、開講日までに開講案内と受講者IDおよび当社質問連絡先のE-mailアドレス・電話番号等を申込代表者に通知するものとし、この時点で本書記載の各条項について合意し、本サービスの約定が成立したものとします。
    なお、申込代表者および受講者は、当社から通知された受講者IDおよび質問連絡先のE-mailアドレス・電話番号等を受講者以外の第三者に開示しないものとします。
  6. 申込代表者は、受講者に対し、受講可能な学習環境(インターネットサイトへの接続およびE-mailによる通信が可能なパソコン環境)を使用可能な状態に保つよう、あらかじめ準備させるものとします。また、受講するために必要な通信回線の利用料金は、受講者所属企業が直接負担するものとします。

申込みのキャンセルと受講者の変更

受講料金の振込後は、申込みのキャンセルはできません。また、受講者が受講開始後、途中で受講を中止した場合でも、契約の解除や他の受講者への変更はできません。
ただし、学習の開始前であれば、受講者の変更を認めます。

知的財産権の帰属

  1. 当社が提供する教材(テキスト、データなど)の使用範囲は、本サービスの受講者に限るものとします。
  2. 当社が、受講者に提供する教材は、すべて当社または当社が指定する第三者が著作権または使用許諾権を有しており、受講者所属企業は当社の事前の書面による承諾なしにはいかなる形態においてもその全部もしくは一部について、複製、改変、または第三者に対しての使用の許可、提供、開示、その他の処分を行うことはできないものとします。

個人情報の保護

当社は、受講者から提供される個人情報(「個人情報の保護に関する法律」第2条第1項に定めるものをいう)でその旨明示のうえ開示された情報を当社公開ホームページに記載の「個人情報保護ポリシー」に則して善良なる管理者の下、適切に取り扱うものとします。

免責および損害賠償

  1. 当社は、受講者が本サービスを修了すること、全てのテストに合格すること、または本サービスにより、特定の知識や技能等が受講者に取得されることを保証するものではありません。
    また、本サービスが受講者所属企業の特定の目的に対する適合性、有益性、最短性などを有することについて保証するものではありません。
  2. 当社は、受講者が本サービスにより知り得た情報を、その後受講者が業務で使用することによって生ずるいかなる結果の責任も、負わないものとします。
  3. 受講者が学習の過程で利用する第三者が開発したソフトウェアは、著作者の定める使用条件を承諾の上、受講者の責任で使用するものとし、その結果生じる損害については、受講者所属企業の負担とします。
  4. 当社は、当社の責に帰すべき事由により受講者所属企業に損害を与えた場合には、逸失利益または特別損失、間接損失などの損害を除き、通常かつ直接の損害に限り受講者所属企業が被った損害を賠償するものとします。
    ただし、損害賠償は、当該損害発生の原因となった本サービスの代金として当社が受領した金額を限度とします。

反社会的勢力等の排除

  1. 受講者所属企業および当社は、自らまたはその役員(名称の如何を問わず、相談役、顧問、業務を執行する社員その他の事実上経営に参加していると認められる者)および従業員(事業の利益に重大な影響を及ぼす業務について権限を有するかまたは、それを代行する者)が、次の各号に記載する者(以下「反社会的勢力等」という)に該当せず今後も該当しないこと、また、反社会的勢力等との関係を持っておらず今後も持たないことを表明し、保証します。
    • a.警察庁「組織犯罪対策要綱」記載の「暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等」その他これらに準ずる者
    • b.資金や便宜を供与したり、不正の利益を図る目的で利用したりするなど、前号に記載する者と人的・資本的・経済的に深い関係にある者
  2. 受講者所属企業および当社は、自らまたは第三者を利用して、次の各号に記載する行為を行わないことを相手方に対して確約します。
    • a.詐術、暴力的行為または脅迫的言辞を用いる行為
    • b.違法行為または不当要求行為
    • c.業務を妨害する行為
    • d.名誉や信用等を毀損する行為
    • e.前各号に準ずる行為

以上

富士通株式会社

ページの先頭へ