IoT技術により、働き方改革につながるオフィスの課題を顕在化

EXBOARD for Office

企業風土に根付いた働き方の特性を発見し、新たな革新へ

「EXBOARD for Office」はIoT技術を活用して、社員の位置情報やオープンスペースの利用状況などをリアルタイムに可視化します。
取得したデータに組織情報等をかけ合わせることで、部門間のコミュニケーションや各社員の働き方特性を可視化し、生産性・創造性向上につながる働きやすい職場作りや、ワーク・ライフ・バランスの実現を支援します。

EXBOARD for Officeが実現できること

  • 「人や物」の位置情報、「場所」の利用状況をリアルタイムに表示
  • 手間をかけずに正確なデータを取得
  • 組織情報をかけ合わせることで、コミュニケーション状況を可視化

導入イメージ

~ロケーションプラットフォーム EXBOARD for Office がもたらす働き方改革~

「人の行動可視化」「空間の可視化」で効率的に管理・分析

収集 人の位置情報を収集し、リアルタイムに可視化

パソコンやスマートフォンのWi-Fi情報から、社員が社内のどこにいるかを検索・表示可能。人を探す手間の軽減や円滑なコミュニケーションを支援します。

(注)位置測位の精度は機器性能および環境に依存します。

画面の小さいスマートフォンではアイコンでの表示を行いワンタッチで機能を起動することができます。

スマホ版(マップ表示)

(注)Andoroid端末での表示については、画面のずれ等が発生する場合があります。

分析 収集したデータから働き方の特性やコミュニケーション状況を分析

在席率や人の動きから個々の働き方特性や組織間・部門間のコミュニケーション傾向を把握し、働きやすい職場作りを支援します。

収集 オープンスペースの利用状況(空き状況/滞在時間)を収集し、リアルタイムに表示

各種センサーにより、席の利用状況が離れた場所からスマートフォンなどで閲覧できるため、空きスペースなどを探す手間を軽減し、利用者の利便性向上につながります。

(注)位置測位の精度は機器性能および環境に依存します。

分析 利用状況の把握により、最適な環境づくりを支援

手間をかけずにデータの収集・蓄積が可能なため、オープンスペースやサテライトオフィスの稼働状況を把握し、利用特性に応じたレイアウト検討などを支援します。

導入までの流れ

  • 1.要件ヒアリング デモを含めた製品の紹介と合わせて、システムを導入する目的や実現したいシステムイメージのヒアリングをさせて頂きます。
  • 2.お客様環境の確認 現地での簡単な動作確認を実施させて頂き、IoTデバイスやアンテナの配置を検討のご支援をさせて頂きます。
  • 3.ご提案 お客様の環境やご要件を整理し、弊社ノウハウと合わせた最適なご提案をさせて頂きます。

導入事例

某オフィス家具メーカ様

某オフィス家具メーカ様では、本社移転によるオフィスレイアウトのフリーアドレス化に伴い、「社内のコミュニケーション活性化」や「働き方を見直すきっかけづくり」などを目的に、リアルタイムでの位置情報を取得可能な仕組みを導入しました。
普段利用しているPCやスマートフォンのWi-Fiを利用する事で誰がどのエリアにいるかがリアルタイムで検索可能となり、また蓄積された位置情報を活用する事で個々の働き方や部門間のコミュニケーション状況やオフィスの使われ方を可視化し働く空間の改善を支援いたしました。

某小売業様

某小売業様では、人感センサーを活用する事でリアルタイムなイートインコーナーの空席状況可視化を実現しました。
スマートデバイスからリアルタイムで空席状況の表示を可能にすることで、お客様の利便性向上を実現しました。
また、蓄積データを元に利用状況や傾向を可視化することで、店舗レイアウト最適化や業務の省力化を支援しました。

ロケーションプラットフォーム EXBOARDに関するお問い合わせ

ページの先頭へ