GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. サポート情報 >
  3. InfoBarrierサポート>
  4. InfoBarrier6サポート アップデートモジュールダウンロード

InfoBarrier6サポート アップデートモジュールダウンロード

InfoBarrier6アップデートモジュール

Windows XP 32bit版アップデート

[最終更新日 2011年10月31日]

アップデート適用製品

アップデート適用製品
クライアント製品
(Client)
・InfoBarrier6 Standard
・InfoBarrier6 Standard Plus
サーバ製品
(MainManager、SubManager、DB Server)
・InfoBarrier6 Enterprise
・InfoBarrier6 Enterprise Plus

アップデートモジュールダウンロード

アップデートモジュールダウンロード
対象製品 ファイル名
・InfoBarrier6 Standard
・InfoBarrier6 Standard Plus
icon-download ib6l501xp.zip (1.79 MB)
・InfoBarrier6 Enterprise
・InfoBarrier6 Enterprise Plus
ib6l801m.exe (注1)
※現在、作成中です
  • (注1) InfoBarrier6 Windows Vista 32bit版、Windows 7 32bit版のアップデートページに公開しているアップデートモジュールと同様のものとなります。

アップデート適用内容

InfoBarrier6に追加、修正された機能

InfoBarrier6に追加、修正された機能
区分 内容
追加
項目
・Internet Explorer 8に対応。
修正
項目
・Internet Explorerにて「戻るの禁止」を設定している時、"Back Space"
キーを押下しながら任意のキーを押下すると、『Shiftキー+任意のキー』が
押された時と同じ動きになる問題を修正。
・Internet Explorerにて「戻るの禁止」を設定時に”Shift”キーしながら
"マウスホイール"を下回転すると、ブラウザが1ページ前に戻る問題を修正。
・Internet Explorerの"閉じるを禁止"している状態で、Internet Explorerの
左上アイコン部分をマウスで連打すると、Internet Explorerが閉じる問題を修正。
・デスクトップアイコンの制御をし、アイコンの移動を抑止している端末にて
Windows+Dキーの押下後にデスクトップ上でアイコンの移動が可能となる
問題を修正。
・指定URL以外起動禁止機能(#ExpandKillURL)を指定している状態で、
まれに禁止対象としていないURLを指定してInternet Explorer起動すると、
強制終了する問題を修正。

アップデート方法

アップデート方法
対象製品 アップデート方法
・InfoBarrier6 Standard
・InfoBarrier6 Standard Plus
・クライアント端末で、ダウンロードしたZIPファイルを解凍後 「ib6l501xp.exe」を実行してください。
・その後、インストーラの指示に従って、アップデート作業を行ってください。
・InfoBarrier6 Enterprise
・InfoBarrier6 Enterprise Plus
・MainManager、SubManager、DB Server用の各端末で、ダウンロードしたZIPファイルを解凍後 「ib6l801m.exe」を実行してください。
・その後、インストーラの指示に従って、アップデート作業を行ってください。

(注)アップデート完了時の確認方法について

・InfoBarrier6(Standard/Standard Plus)をアップデートした場合の確認方法
インストールフォルダ配下にあるInfoMRUN.dllのバージョンが6.0.0.12となっていることを確認してください。
デフォルトインストールの場合:
C:\Program Files\FAE\BarrierSeries\InfoBarrier6 Standard(InfoBarrier6 Standard Plus)

・InfoBarrier6(Enterprise/Enterprise Plus)をアップデートした場合の確認方法
インストールフォルダ配下にあるInfoMRUN.dllのバージョンが6.0.0.12となっていることを確認してください
デフォルトインストールの場合:
C:\Program Files\FAE\BarrierSeries\InfoBarrier6 Enterprise MainManager(InfoBarrier6 Enterprise Plus MainManager)

アップデートにおける注意点

注意点

アップデートにおける注意点
内容
1 本製品のアップデートは、まずサーバのDB Server、MainManager、SubManagerをアップデートした後に、クライアントの製品をアップデートをするようにしてください。
上記の手順でアップデートを行わない場合、一時的に通信できなくなる可能性があります。
2 アップデート完了後は必ず再起動してください。
3 アップデートは、必ず管理者権限で行ってください。
4 本アップデートインストーラ(ib6l501xp.exe)は、Windows Vista、7には対応しておりません。
5 本アップデートインストーラは、InfoBarrier6体験版には対応しておりません。
6 本アップデートインストーラはInfoBarrier6のみ対応となります。それ以外のバージョンには適用されませんので、アップデートする前に製品のバージョンをご確認ください。
7 本アップデートを適用すると、Barrier基本部も同時に更新されます。
8 InfoBarrier6がインストールされていないとアップデートすることはできません。InfoBarrier6をインストールしてからアップデートを行うようにしてください。
9 アップデートは、InfoBarrier6及び起動しているアプリケーションを終了させてから行ってください。

アンインストールについて

アンインストール方法

アップデートモジュールをアンインストールする場合は、以下の手順でインストールされているInfoBarrier6のアンインストールを行ってください。インストールされているInfoBarrier6をアンインストールすることによりアップデートモジュールをアンイ ンストールすることができます。

アンインストールについて
内容
1 ・コントロールパネルの"アプリケーションの追加と削除"のメニューを開きます。
2 ・インストールされている以下の項目を選択し、“追加と削除”ボタンを押下します。
"FAE BarrierSeries - InfoBarrier6 Standard"
"FAE BarrierSeries - InfoBarrier6 Standard Plus"
"FAE BarrierSeries - InfoBarrier6 Enterprise (DB Server)"
"FAE BarrierSeries - InfoBarrier6 Enterprise (MainManager)"
"FAE BarrierSeries - InfoBarrier6 Enterprise (SubManager)"
"FAE BarrierSeries - InfoBarrier6 Enterprise Plus (DB Server)"
"FAE BarrierSeries - InfoBarrier6 Enterprise Plus (MainManager)"
"FAE BarrierSeries - InfoBarrier6 Enterprise Plus (SubManager)"
3 ・InfoBarrierのアンインストール完了後、Barrier基本部のアンインストールを行います。
・いずれかの項目を選択し、“追加と削除”ボタンを押下します

"FAE BarrierSeries - Client"
"FAE BarrierSeries - DB Server"
"FAE BarrierSeries - MainManager"
"FAE BarrierSeries - SubManager"
4 ・Barrier基本部のアンインストール完了後、再起動を行ってください。
  • Barrier基本部についてはアップデートにて、新たにモジュールが追加されていますので、再起動後、Barrier基本部のインストールフォルダのモジュールを手動で削除してください。

アンインストールにおける注意点

  • アップデートモジュールを単体でアンインストールすることはできません。
  • InfoBarrier6をアンインストール後は必ず再起動してください。
  • アンインストールは、必ず管理者権限で行ってください。
  • アンインストールは、InfoBarrier6及び、全ての処理を完全に停止させてから行ってください。

関連リンク