事業内容

ソフトウェアエンジニアリングに基づき、豊富な開発経験と最先端の技術で、ソフトウェア開発を革新します。
常に効率化・品質向上のための技術や開発スタイルを追求し、お客様にベストプラクティスを提案し続けます。

当社は、ソフトウェアの開発にエンジニアリングの考え方を取り入れた「ソフトウェア開発の工業化」を徹底しています。 プロジェクトに合わせて開発の型をつくり(標準化)、徹底的に効率化・自動化して開発するとともに、型を守る・守らせることにより高品質・低コスト・短納期での開発を実現します。
ソフトウェア開発を取り巻く状況が変化し、アジャイル開発やクラウド上のソフトウェア開発が増えてきていますが、開発の基本は同じであると考えています。新しい開発においても実践により実践知を蓄積するとともに、AI等の新技術を使って技術を日々高度化しています。 また、これらの技術を富士通グループ内に展開し、グループ全体の技術力向上を担っています。


長年の開発経験と蓄積した開発技術を武器に、業種を問わずお客様の業務システムを、高品質・低コスト・短納期で開発します。 標準化および開発マネジメント(型をつくり、 型を守る・守らせる)の技術を提供するとともに、AI等を活用し、更なる効率化・品質向上に向けた技術の高度化に取り組んでいます。
「どうやったらもっと楽に開発ができるか、品質が良くなるか」を常に考え、新技術を実践しながら、新たなアイデアを形にしていきます。

標準化・効率化

標準化

モノづくりは、プロジェクトに合わせた標準化の設計から始まります。 要件・特性・開発体制等の条件に合わせ、「誰でも迷わず」開発できるよう標準化し展開しなければ、均一な品質のソフトウェアを開発できません。
また、プロジェクト立ち上げ時には、試作を実施し、標準化の妥当性や生産性の見極めが必要です。 お客様の要件にあわせた標準化と量産準備の徹底により、品質の高いソフトウェアのスピーディな開発を実現します。

開発効率化

標準化と同時に、開発効率化の施策を徹底的に検討します。 設計書からのソースコード生成、テスト自動化など、当社の開発技術をベースに、ソフトウェア開発を効率化・短納期化する施策をご提案します。

開発基盤構築

アプリケーションフレームワークなどの開発基盤、構成管理を含む開発環境、開発マネジメントのための基盤など、開発に必要な基盤・環境の検討・構築を支援します。 開発効率化の施策を動作させる環境や、リアルタイムマネジメントを実現するマネジメント環境など、アジリティの高い開発に対応し、開発基盤を進化させています。

OSSを活用した開発環境の一例

開発マネジメント

開発品質統制(PMO/QMO)

標準化で決めた品質担保のプロセス(いつ誰がどう品質を保証するか)に基づき、標準化の順守状況、成果物の品質を確認し、是正策を提案します。
標準化やルールは、決めることより守らせるほうが遥かに困難です。開発経験、品質管理経験豊富なスペシャリストが、富士通グループ内のソフトウェア開発における品質向上を支援しています。 スペシャリストのノウハウを基に、AIの技術を活用し、ソースコードや障害票を分析する取り組みを進めています。

第三者検証

開発実践知をもとに、ソフトウェア開発のプロダクト検証技術を確立し、富士通グループ内のソフトウェア開発における品質向上を支援しています。(設計書記載内容の検証、設計書とソースコードの整合性検証、ソースコードレビュー、第三者テスト 等)
ソースや設計書のチェックにおいては、AIを活用した取り組みを進めています。

AIソースコード診断

ソースコードを画像化し、可読性等の観点からAI画像認識技術で診断を行い、可読性・保守性の課題を抽出します。 リアルタイムな品質状況の見える化を実現し、レビューコストの削減とともに、早期課題検出を可能にします。 アジャイル開発は、開発・レビュー・リリースを繰り返すため、レビュアの負担削減および早期品質確保に効果が期待できます。

オフショア開発

標準化された開発プロセスを徹底することにより、日本国内だけでなく、海外グループ会社と連携した高効率・高品質なモダナイゼーションを実現しています。

繰り返される改修によって複雑化・肥大化したアプリケーションは、変化に対する柔軟な対応や、イノベーションへの貢献が困難になっています。
既存の資産を活かしつつ、新技術や業務要件に俊敏に対応できる情報システムへの刷新をサポートし、2025年の崖を越えるための様々な技術をご提案します。
長年の開発経験と蓄積した開発技術を武器に、業種を問わずお客様の業務システムを高品質かつスピーディにモダナイゼーションします。



現行調査

現行資産分析

モダナイゼーションにおいては、正確に現行システムを理解し新システムの設計をすることが重要です。現行システムを正確に理解しないままモダナイゼーションを進めてしまい、テスト(現新照合)で大きな手戻りを発生させてしまう、等の問題が頻繁に発生しています。 新システムの設計においては、「現行システムの調査」と「グランドデザインに基づく業務設計」が必要であり、前者は現行資産を分析することにより、効率良く見える化することができます。
現行資産をスピーディーかつ漏れなく分析するために、様々な言語の現行プログラムソースを入力し、設計情報をリポジトリ化し、見える化するとともに、モダナイゼーションのための設計書や画面を自動生成する仕組みを提供しています。 変換カバレッジの見える化による変換漏れ防止、テンプレートによる出力ドキュメントのフォーマット変更など、プロジェクト事情に合わせた活用ができるよう工夫をしています。

モダナイゼーション

リライト、リビルド

現行資産分析により、モダナイゼーション後のシステムの設計情報(設計書、画面プログラム等)を抽出できれば、システムインテグレーションの経験から蓄積された技術を駆使し、効率的にモダナイゼーションを実施することができます。
設計書からのコード生成やテスト効率化・自動化、品質マネジメントのノウハウを活用し、高品質・低コスト・短納期でのモダナイゼーションを実現します。

モダナイ for DX

デジタルトランスフォーメーションに向け、システムを疎結合化し、様々なサービスと容易に連携できるマイクロサービスアーキテクチャーを採用したシステムへ刷新する場合は、現行資産分析から出力されるドキュメントをサービス切り出しの参考に活用いただけます。 現行システムの仕様を基にサービスを切り出すことで、マイクロサービスの設計を支援します。

将来の成長、競争力強化のために、デジタル技術を活用し、ビジネスモデルを創出するとともに、システムを柔軟に改変するデジタル・トランスフォーメーションが加速しています。
当社は、お客様のビジネスのデジタル化を、高効率・高品質な開発を実現する技術で支えます。



クラウド

クラウド上のソフトウェア開発

クラウド上のソフトウェア開発においては、APIを活用した開発が主流になり、またアジャイル開発が主流になってきています。 人のパワーを設計に注力し、現行資産からの設計情報抽出、設計書生成、ソースコード生成(コードレス)、リアルタイムテスト等の新たな技術を取り入れ、アジリティの高い開発を実現しなければなりません。
当社は、システムインテグレーション・モダナイゼーションで蓄積した技術をクラウドに適用し、クラウド上のソフトウェアの高効率・高品質な開発を実現しています。富士通のクラウドに加え、AWS等他社クラウド上での開発経験があり、その知見を基に日々技術を高度化しています。

アジャイル

アジャイル開発

アジャイルの知識とモノづくりのスキルを持ち合わせた当社社員は、アジャイル開発において技術リーダやデベロッパーとして活躍しています。 プロダクトオーナーと協力し、短期のスプリントを繰り返し改善しながら、要求仕様を具現化しています。
アジャイル開発においては、短期間で動くアプリケーションができなければレビューができません。当社のモノづくりスキルが最大限に発揮できる開発のスタイルです。 開発だけでなく、コードレス(定義からのソースコード生成)、リアルタイムテスト(ソースコードからのテストコード生成・テスト)等、ソフトウェア開発経験で培った効率化・品質向上の技術を適用し、アジャイル開発の新たな型を提案します。

AI、IoT、RPA

新技術を活用した業務システムの高付加価値化

AI(画像認識、言語解析)、IoT、RPAの実践知を活かし、業務開発の高付加価値化を提案しています。 チャットボットと既存業務システムを連携したRPAの提案(ScrumOne)や、言語解析技術による業務書類の自動チェック等により、圧倒的な業務効率化を実現しています。

ページの先頭へ