暗号化と誤送信防止によるメールセキュリティ対策

メールセキュリティソリューションMailBarrier

MailBarrierは、添付ファイルの自動的な暗号化とメール送信前の宛先確認による誤送信の防止を実現し、メール送信のセキュリティを確保するパッケージソフトウェアです。

  • メールの添付ファイルを簡単に暗号化できます。
  • メールの送信前に宛先を確認できます。
  • ご使用のメーラーをそのままご利用いただけます。
  • クライアントへインストールするだけで製品の利用を開始できます。

MailBarrierご紹介

特長

添付ファイル暗号化によるメールセキュリティの強化

添付ファイルを送信すると、ファイルの暗号化/復号用パスワード生成が自動的に行われます。
通信経路で内容を第三者に盗み見されることなく、安全にメールを送信できます。

メールの誤送信を防止し、情報漏えい抑止

送信前、強制的に宛先確認画面が表示されます。
宛先確認後、送信を実行できます。

現在使用のメーラーをそのまま利用可能

インターネット環境で電子メールの送信に一般的に使用される、SMTPサーバを利用する全てのメール環境に対応します。
受信者側へのインストールは不要です。

利用イメージ

機能一覧

添付ファイル暗号化機能

添付ファイル送信時にファイルを暗号化します。
暗号化されたファイルを送り先へ送信後、復号化キーが送り先に自動的に送信されます。

  • (注)
    暗号化形式は設定画面にて自己復号形式もしくはZIP形式を選択することが必要です。
  • 「暗号化する-パスワード送信あり」:添付ファイルの暗号化 + 復号パスワードを送信者側・受信者側に送付します。
  • 「暗号化する-パスワード送信なし」:添付ファイルの暗号化 + 復号パスワードを送信者側のみに送付します。
  • 「暗号化しない」:添付ファイルを平文のまま送付します。

誤送信防止機能

宛先確認画面を表示することで、誤送信を防止します。
自ドメイン以外もしくは、指定ドメインの送信時に色分け表示を行い注意を喚起します。

自ドメイン以外に送信する場合

  • 最大8色の中から表示色を設定します。
  • 最大100件ドメインが登録可能です。

指定ドメインへ送信する場合

  • 最大48色の中から表示色を設定します。
  • グループごとに最大100件指定ドメインが登録可能です。(注)グループも最大100件登録可能
  • メールアドレスのドメイン("@"マーク以下)で表示色を変更する場合、先頭に"*"(アスタリスク)を登録することで、後方一致でドメインの表示色を設定します。

警告対象キーワード判定機能

送信不可となる警告対象キーワードを設定することで、誤送信を防止します。
警告対象キーワードは拡張子を登録し且つ件名/ファイル名、またはメール本文中にキーワードを設定している場合のみ、警告を表示しメール送信を停止することができます。

製品体系・価格・動作環境

MailBarrierの機能と製品名対応表

製品名 誤送信防止機能 添付ファイル暗号化機能
MailBarrier ○有 ○有

価格

    • 製品名 内容 型番 価格(税抜)
      BarrierSeries
      MediaPack3
      MailBarrier
      インストールメディア(DVD-ROM)
      FF000043A001 3,800円
      • BarrierSeries MediaPack3は、メディアのみです。ご使用には、別途使用製品のライセンスが必要です。
    • 製品名 内容 型番 価格(税抜)
      MailBarrier ライセンス許諾書 1ライセンス FF000330A001 3,900円
      5ライセンス FF000330A002 18,500円
      20ライセンス FF000330A003 72,500円
      100ライセンス FF000330A004 340,000円
      • さらに多くの本数を導入希望のお客様は、BarrierSeriesお問合せ窓口までご相談ください。

動作環境

対象機種 PC/AT互換機
Client OS
  • Microsoft Windows 8.1 Pro(注1)
  • Microsoft Windows 8.1 Enterprise(注1)
  • Microsoft Windows 10(32bit版、64bit版)ver 1809、1903、1909 Pro / Enterprise
スペック CPU 1.0GHz以上
HDD 2GB以上の空き容量
メモリ 1GB以上
対応プロトコル(注3) SMTP
  • Microsoft Office 2013
  • Microsoft Office 2016
  • Thunderbird
(注2)(注4)
MAPI
  • Exchange Server 2013
  • Exchange Server 2016
  • (注1)
    対象OSは、32bit版、64bit版両方に対応しております。
  • (注2)
    その他のメーラーにつきましては、お問い合わせフォームよりご質問ください。
  • (注3)
    HTTPプロトコルを使用してメール送信を行うメーラー(Lotus Notes等)には対応しておりません。
  • (注4)
    Outlookは32bit版のみ対応しています。

運用パターン

100台のクライアントにMailBarrierを導入する場合

構成 100台のクライアントにMailBarrierを導入
製品
  • BarrierSeries MediaPack3
  • MailBarrier 100ライセンス

Barrierシリーズのご購入に関するお問い合わせ

ページの先頭へ