GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通アドバンストエンジニアリング(FAE)

Japan

機能一覧

InfoBarrierが提供する機能についてご紹介します。

カタログ・体験版ダウンロード

操作制限ログ取得アラート暗号化外部媒体管理資産管理一括管理
複数会社管理リモートメンテナンス

操作制限

Windowsの機能やアプリケーションの機能、USBメモリなどの外部媒体の利用を制限します。特定のWindowsの機能、アプリケーションの機能に限定して制限を掛けることが可能のため、業務に影響を与えることなく利用することができます。

< 機能 >

  • 特定アプリケーションの起動制限
  • アプリケーションのメニュー制限(例: 印刷メニュー禁止、 戻るボタン利用禁止など)
  • キーボードの制限(例:[PrtSc]キー、[Ctrl] + [Alt] + [Del]キー、[Ctrl] + [P]キーの禁止など)
  • マウス操作の制限(右クリック禁止) 注) タッチパネルに対するタッチ操作は対象外となります。
  • アイコン / スタートボタンの表示制限
  • ドライブの使用制限(例: USB メモリ、スマートデバイス [WPD]、FD ドライブ、CD ドライブ、DVD ドライブなど)
【操作制限】デスクトップアイコン制限、ブラウザの制限、ドライブ制限、ポリシー制限

ログ取得

ファイルの作成、削除、コピーのログやInternet Explorerでのアクセスしたログをクライアント端末より取得することができます。クライアント端末より収集したログはサーバーの管理画面より一括検索することも可能です。

< 機能 >

ファイル操作ログ取得、添付メール送信ログ取得、印刷ログ取得、URLアクセスログ取得、アプリケーション起動ログ取得

【ログ取得】ログの種類、ログの一括管理

アラート

アラート機能で禁止操作を予め設定しておくことで、禁止操作が実行された場合に、管理者に対してリアルタイムに禁止操作実行の通知が送信されます。

< 機能 >

  • 操作の監視
    ファイル操作、添付メール送信、印刷、URLアクセス、アプリケーション起動
  • 禁止操作実行時のアクション
    操作禁止、警告出力、管理者通知、監視ログ収集
【アラート】リアルタイム通知

対象操作・アクション一覧

対象操作・アクション一覧
操作 アクション
操作禁止 警告出力 管理者通知 監視ログ収集
ファイル操作
添付ファイル付きメール
印刷
URLアクセス
アプリ起動

暗号化

ファイル単位で暗号化を実施します。InfoBarrier導入端末では自動的に復号化可能な暗号形式とInfoBarrier未導入端末でも復号可能な形式で暗号化することもできます。

暗号キーをグループごとに設定することで、特定のグループのみ復号を許可することができます。

ドライブロック機能と合わせて使用することによりバックアップ用のドライブやUSBメモリなどに対してファイルを保存する場合には、強制的に暗号化を実施させることが可能です。

< 機能 >

  • 外部媒体持ち出し時のデータ暗号化
  • 自己復号形式によるデータ暗号化
【暗号化】暗号キーの配布、強制的暗号化コピー

外部媒体管理

外部媒体利用におけるセキュリティリスクを低減します。外部媒体管理機能により企業内で管理するUSBメモリなどの外部媒体に利用を限定し、私物の外部媒体を利用不可にできます。

外部媒体へのファイル持出時には強制的に暗号化を実施させることも可能です。また、ファイル持出/持込時には自動的にログを収集します。

< 機能 >

  • 外部媒体利用制限機能、自動暗号化機能、証跡収集
  • 管理機能
【外部媒体利用の運用イメージ】1.外部媒体の利用申請を行う2.管理者用ツールで申請承認3.外部媒体を貸し出す4.外部媒体を利用する5.外部媒体利用時のファイル操作ログをサーバへ集約する6.管理ツール画面にて利用者のファイル操作ログをチェックする

【外部媒体管理】特定の外部媒体のみ使用可能

資産管理

< 管理イベントリ >

  • ハードウェア、ソフトウェア、ウイルスソフトパターンファイル、 Windows 更新パッチ適用状況、OS/Office ライセンス、インストールアプリケーション、各種セキュリティ設定(パスワード設定、インターネット設定、必須アプリ インストール有無、共有フォルダ有無 など)
【資産管理】管理する資産情報の種類、レポートの配信

一括管理

サーバーで作成したInfoBarrierのセキュリティポリシーをクライアント端末に一括で配信することができます。また、クライアント端末に対してファイルを自動的に配信/適用することが可能です。

< 機能 >

  • ポリシー配信、ファイル配信
【一括管理】ポリシーファイル作成画面、ポリシー/ファイル配信

複数会社管理

全てのグループ組織を統括管理しているセキュリティ管理者以外に、各グループ組織に特定の権限(ログ参照や組織変更)を持つセキュリティ管理者を設定できます。従来1つの部署に集中していた管理項目をより現場に近い管理者で管理させることにより作業負荷の軽減を図ります。

< 機能 >

  • 組織ごとのセキュリティ管理者による「組織情報の変更」
ポリシー設定 配信機能 ログ参照 アラート管理 資産管理 リモートメンテナンス 組織情報の変更
全体
セキュリティ管理者
組織ごとの
セキュリティ管理者

リモートメンテナンス機能

クライアント端末での問題発生時には、遠隔地からサポートすることで作業の効率を図ります。また、クライアントからの要請に基づき遠隔サポートを実施するため問題の起きている端末の発見を即座に実施します。

< 機能 >

  • セキュリティ管理者によるクライアント端末の設定確認とリモート操作による遠隔サポート

利用者からのリクエストに対して、すばやく効率的なサポートが可能

カタログ・体験版ダウンロード


  • 2017年10月現在のものです。改良のため予告なしに仕様、デザイン等を変更することがあります。
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。