GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2017年 >
  4. 情報漏えい対策ソフトウェア「InfoBarrier10」を発売(2017年3月末予定)

PRESS RELEASE

2017年2月28日
株式会社富士通アドバンストエンジニアリング

情報漏えい対策ソフトウェア「InfoBarrier10」を発売(2017年3月末予定)

株式会社富士通アドバンストエンジニアリング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:豊島雅博)は、情報漏えい対策ソフトウェア「InfoBarrier」の新バージョン「InfoBarrier10」を2017年3月末より販売開始します。
 本バージョンよりWindows10環境での動作をサポートします。
 「InfoBarrier10」では、従来のクライアント・サーバ型の情報漏えい対策機能に加え、スタンドアロン環境でのログ取得と特定外部媒体の使用制限をサポートします。また、セキュリティ管理者の作業負荷を軽減する管理機能を強化しました。これにより、従来より幅広い範囲で効率的な情報漏えい対策を実現します。
 なお、新製品販売に先立ち、新バージョンへのアップグレード付き製品の販売キャンペーンを実施します。

本製品の特長

InfoBarrierは、「Windows操作制限」、「媒体制御」、「操作ログ取得」、「資産管理」、「端末一括管理」、「監視アラート」機能などを持ち、組織内でのセキュリティ管理をオールインワンで提供します。

InfoBarrierは、情報漏えい対策ソフトウェアとして2000年の発売以来、約100万本を出荷しています。金融、公共、製造、流通等の様々な業種で利用されており、企業の情報管理を担う管理者の運用が容易になると評価いただいています。

InfoBarrier10で強化されたポイント

グループ組織毎のセキュリティ管理者設定による負荷軽減

全てのグループ組織を統括管理しているセキュリティ管理者の負荷軽減のため、各グループ組織に特定の権限(ログ参照や組織変更)を持つセキュリティ管理者を設定することで、運用負荷軽減を図ります。

また、管理者からの遠隔サポート機能を実装することで、クライアント端末での問題発生時やユーザからの問合せ対応の効率化を実現します。

スタンドアロン環境をサポート

ネットワークに繋がらない状態でも端末や外部媒体の操作ログの取得をサーバレスでサポートします。

また、許可された外部媒体のみを使用可能とし、スタンドアロン環境での情報の持ち出し・持ち込みを制限します。

Windows10環境をサポート

従来の機能をWindows10で実現したことに加え、新たに追加されたブラウザ「Microsoft Edge」への操作制限にも対応し、クライアント端末からの情報漏えい対策機能を更に強化します。

出荷時期

2017年3月末日(予定)

販売目標

3年間で50万ライセンス

新製品販売記念キャンペーンについて

新製品販売に伴い新バージョンへのアップグレード付き製品の販売キャンペーンを実施します。

キャンペーン実施期間:2017年2月28日~2017年3月31日

関連リンク

  • FUJITSU セキュリティソリューション InfoBarrier 紹介サイト

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

プレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社富士通アドバンストエンジニアリング
マーケティング推進部
icon-telephone 電話: 03-5324-1600(直通)
icon-mail fae-promotion@cs.jp.fujitsu.com

新製品販売記念キャンペーンに関するお問い合わせ先

株式会社富士通アドバンストエンジニアリング
IoTエンジニアリング本部
先進技術センター システムアーキテクト推進室
icon-mail fae-pkg-biz@cs.jp.fujitsu.com