GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

GKitOCX Standard V3 製品情報

あらゆる開発環境で威力を発揮する高生産性コンポーネントシリーズGKitOCX
[索引] | コントロール | プロパティ | メソッド | イベント | 動作環境 |

コントロール

エディットコントロール

エディットコントロールは文字列、数値などのデータを入力するためのコントロールです。
コントロールではこれらのデータをより簡単に様々な形式を入力できるように多彩な機能をサポートしています。また、これらの機能は、デザイン時のプロパティ操作で設定できるため、簡単に使用することができます。

例えば、小数点以下桁数2桁を持つ実数を入力したければ、入力型を「実数」,小数点以下桁数を「2桁」と設定するだけで実現できます。この時、データチェックなどのプログラムは一切必要ありません。

・大文字・小文字入力

アルファベットの大文字または小文字の入力のみを受け付けます。数値、記号、日本語の入力は一切受け付けません。また、文字数入力チェック機能と併用することによって、入力する文字数をプログラムの介在なしに実現することもできます。

・整数(10進、16進)入力

10進の数値(0-9)または、16進の数値(0-F)の入力のみを受け付けます。数値以外の文字(+,-以外)の入力は一切受け付けません。また、上下限値チェック機能と併用することによって、プログラムの介在なしに入力値を制限することもできます。

・実数入力

実数値(0-9,.,+,-)の入力のみ受け付けます。有効な小数点以下桁数はプロパティにより自由に設定できます。また、上下限値チェック機能と併用することによって、プログラムの介在なしに入力を制限することもできます。

・日付・時間入力

日付・時間を自由な形式(デザイン時に設定)で入力することができます。無効な日付・時刻(2月31日など)は入力を受け付けませんので、入力後、プログラムでチェックする必要がありません。

・金額入力

値データを、カンマ(,)区切りで表示します。入力するときはカンマを一切入力する必要は無く、コントロールで自動的に表示されます。単位(円、ドルなど)も自由に付加することができます。また、上下限値チェック機能と併用することによって、プログラムの介在なしに入力値を制限することができます。

・カスタム入力

自由なフォーマットで入力することができるように「カスタム型」という形式をサポートしています。これは、「A-1234」と言ったようなコード入力や、郵便番号、電話番号と言ったような特殊な形式で入力するような場合に使えます。

・上下限値チェック機能

入力されたデータの上下限値をチェックする機能です。上下限値を超える値が入力された場合は、異常データ入力モードによって、「入力を受け付けない」「エラー表示する」と言ったような処理を自動的に行わせることが可能です。また、メッセージボックスを表示し、入力をどのようにしなければいけないかを警告する機能もサポートしています。

・最大・最小文字数チェック機能

入力文字数を最大・最小の2つでチェックする機能です。5桁以上の値は入力できないようにする、最低2文字は入力しなければならないと言ったような処理をチェックする機能です。

・多彩な入力モード

本コントロールでは入力補助機能として、「挿入・上書きモード」の設定、「IMEモードの設定」「変更時のマーキング(キーボード入力などでデータが変更された場合の表示色変更)」などの機能をサポートしています。

・自動フォーカス移動

データの入力が完了(最大文字数となった場合など)した場合、自動的に次のコントロールへフォーカスを移動する機能をササポートしています。これを使うことにより、よりスムーズなデータ入力を実現できます。

・自由なテキスト配置

テキストはコントロールの中に上下左右、中央と自由に配置することができます。

・スピン入力

数値データなどで数値に変動が少ない場合などは、キーボードで入力するよりもマウスで操作した方が楽な場合があります。このためにサポートされているのがスピン入力です。コントロール右に表示されている上下のボタンをクリックすることで数値が設定した値分増減します。この操作はマウスだけでなく上下矢印キーでも行うことが可能です。

・エラー処理

キーボードからまたはプログラムから異常なデータが入力された場合のモードを多数用意しています。 エラーの場合には入力を許可しない、入力は許可するが異常イベントを通知する、その時に音声による警告を行う、色表示する等です。また、プログラムからの入力の場合、エラートラップとしてVisualBasicなどでデバックモードに入る等も可能であり、異常データの入力箇所をプログラム開発しながら見つけることができます。

・メッセージボックス機能

異常なデータが入力された場合、音で通知することはもちろんのこと、本コントロールではこのほかにメッセージボックスによるエラーの通知を行うことができます。例えば、上限値が100となっているとき101と入力すると、「100までの入力が可能」と言ったようなメッセージがコントロール脇に表示されます。これにより、なぜ入力できないのかという疑問がその場で解消されます。初めて画面を触れられる方でも容易に入力することができます。

Ver3からサポートされた機能について

GKit EditV3では、コンポーネント内に特別な機能を持たせたボタンを表示することができます。 ボタンに追加する標準機能として、電卓表示機能、カレンダー表示機能、ファイル名・フォルダ名入力支援機能、リスト表示機能 などの強力な新機能が追加されています。

・電卓表示機能

クリック時に電卓アプリケーションを表示する機能になります。特別なプログラミングをすることなく、電卓を表示し、計算結果を取り込むことができます。

・カレンダー表示機能

トグル状態で月間予定表を表示するトグルボタン。特別なプログラミングをすることなく、月間予定表を表示し、エディットコントロールに日付を取り込むことができます。

・ファイル名・フォルダ名入力支援機能

編集作業中にコモンダイアログを表示し、ファイル名/フォルダ名を入力可能です。メソッドによる呼び出しも可能です。

・リスト表示機

トグル状態でリストボックスをポップアップするトグルボタン。このボタンを使用することにより、エディットコントロールにコンボボックスとしての機能を持たせることができます。

・マーキングボタン機能

トグル状態でマーキングを表示するチェックボタン。キーボードまたはプログラムにより修正されたことを、ボタンのイメージで視覚的にうったえ、またボタン操作で修正フラグを操作できます。

・シェル実行機能

クリック時にShellExecを発行するプッシュボタン。ファイルブラウズボタンやフォルダブラウズボタンで設定されたファイルやフォルダをプログラミングすることなく関連づけられたアプリケーションでオープンしたり、エクスプローラで開いたりできます。

プッシュボタンコントロール

プッシュボタンコントロールは、OK・キャンセルのようなアクションを行うコントロールです。

・3種類のテキスト表現

「フラット」「浮き上がり」「くぼみ」の3種類のテキスト表現方法をサポートしています。

・テキストの自由な配置

本コントロールでは、上下左右、中央と言ったテキストの配置をサポートしています。

・ボタンの状態に合ったピクチャー

ボタンの状態(通常、押下時、フォーカス時、無効時)に合わせて指定したピクチャーを表示することが可能です。

チェックボックスコントロール

チェックボックスコントロールは、動作の有無などを示すためのチェックを行うコントロールです。

・3種類のテキスト表現

本コントロールでは、チェックボックスの外観として、「なし」「平面」「浮き上がり」「くぼみ」の4種類をサポートしていますので、適用する画面に合わせて使用することができます。

・4種類の外観をサポート

本コントロールでは、チェックボックスの外観として、「なし」「平面」「浮き上がり」「くぼみ」の4種類をサポートしていますので、適用する画面に合わせて使用することができます。

・ユニークなピクチャーサポート

本コントロールでは、非常にユニークなチェックボックスを多数、標準でサポートしています。画面をビジュアルに変えたい場合などに活用できます。また、標準でサポートしているピクチャー以外を使用したい場合は、Pictureプロパティに画像ファイルを指定することで実現できます。

・トグルボタンサポート

チェックボックス以外にも、トグルボタンをサポートしています。ボタンを押下する毎にON/OFFの状態を自動的に切り替えます。計器類などの状態を示すのに便利です。

マルチビューワーコントロール

マルチビューワーコントロールは、文字、ビットマップなどを組み合わせて表示するためのコントロールです。

・自由なテキスト配置

マルチビューワーコントロールは、文字、ビットマップなどを組み合わせて表示するためのコントロールです。

・3種類の外観

外観には、「フラット」「浮き上がり」「くぼみ」の3種類をサポートしています。

・影文字サポート

影付き文字をサポートしています。影の大きさ、影の方向(2方向)をサポートしていますので、より表現豊かな画面が簡単に作成できます。

・ブリンクサポート

Windowsでは実現が難しいブリンク表示機能をサポートしています。異常データなど注目させたいデータ表示に使えます。

・ピクチャーの表示

背景にピクチャーを表示することが可能です。ピクチャーにテキストを重ねることによって、ピクチャーのタイトル表示としても使えます。

プロパティ

EditControl

EditControl
プロパティ 内容
AlignHorz テキストの横方向配置の参照・設定
AlignVert テキストの縦方向配置の参照・設定
Appearance 外観スタイルの参照・設定
AutoFontSize ウィンドウへの自動フォントサイズ調整有無の参照・設定
AutoTab 自動タブ移動有無の参照・設定
AutoWinSize テキストへの自動ウィンドウサイズ調整有無の参照・設定
BackColor 背景色の参照・設定
Beep 入力異常時のビープ音有無の参照・設定
BorderStyle 境界線スタイルの参照・設定
CaretInsertType 挿入モード時のキャレットタイプの参照・設定
CaretOverType 上書モード時のキャレットタイプの参照・設定
Data データの参照・設定
DecimalPoint 小数点以下桁数の参照・設定
EditMode 編集モードの参照・設定
Enabled コントロール状態の参照・設定
ErrorCode 異常チェック状態の参照・設定
ErrorColor 異常データ色の参照・設定
ErrorGuideMessage 異常時のガイドメッセージ表示有無の参照・設定
ErrorModeKeyboard キーボード設定時、異常チェック方法の参照・設定
ErrorModeProgram プログラム設定時、異常チェック方法の参照・設定
ErrorShowMode 異常データの表示方法の参照・設定
FieldData フィールド番号指定でのデータ参照・設定
FieldText 可変フィールド番号指定でのデータ参照・設定
Font 表示フォントの参照・設定
ForeColor 前景色の参照・設定
Highlight フォーカス時自動選択の参照・設定
IMEMode IMEモードの参照・設定
InputFormat 入力フォーマットの参照・設定
InputLower 入力下限値の参照・設定
InputType 入力形式の参照・設定
InputUpper 入力上限値の参照・設定
Locked 編集ロック有無の参照・設定
Marking マーキングの参照・設定
MarkingColor マーキング色の参照・設定
MarkingMode マーキング設定動作の参照・設定
MarkingShowMode マーキング表示方法の参照・設定
MaxLength 最大文字数の参照・設定
MinLength 最小文字数の参照・設定
MinLengthCheckNullAllow テキスト未設定時の最小文字数チェックの参照・設定
NameData フィールド名称指定でのデータ参照・設定
NameText フィールド名称指定でのテキスト参照・設定
Password パスワード表示文字の参照・設定
PF1~PF12 ファンクションキー割り当ての参照・設定
PF1Text~PF12Text ファンクションキーで設定するテキストの参照・設定
PFTextAutoTab ファンクションキーでテキスト設定した時、自動タブ移動の有無の参照・設定
Reverse 非フォーカス状態の選択状態の参照・設定
ShowText 表示テキストの参照・設定
Spin スピン制御有無の参照・設定
SpinAdditional スピン増減値の参照・設定
SpinReverse スピンリバース制御有無の参照・設定
SpinVisible スピンボタン表示有無の参照・設定
TDstring 3D文字表示有無の参照・設定
Text テキストの参照・設定
TimeAbs 時間型のデータを絶対秒で参照・設定
TimeText フォーマット指定での時間型データの参照・設定
Transparent 背景透過表示有無の参照・設定
WaveFile Waveファイル名の参照・設定
ZeroSupress ゼロサプレス指定の参照・設定
Year 時間型時の年の参照・設定
Month 時間型時の月の参照・設定
Day 時間型時の日の参照・設定
Hour 時間型時の時の参照・設定
Minute 時間型時の分の参照・設定
Second 時間型時の秒の参照・設定

EditControlV3(ボタンガジェット)

EditControlV3(ボタンガジェット)
プロパティ 内容
BtnType ボタンの種別の参照
Caption ボタンの表題の参照・設定
Filter ファイルブラウズダイアログに指定するファイルフィルターの参照・設定
FilterIndex ファイルブラウズダイアログに指定するデフォルトのフィルターの参照・設定
Height ボタンの高さの参照・設定
ItemData リスト項目に指定する整数値の参照・設定
Key ボタンを識別するための文字列の参照
Left ボタンの水平位置の参照
List リスト項目の文字列の参照・設定
ListCount リストの項目数の参照
ListIndex リストの選択項目の参照・設定
MarkingType マーキングボタンの表示種別の参照・設定
MonthCount カレンダーの表示月数の参照・設定
Picture ボタンに表示するイメージの参照・設定
PopupPosition リスト・カレンダーの表示位置の参照・設定
ShowToday カレンダーに今日の日付を表示の参照・設定
Top ボタンの垂直位置の参照
Value ボタンの設定値の参照・設定
Visible ボタンの表示状態の参照
Width ボタンの横幅の参照

PushButtonControl

PushButtonControl
プロパティ 内容
BackColor ボタンの表示色を設定
Caption ボタン上に表示されるテキストを設定
CaptionType キャプションの表示形式を平面、浮き出し、くぼみのいずれかに設定
Enabled ボタンの有効、無効状態を設定
Font キャプションのフォントを設定
ForeColor キャプションの表示色を設定
Hpos キャプションの水平表示位置を左端、中央、右端のいずれかに設定
Picture 通常時のボタンに表示されるグラフィックを設定
PictureDisable 無効状態のボタンに表示されるグラフィックを設定
PictureDown 押下時のボタンに表示されるグラフィックを設定
PictureFocus フォーカス取得時のボタンに表示されるグラフィックを設定
Vpos キャプションの垂直表示位置を上端、中央、下端のいずれかに設定

CheckBoxControl

CheckBoxControl
プロパティ 内容
BackColor チェックボックスの背景色を設定
BorderType 境界線の表示形式をなし、平面、浮き出し、くぼみのいずれかに設定
Caption チェックボックスに表示されるテキストを設定
CaptionType キャプションの表示形式を平面、浮き出し、くぼみのいずれかに設定
Flat チェックボックスの表示形式を平面、3Dのいずれかに設定
Font キャプションのフォントを設定
ForeColor キャプションの表示色を設定
Hpos キャプションの水平表示位置を左端、中央、右端のいずれかに設定
Picture 非チェック状態のチェックボックスに表示されるグラフィックを指定
PictureCheck チェック状態のチェックボックスに表示されるグラフィックを指定
Push チェックボックスをプッシュボタン型に設定
Send チェックボックスの選択時に、コンテナへイベントを通知するか否かを設定
StockPicture あらかじめ用意されているグラフィックを設定
Value チェックボックスの状態を設定
Vpos キャプションの垂直表示位置を上端、中央、下端のいずれかに設定

Multiviewer

Multiviewer
プロパティ 内容
BackColor 背景色の参照・設定
BorderStyle 境界線スタイルの参照・設定
DecimalPoint 小数点以下桁数の参照・設定
ExpandTabs タブ展開表示有無の参照・設定
FlashColor ブリンク表示色の参照・設定
FlashTime ブリンク間隔時間の参照・設定
Font 表示フォントの参照・設定
ForeColor 表示文字色の参照・設定
FrameStyle フレームスタイルの参照・設定
HorzAlign 水平方向の配置位置の参照・設定
MultiLine マルチライン表示有無の参照・設定
Picture 背景に表示するピクチャーの参照・設定
Prefix プレフィックス文字の表示方法の参照・設定
Shadow 表示文字の3D表示有無の参照・設定
ShadowColor 3D表示時の影色の参照・設定
SlideSize 3D表示時の影文字間隔の参照・設定
TransBack 背景透過表示有無の参照・設定
Value 表示データの参照・設定
VertAlign 垂直方向の配置位置の参照・設定
WordBreak 単語による行分割有無の参照・設定

メソッド

EditControl

EditControl
メソッド 内容
Refresh 再描画する
SetSel 選択位置の設定
Clear 一括クリアを行う
Select 一括選択を行う
Copy 選択位置をクリップボードにコピーする
Paste クリップボードのデータを貼り付ける
Cut クリップボードに設定し、クリアする

EditControlV3(ボタンガジェット)

EditControlV3(ボタンガジェット)
メソッド 内容
AddItem リストボタンへ項目を追加
Open ボタンクリック時の動作を実行
RemoveItem リストボタンから項目を削除

CheckBoxControl

CheckBoxControl
メソッド 内容
BackColor チェックボックスの背景色を設定
BorderType 境界線の表示形式をなし、平面、浮き出し、くぼみのいずれかに設定
Caption チェックボックスに表示されるテキストを設定
CaptionType キャプションの表示形式を平面、浮き出し、くぼみのいずれかに設定
Flat チェックボックスの表示形式を平面、3Dのいずれかに設定
Font キャプションのフォントを設定
ForeColor キャプションの表示色を設定
Hpos キャプションの水平表示位置を左端、中央、右端のいずれかに設定
Picture 非チェック状態のチェックボックスに表示されるグラフィックを指定
PictureCheck チェック状態のチェックボックスに表示されるグラフィックを指定
Push チェックボックスをプッシュボタン型に設定
Send チェックボックスの選択時に、コンテナへイベントを通知するか否かを設定
StockPicture あらかじめ用意されているグラフィックを設定
Value チェックボックスの状態を設定
Vpos キャプションの垂直表示位置を上端、中央、下端のいずれかに設定

イベント

EditControl

EditControl
イベント 内容
ChangeFieldText フィールドデータが変更された
ChangeText テキストが変更された
Click クリックされた
DblClick ダブルクリックされた
ErrorInputType 入力タイプ異常が発生した
ErrorLower 下限値入力異常が発生した
ErrorUpper 上限値入力異常が発生した
KillFocus フォーカスを失った
ReturnKey リターンキーが押された
SetFocus フォーカスを獲得した

CheckBoxControl

CheckBoxControl
イベント 内容
Click チェックボックスをクリックしたときに発生

PushbuttonControl

PushbuttonControl
イベント 内容
Click ボタンをクリックしたときに発生

MultiviewerControl

MultiviewerControl
イベント 内容
Click クリックされた

動作環境

動作環境
メモリ 256MB以上を推奨
ハードディスク 約20MB (パーティションサイズにより異なる場合があります)
OS 注) Windows XP以降のOSでの動作保証については個別対応(別途、有償)とさせていただきます。
開発環境 サポート開発ソフトウェアおよび動作確認状況
NetCOBOL V8、V9
Visual Basic 6(SP6)
  • PowerCOBOL97で運用する場合は、 本バージョンから別途ランタイム製品が必要です。 (GKit OCX PowerCOBOL ランタイムシステム)

関連リンク

  • GKitOCX(ActiveXコンポーネント)サポート

  • 2019年9月現在のものです。改良のため予告なしに仕様、デザイン等を変更することがあります。
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。