InfoBarrier5サポート アップデートモジュールダウンロード

Windows Vista版アップデート

[最終更新2010年4月28日]

適用製品 / ダウンロード

適用製品

クライアント製品(Client)
  • InfoBarrier5 Standard
  • InfoBarrier5 Standard Plus
サーバ製品(MainManager、SubManager、DB Server)
  • InfoBarrier5 Enterprise
  • InfoBarrier5 Enterprise Plus

ダウンロード

アンインストール(方法/注意点)

アップデートモジュールをアンインストールする場合は、以下の手順でインストールされているInfoBarrier5のアンインストールを行ってください。インストールされているInfoBarrier5をアンインストールすることによりアップデートモジュールをアンインストールすることができます。

方法

手順1
コントロールパネルの"アプリケーションの追加と削除"のメニューを開きます。


手順2
インストールされている以下の項目を選択し、“追加と削除”ボタンを押下します。
"FFC BarrierSeries - InfoBarrier5 Standard"
"FFC BarrierSeries - InfoBarrier5 Standard Plus"
"FFC BarrierSeries - InfoBarrier5 Enterprise (DB Server)"
"FFC BarrierSeries - InfoBarrier5 Enterprise (MainManager)"
"FFC BarrierSeries - InfoBarrier5 Enterprise (SubManager)"
"FFC BarrierSeries - InfoBarrier5 Enterprise Plus (DB Server)"
"FFC BarrierSeries - InfoBarrier5 Enterprise Plus (MainManager)"
"FFC BarrierSeries - InfoBarrier5 Enterprise Plus (SubManager)"


手順3
InfoBarrierのアンインストール完了後、Barrier基本部のアンインストールを行います。
いずれかの項目を選択し、“追加と削除”ボタンを押下します。
"FAE BarrierSeries - Client"
"FAE BarrierSeries - DB Server"
"FAE BarrierSeries - MainManager"
"FAE BarrierSeries - SubManager"


手順4
Barrier基本部のアンインストール完了後、再起動を行ってください。

  • (注)
    本アップデートにて、新たにモジュールが追加されていますので、Barrier基本部およびInfoBarrier5(Vista版)のインストールフォルダのモジュールを手動で削除してください
注意点
  • アップデートモジュールを単体でアンインストールすることはできません。
  • InfoBarrier5をアンインストール後は必ず再起動してください。
  • アンインストールは、必ず管理者権限で行ってください。
  • アンインストールは、InfoBarrier5及び、全ての処理を完全に停止させてから行ってください。

適用内容

追加

  • クライアントの環境によりInfoBarrier5のエンジンが起動できない問題を修正
  • InternetExplorer「お気に入り:一覧」の非表示設定が有効にならない問題に対応
  • ログオン時、Windowsキーを押下すると、スタートメニューが表示される問題に対応
  • 内部処理上、スタートメニュー項目の取得失敗時、デスクトップアイコンが非表示になる問題に対応
  • サーバ操作ログの取得処理を補強
  • Internet Explorer 8に対応

修正

  • InfoBarrier5をスタンドアローンモードでインストールした場合にDefault.IBR以外のポリシーを使用できない問題を修正

適用方法

InfoBarrier5 Standard / InfoBarrier5 Standard Plus

  1. クライアント端末で、ダウンロードした ZIPファイルを解凍後「infs514uav.exe」(10.3MB)を実行してください。
  2. その後、インストーラの指示に従って、アップデート作業を行ってください。

InfoBarrier5 Enterprise / InfoBarrier5 Enterprise Plus

  1. MainManager、SubManager、DB Server用の各端末で、ダウンロードしたZIPファイルを解凍後 「infe-514ua.exe」(21.2MB)を実行してください。
  2. その後、インストーラの指示に従って、アップデート作業を行ってください。
  • (注)
    アップデート完了時の確認方法について
    • InfoBarrier5(Standard/Stanadard Plus)をアップデートした場合の確認方法
      InfoBRRN_S.exeのバージョンが5.0.0.15となっていることを確認してください
    • InfoBarrier5(Enterprise/Enterprise Plus)をアップデートした場合の確認方法
      InfoBRRN_S.exeのバージョンが5.0.0.20となっていることを確認してください
    • Barrier基本部をアップデートした場合の確認方法
      BFEngine.exeのバージョンが1.0.1.42となっていることを確認してください

適用時の注意点

  1. Barrier基本部がインストールされていないとアップデートインストールはできません。Barrier基本部をインストールしてからアップデートを行うようにしてください。
  2. アップデートを行うときは、InfoBarrier及び起動しているアプリケーションを終了させてください。
  3. アップデートは、必ず管理者権限で行ってください。
  4. このアップデートインストーラはInfoBarrierのインストールフォルダ内のファイルを置き換えます。必要があればバックアップをするようにしてください。
  5. アップデート適用後は必ず再起動を行ってください。
  6. アップデートは、InfoBarrier5及び起動しているアプリケーションを終了させてから行ってください。

Barrierシリーズのご購入に関するお問い合わせ

ページの先頭へ