GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2009年 >
  4. 紙からの情報漏えい防止と印刷のコストダウンを実現する認証印刷ソリューションを提供

紙からの情報漏えい防止と印刷のコストダウンを実現する認証印刷ソリューションを提供

  富士通株式会社(以下、富士通)は、2008年5月より提供している 安心安全ソリューション「SafetyValue(セーフティバリュー)」の新たなラインナップとして「認証印刷ソリューション」を本日より提供開始いたします。
「認証印刷ソリューション」は、ICカードを利用することにより、印刷時の情報漏えいを防ぎ、印刷コストを削減するためのソリューションです。本ソリューションは、富士通のソフトウェア「Interstage Print Manager(インターステージ プリント マネージャ)」、株式会社富士通アドバンストエンジニアリングのソフトウェア「EcoGate Print for Print Manager(エコゲート プリント フォー プリント マネージャ)」とICカードリーダーにより構成されます。
  本ソリューションでは、プリンタに設置したICカードリーダに対応する本人のカードをかざすことで印刷を行うため、従来プリンタでの置き忘れなどにより発生した紙からの情報漏えいを防ぐことができます。
  また、印刷環境や情報をプリンタサーバで一元管理することにより、既存のプリンタで本ソリューションをそのまま導入できます。これにより、ICカードリーダーを設置するだけの低コストで環境にやさしい印刷システムの構築ができると同時に、印刷情報のレポート出力により、無駄の見える化による運用コストと紙の削減に貢献します。
  さらに、印刷時に選択したプリンタが故障や混雑などで待機となった場合、あらためて印刷を指示せずに、他のプリンタで認証をするだけで印刷することができます。

2009年8月26日

2005年より施行された個人情報保護法を契機に、情報漏えい対策の導入は大幅に進みました。それにもかかわらず、個人情報の漏えい事故は無くなっていません。それは、利用者のうっかりミスや誤操作などといったヒューマンエラーによる事故が増加しているためで、中でも紙からの情報漏えいが大きな割合を占めています。

今回、こうした現状を踏まえ、「SafetyValue」で提供している「情報セキュリティ」の分野において、技術的な対策が取りにくいヒューマンエラーに起因する事故への対策として、ICカードと専用ソフトウェアによる「認証印刷ソリューション」を提供いたします。

本ソリューションは、印刷管理ソフトウェア製品「Interstage Print Manager」と認証管理ソフトウェア製品「EcoGate Print for Print Manager」との連携によって、企業の情報漏えい防止と運用コスト削減、環境負荷低減に貢献します。

本ソリューションをはじめ、「SafetyValue」の豊富なラインナップの提供により、セキュリティ・事業継続・環境など、企業を取り巻くさまざまなリスクへ対応し、お客様の企業価値向上に向けた取り組みをよりいっそう支援していきます。

富士通グループは、2007年12月より、グリーンITの提供を通じて、お客様の環境負荷を低減するプロジェクト「Green Policy Innovation(グリーン・ポリシー・イノベーション)」を推進しています。本ソリューションはその一環として、お客様のオフィス環境における環境負荷低減に貢献していきます。

新ソリューションの特長

  1. ICカードを利用して印刷による情報漏えいを防止
    利用者がプリンタに設置したICカードリーダーにFelicaなどの対応カードをかざすことで、はじめて印刷が実行されます。利用者自身が認証をしないと印刷されないため、印刷物の置き忘れや紛れ込みなどによる情報漏えいを防ぐことができます。
  2. 既存の印刷環境をそのまま活用、低コストでの導入が可能
    本ソリューションを導入する際、プリンタメーカーや機種の統一は不要であり、ICカードリーダーを設置するだけで既存の印刷環境をそのまま活用できるため、低コストで実現できます。
    • ICカードリーダーは、LANケーブルで接続するだけで簡単にプリンタに設置できます。
    • 複数の異なるベンダーのプリンタを一元管理することができ、プリンタメーカーや機種に依存しない運用が可能となります。
    • 主要プリンタメーカーのドライバを利用することで、プリンタメーカーや機種による印刷のズレに対しても心配する必要がなくなり、プリンタ機種固有の機能(2up印刷、ステイプル)なども含めて、フルに活用することが可能になります。
  3. 無駄な印刷コストの削減
    • 部門や利用者単位で、印刷枚数やカラー・モノクロ比率、両面・片面比率といった印刷コストにつながる管理者向け統計情報をレポート出力することで、印刷コストの見える化が可能になります。
    • 印刷管理サーバ上で印刷データを保持しているため、指定した一定時間を過ぎても認証印刷されない印刷データは、自動的に不要と判断され消去します。
  4. どこでも認証印刷
    印刷管理サーバで印刷情報を一元管理しているため、印刷時に選択したプリンタが混雑等により使用できない場合でも、改めて印刷を指示せずに、他のプリンタで認証をするだけで印刷することができます。

販売価格

認証印刷ソリューションの機器構成

販売価格
商品名 販売価格
(税別)
提供時期 用途
1 Interstage Print Manager Standard Edition V9
30万円 提供中 印刷管理サーバ
2 EcoGate Print for Print Manager
30万円 2009年8月 印刷管理サーバ
3 ICカードリーダー 4万円 2009年8月 カードリーダー

動作環境

  1. 動作保証OS
    • サーバ
      日本語 Windows Server 2003 SP2
      日本語 Windows Server 2008 Standard / Enterprise (注1)
    (注1) Server Coreでは動作しません。
  2. 必須ソフトウェア
    • Microsoft Data Access Component 2.5以降
      Microsoft Jet 4.0以降 (注2)
      Microsoft Internet Information Server 5.0以降
      Microsoft .NET Framework 2.0
      ASP.NET V2.0.50727
    (注2) Microsoft Data Access Components 2.6、2.7、および2.8を使用する場合のみ必要。2.5 を使用する場合は不要です)

【安心安全ソリューション「SafetyValue」について 】

Safety Value
「SafetyValue」は、安心・安全・信頼・事業継続分野における富士通株式会社のブランドです。シンボルマークは、お客様企業価値を安心安全が支え続け、さらに価値を押し上げることを表現しています。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ

富士通アドバンストエンジニアリング 
ソリューションビジネス推進本部 営業統括部
受付時間:9時から17時(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
icon-telephone 電話: 03-5324-1601

以上

日付: 2009年8月26日
会社名: 富士通株式会社 株式会社富士通アドバンストエンジニアリング