GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

MediaBarrier Plus[メディアバリア プラス]

MediaBarrier Plusの機能一覧

物品情報管理機能

RFIDタグを取付けた物品を管理します。

  • 管理物品を個々に識別し情報を管理します。物品情報はCSVファイルで一括で登録することも可能です。

棚卸機能

RFID読取で棚卸の負荷を軽減します。

  • ロケーション(保管場所)別に棚卸を行い、物品の有無をチェックし所在を確認します。

貸出・返却機能

物品の貸出・返却状態を管理します。

  • RFIDリーダでタグを読取ることで対象物を特定し、貸出・返却の状態を管理します。
  • 貸出状況表示で、貸出中の物品一覧や期限切れの一覧を確認し利用者への督促が可能になります。

履歴照会機能

物品個々の履歴を分析することで利用状況を把握できます。

  • 物品個々の履歴(登録、棚卸、貸出、返却、廃棄)を参照できます。
  • 物品の利用状況を分析することで購入計画策定などの基礎情報として利用が可能です。

ハンディターミナル機能

高出力のハンディターミナルの読取りで操作性が向上します。

  • タグID登録、棚卸、貸出・返却、物品捜索の操作がハンディターミナルで行えます。

不正持出監視機能

不正持出物品を読取るとアラーム通知します。

  • 貸出処理をせず持出そうとした物品をゲートで検知すると、パトランプ、管理端末にアラームを通知します。
TagFront

MediaBarrier Plusは、富士通の「TagFront」(RFIDタグ)対応製品です。

SafetyValue

MediaBarrier Plusは、富士通の「安心安全ソリューション SafetyValue(セーフティバリュー)」対象商品です。情報セキュリティにおいて、お客様の企業価値向上を支援します。


PDFカタログをダウンロードいただけます

カタログダウンロード

関連製品


  • 2015年9月現在のものです。改良のため予告なしに仕様、デザイン等を変更することがあります。
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。