社長挨拶

社長近影代表取締役社長 新垣強二

近年、デジタル技術が浸透することで、世界がより複雑に結びつき、急速に変化する不確実な時代を迎えています。このような中、富士通グループは、イノベーションによって社会に信頼をもたらし世界をより持続可能にしていくという「パーパス」に基づき、全ての活動を行っています。

当社は、ソフトウェア開発の工業化を徹底して実践してきた開発技術の会社です。高い開発技術の実践力と先端技術の知見を以って、SIやシステム保守といった従来型IT領域、およびデジタル(DX、モダナイゼーション)領域の両面から、お客様と社会の安定と成長に貢献してまいります。

従来型ITにおいて蓄積してまいりました、開発の標準化・自動化・効率化といった開発技術の実践知をもとに富士通グループ全体の技術力強化を図り、より高品質・高効率なソフトウェア開発に貢献してまいります。 さらに、実践と高度化の繰り返しにより開発技術を革新し続けるとともに、AI・IoTといった先端技術やアジャイル開発等の新しい開発手法の実践により、 お客様のデジタルトランスフォーメーション実現に向けて提供技術と価値の最大化を図ってまいります。

当社は富士通グループの「パーパス」を堅持し、その実現に向けOne Fujitsuとして取り組んでまいります。
今後とも格別のお引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

富士通アプリケーションズ株式会社
 代表取締役社長 新垣強二