GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通アドバンストエンジニアリング(FAE)

Japan

  1. ホーム >
  2. トピックス >
  3. 2017年 >
  4. 日本臨床試験学会 企業展示出展のご報告

日本臨床試験学会 企業展示出展のご報告

2017年2月13日

当社は、2017年1月27日(金)~28日(土)に開催された、「日本臨床試験学会 in 大阪」に出展いたしました。

当社の展示ブースにお越しくださいました皆様に厚く御礼申し上げます。

当社の展示内容

臨床研究支援システム 「HOPE eACReSS(ホープ イーアクレス)」

小規模な臨床研究から複数施設で行う大規模な臨床研究に渡り、利用用途に応じた使い方ができるシステムです。試験管理から症例データ収集まで一連の研究業務をカバーし、特に被験者の割付機能(大学病院臨床試験アライアンス様による監修)や法令対応【GCP(注1)、ER/ES(注2)】など、利用者のニーズに合わせた様々な機能をご提供します。

今回の展示では、臨床研究のモニタリング・監査の実施(注3)を支援する機能を中心に、デモンストレーションにてご紹介しました。

(注1)GCP: Good Clinical Practice 医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令

(注2)ER/ES: 医薬品等の承認又は許可等に係る申請等における電磁的記録及び電子署名の利用について

(注3)臨床研究のモニタリング・監査の実施: 「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づいて2015年4月施行(モニタリング実施は、2015年10月施行)

製品詳細(富士通サイト)Open a new window

治験管理システム 「HOPE NMGCP(ホープ エヌエムジーシーピー)」

電子カルテと連携し、治験患者管理、スケジュール管理などの医師・CRCの業務を支援するシステムです。治験実施機関が行う様々な治験業務(治験の準備および実施、被験者管理、各種書類作成など)を全面的に支援する機能を提供しています。

今回の展示では、電子カルテシステムとのシームレスな連携による治験期間の短縮および品質向上を実現する機能をデモンストレーションでご紹介しました。

今回は、「多様化する医療に臨床研究は対応できるのか!?」をテーマに、臨床試験に携わるすべての専門職の知識/技術の向上を目的として開催され、多数の業界関係者に来場頂きました。

当社出展製品に対する新たな活用シーン、機能追加のご要望等のご意見を元に、今後もサービス改善に努めて参ります。有難うございました。

当日配布資料

配布資料 サイズ
〔カタログ〕FUJITSU ヘルスケアソリューションHOPE eACReSS 402KB
〔配布チラシ〕HOPE eACReSS【特別パックキャンペーン】 845KB
〔カタログ〕FUJITSU ヘルスケアソリューションHOPE NMGCP 883KB

開催概要

名称 日本臨床試験学会 第8回学術集会総会 in 大阪
公式ホームページOpen a new window
期間 2017年1月27日(金)~1月28日(土)
会場 大阪国際会議場(グランキューブ大阪)
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島5-3-51

お問い合わせ先

ご質問・お問い合わせなど、icon-form こちらのフォームよりお送りください。