InfoBarrier10サポート アップデートモジュール

Windows 8.1、Windows10 版アップデート

[最終更新日 2020年3月30日]

適用製品 / ダウンロード

適用製品

クライアント製品(Client、Plus Client、Plus Client Standalone)
  • InfoBarrier10 クライアント
  • InfoBarrier10 Plus クライアント
  • InfoBarrier10 Plus クライアント Standalone
サーバ製品(MainManager、DBServer、SubManager)
  • InfoBarrier10 サーバ
  • InfoBarrier10 Plus サーバ

ダウンロード

クライアント製品
サーバ製品

アンインストール

アップデートモジュールを適用後のInfoBarrier製品をアンインストールする場合は、製品マニュアルに従い、アンインストールを実施してください。

完了時の確認方法

クライアント製品

ファイル名[バージョン]:IBVersion.dll(10.0.0.32)

  • 32bitOSの場合
    C:\Program Files\FAE\InfoBarrier Client
  • 64bitOSの場合
    C:\Program Files (x86)\FAE\InfoBarrier Client

サーバ製品

MainManager

ファイル名[バージョン]:IBVersion.dll(10.0.0.32)
C:\Program Files (x86)\FAE\InfoBarrier MainManager

DBServer

ファイル名[バージョン]:IBVersion.dll(10.0.0.25)
C:\Program Files (x86)\FAE\InfoBarrier DBServer

SubManager

ファイル名[バージョン]:IBVersion.dll(10.0.0.27)
C:\Program Files (x86)\FAE\InfoBarrier SubManager

適用内容

クライアント製品

追加
  • 資産管理のデータインポート機能にて、タブ区切りデータをインポート可能とする対応
  • 資産管理のデータインポート機能を画面から実行可能とする対応
  • エクスプローラの「クイックアクセス」に対する制御機能を追加
    • (注)
      定義ファイルに"##ExpandDisableQuickAccessView"を追加する必要あり
  • ファイル暗号機能の動作範囲を追加(ネットワークドライブからの持出し/持込み)
  • 外部媒体操作ログ検索に詳細検索機能を追加
  • 外部媒体利用申請機能に、過去の申請先を保存する機能を追加
  • ファイル暗号機能に、新しいフォルダを作成する機能を追加
  • Windows 10 ver 1803上での動作に対応
  • 暗号化ツールに表示するファイル属性(隠し・システム)をOS設定と同期する対応
  • Windows 10 ver 1809上での動作に対応
  • スタンドアロン版外部媒体利用申請ツールの機能拡張
  • Windows 10 ver 1903上での動作に対応
  • Windows 10 Enterprise 2019 LTSC上での動作に対応
修正
  • Windows 10 ver 1909上での動作に対応
  • IEの子ウィンドウがフリーズする問題に対応
  • IB Encrypt Launcherのアイコンが表示されない問題に対応
  • ファイル操作ログに不要な情報が出力される問題に対応
  • USB媒体接続時にエクスプローラがハングする問題に対応
  • グループポリシーで外部媒体への書き込みを禁止した場合、暗号化機能でフロッピーにファイル持出・持込ができない問題に対応
  • グループポリシーで外部媒体への書き込みを禁止した場合、外部媒体を登録できない問題に対応
  • 緊急停止キーに対するパスワード設定時に制御が解除されない問題に対応
  • コントロールウィンドウの画面が崩れる問題に対応
  • ファイル操作ログに含まれる部署情報がサーバ側での管理情報と異なる問題に対応
  • ディスプレイの向き(縦横比)変換時の画面リサイズに対応
  • Microsoft Edgeのタブブラウザに対する制御が有効にならない問題に対応
  • リムーバブルデバイスの取り外し機能が使用できない問題に対応
  • 暗号機能付リムーバブルデバイスのパスワード解除ができない問題に対応
  • Windowsキーがトグル状態になる問題に対応
  • WPDの読み込み/書き込み禁止制御が動作しない問題に対応
  • Edgeが異常終了する問題に対応
  • Edgeのキャプション自動ロックを有効にすると、Edgeの印刷画面が抑止される問題に対応
  • EncryptLauncherから暗号化機能付きUSBのパスワードロックを解除できない問題に対応
  • ファイル操作ログが送信されない問題に対応
  • InfoBarrier制御エンジンが2回起動する問題に対応
  • 暗号化ツールの4GB以上ファイルのサイズ判定処理の問題に対応
  • USB接続ログの問題に対応
  • ファイル操作ログの問題に対応
  • Microsoft Edgeをブラウザごとに制御できない問題に対応
  • Internet Explorer11をブラウザごとに制御できない問題に対応

サーバ製品

追加
  • 管理ツールの"ファイル配信結果"画面を改善
  • 管理ツールに"簡易検索機能"を追加
  • ファイル配信にサイレント実行機能を追加
  • 管理ツールに表示する項目に部署情報を追加
  • ログ検索画面にUSB接続ログを追加
修正
  • Windows Server 2019上での動作に対応
  • SQL Server 2019上での動作に対応
  • URLアクセスログが破損した場合、ログ内のエラー箇所を検出できない問題に対応
  • 印刷ログが破損した場合、ログ内のエラー箇所を検出できない問題に対応
  • 管理ツールの検索速度を改善

適用方法

クライアント製品

  1. ダウンロードした「IBClient_UP7.exe」を"管理者として実行"で実行してください
  2. インストーラの指示に従い、アップデート作業を進めてください
  3. アップデート作業が完了したらOSを再起動してください

サーバ製品

MainManager
  1. ダウンロードした「IBMain_UP7.exe」を"管理者として実行"で実行してください
  2. インストーラの指示に従い、アップデート作業を進めてください
  3. アップデート作業が完了したらOSを再起動してください
DBServer
  1. ダウンロードした「IBDB_UP5.exe」を"管理者として実行"で実行してください
  2. インストーラの指示に従い、アップデート作業を進めてください
  3. アップデート作業が完了したらOSを再起動してください
SubManager
  1. ダウンロードした「IBSub_UP7.exe」を"管理者として実行"で実行してください
  2. インストーラの指示に従い、アップデート作業を進めてください
  3. アップデート作業が完了したらOSを再起動してください

適用時の注意点

  1. アップデートモジュールは、必ず管理者権限で実行してください。
  2. InfoBarrier製品がインストールされていないとアップデートできません。
  3. 本アップデートはInfoBarrierのインストールフォルダ内のファイルを置き換えます。
    必要があれば事前にバックアップしてください。
  4. アップデート適用後は必ずOSを再起動してください。
  5. アップデート適用時はInternet Explorerなどのアプリケーションは閉じた上で実行してください。

Barrierシリーズのご購入に関するお問い合わせ

ページの先頭へ