先輩の声

先輩Tさん

SEになろうと思ったきっかけ

高校まではプログラミング未経験でしたが、もともとパソコンを使った作業が好きだったこともあり、自然とプログラミングに興味を持つようになっていました。 情報系学部への進学時には、IT業界への就職まで見据えていました。

こんな会社です

色々なことにチャレンジできる環境です。 開発で言えば、ひたすらモノづくりしたい人は開発事業を、新しい技術に触れたい人は先端技術を、多方面に展開・共有して分かち合いたい人は標準化を、 といった具合に、一口に開発と言っても様々な取り組みがあります。 開発以外ですと、教育事業も展開しています。
社員の自己啓発への支援体制も年々強化されていますので、自発的に学びたい意欲のある人にとって非常に良い環境だと思います。

プロジェクトでどんなことを担当しているのか

富士通グループの中堅社員向け教育プロジェクトに参画し、教材の作成から運営、講師を担当しています。 一般的な教育と異なる点は、ベースとなっているのが実プロジェクトの事例だという点です。 過去のトラブル事例をベースに教育化し、グループ内に展開することで再発防止に貢献していく、という取り組みです。

今って、品質や生産性向上のために様々なものが効率化、標準化されていて、自分で1から考える領域が少なくなってきているんですよね。 便利な一方、トラブルが起きたときにどう対処すればいいか、という勘所がつけにくいということも。実際に受講した方々からは、「意識が変わった」という声をよくいただきます。そういった、理解促進に貢献できた、と感じられる瞬間が今の業務のやりがいの1つですね。

周囲からのフォローアップ

チームメンバー内で意見交換が活発に行われています。私のチームはベテランの方ばかりなのですが、フラットな関係でとても居心地が良いです。
自分で「こうしたい」と思ったことを主体的に提案して取り組めますし、それが良い結果を結ぶとやりがいにも繋がる。もっとやってみようという気持ちになれる。 もともとは自分から意見を発信する方ではありませんでしたが、良い循環を実感していますね。

当社の魅力

たくさんのプロジェクト、人、技術に触れることで、視野が広がっていく感覚があります。 私自身、学生時代は「こんな仕事をやりたい」という具体的なイメージをそこまで強く持っていませんでした。 今は講師を担当していますが、入社前は講師をしている自分の姿なんて想像も付きませんでした。 ですが実際にやってみると、案外楽しいし向いているということがわかり、なんでもやってみないとわからないものだなと。そういった点で、FAPは 入社してからの選択肢が多い。それってすごく良いところなんじゃないかと思います。

【2013年入社】「自分の得手不得手は、実際やってみないとわからないものです。いろいろな仕事に携わることで、少しずつ得意や興味が見えてくると思います」

先輩Nさん

SEになろうと思ったきっかけ

文系学部でしたが、アルバイト先でExcelVBAを使用し簡単なツールを作ったのをきっかけに、プログラムを作る(モノづくり)ことの楽しさに目覚めました。それで社会の役に立つことができるなら、SEを目指してみたいと思いました。

入社を決めた理由

説明会で「モノづくりに特化していて、なおかつ最先端の技術にも触れることができる環境があること」「自らのスキルを伸ばすための資格取得支援制度や新しいことを学べる土台(勉強会等)がしっかり整っていること」を感じたからです。

こんな会社です

自主勉強をしてる人が多いと思います。例えば、社内外のテクノロジー・イノベーション系のイベントに積極的に参加していて、時に連れて行ってもくれる幹部社員。また、自宅に環境を整えて、業務外の内容でも新しい技術の勉強をしている人がいます。

研修内容

研修ではまず、社会人としてのマナーや富士通の基本理念、ICTの基礎知識を学びました。その後、Java言語や実際のコーディング、各設計書の作成などのシステム開発を行いました。私は文系出身でJavaは未経験でしたので、システム開発ができるか不安でした。しかし、Java研修では1からきっちり教えてもらえるので、その後のシステム開発では情報系学部出身の同期に劣らない成果を出すことができ、自信を持つことができました。

プロジェクトでどんなことを担当しているのか

お客様先に常駐し、以前に作られた古いプログラミング言語(Cobol)の大きなシステムを新しい言語であるJavaで再構築するプロジェクトに参画しています。 配属当初はソースコードやテスト仕様書などを作成していました。その業務の中で、個人作業のために作っていたツールを汎用化し、誰でも使える形にするということを行いました。自分以外の人が使う形にリフォームする作業は思ったより大変でしたが、自分が作ったものが開発を支えていると思うと嬉しいです。現在は、それらの成果物を効率的に生成するためにツールを作成したり、開発プロセスを見直したりするチームに所属しています。

周囲からのフォローアップ

いつでも何でも聞ける環境が整っています。先輩に質問をしたときは、図解などもしつつ丁寧に教えてくれます。幹部社員もちゃんと話を聞いてくださるので、風通しはとても良いと思います。

【2017年入社】「面接では多少無茶しても怒られませんでしたので、自分が一番いいと思うやり方で自己アピールしてみてください!」

ページの先頭へ