GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

NMGCP(治験管理パッケージ)

導入効果

NMGCP(治験管理パッケージ)導入効果

事例にみる導入効果

医師の治験業務を支援

診療情報システム(電子カルテ)とのシームレスな連携により、医師の治験業務を支援し、負荷軽減を図ります。

  • 来院患者が治験参加中か否か診療画面で容易に判断できます。
  • 治験概要、スケジュール、注意事項(制限薬、選定基準・・)等を診療画面で参照できます。
  • 併用禁忌、注意薬などをオーダー時に自動チェックします。
  • 来院被験者の治験スケジュールに沿った、処方、検査のオーダーやカルテシール入力が行えます。(テンプレート機能とセット機能を併用)

※ カスタマイズによって、連携機能強化も可能

CRC業務の負荷を軽減

被験者管理、来院管理及びモニタリング実績管理機能により、CRC業務の負荷軽減を図ります。

  • 被験者の治験進捗状況、アラーム状態等を一覧確認できます。
  • 被験者の来院計画は、プロトコルに記載されたスケジュールから自動展開できます。また、来院計画の見直しも病院カレンダーで簡単に行えます。
  • 被験者の来院予定確認/実績入力は、カレンダー機能(日、週、月)で容易に行えます。
  • 被験者の検査、処方実績の確認が行えます。
  • モニタリングの監査実績を管理できます。

※ カスタマイズによって、機能強化も可能

事務局業務の負荷を軽減

治験管理機能、IRB審査管理機能により事務局の負荷軽減を図ります。

  • 依頼者作成の電子プロトコルを読込むだけで治験登録できます。
  • システムは、事務局の多忙な状況を配慮し、必要最小限の情報入力で動作するよう設計されています。(治験登録では、治験番号のみ必須情報)
  • 治験の進捗状況、状態、アラームを一覧で確認できます。
  • IRBに関して、迅速・通常審査対応、審査事項、審査結果管理や治験に対する審査歴検索等の豊富な機能を用意しています。
  • 様式文書、IRB議事録や開催通知の作成は、埋め込み方式により必要最小限の情報入力で作成、印刷できます。また、作成文書は、文書管理機能で一元管理できます。(Excelファイルや画像ファイル等の管理も可能)

※ カスタマイズによって、機能強化も可能


PDFカタログをダウンロードいただけます

カタログダウンロード

関連リンク


  • 2018年6月現在のものです。改良のため予告なしに仕様、デザイン等を変更することがあります。
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。