GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

GKitOCX Spreadsheet V6 製品情報

あらゆる開発環境で威力を発揮する高生産性コンポーネントシリーズGKitOCX
[索引] | 多彩な機能 | プロパティ | メソッド | イベント | 動作環境 |

多彩な機能

16種類の入力タイプ

セル毎に16種類のタイプを設定することができます。
入力マスクに関してはGKitOCX Standardのエディットコンポーネント同等の機能をセル単位で備え、強力な入力チェックを行います。
セルのタイプは文字、整数、実数をはじめ、時刻、金額、パスワード、カスタム、ピクチャーなどが使用できます。 また編集型としてはリストボックス、コンボボックス、プッシュボタン、チェックボックス、マルチライン、ポップアップカレンダー、電卓を使用することが可能です。

オートフィット機能

入力動作は、改行キーによるセルの移動方向設定、左上から右下に向かう高速伝票入力に最適なカーソルラップ、桁数を満たすと自動的にセルフォーカスを移すオートタブ、マウスを使用しないリスト入力など多彩な操作を実現します。
オペレーターが誤ってデータを変更できないように、行・列・セル単位で入力禁止属性を設定することができます。 セルサイズを、入力データの最大サイズに自動的に調節するオートフィット機能も備えます。

表分割

最大縦2分割、横2分割の表分割モードを備えます。図のように4分割された枠の中に同一データを表示し、上方のセルデータを参照しながら下方のセルへの入力などが行えます。

セルのマージ/レコード設定

表上下左右に隣接する同一データのセルをひとつのセルとして表示することが可能です。マージ機能を使用することによって、より見やすく高度な表を作成することが出来ます。
また、同一データだけではなく、あらかじめマージするセルを画面作成時に定義しておくことも可能です。
マージ機能にはこの他に、複数行を1レコードとして扱うレコード定義があります。
固定部や可変部のセルのレイアウトを自由に組み合わせて表示することにより、顧客の要求にマッチした表を作成することが可能です。

豊富な表現機能

縦横へのウインドウ分割、左端/上端のセルスクロール抑止、セル単位の色替え(文字色/背景色)、非表示箇所のツールチップ表示など豊富な表現機能を持ちます。
また、Microsoft Excelとのデータ連携(クリップボード経由)、ファイル入出力(CSV/TAB区切り形式)が可能です。

マルチブロック

改行キーによるセル移動方向の設定、高速伝票入力向けカーソルラップ、入力桁数を満たすと自動的にカーソルを移動させるオートタブ機能など、マウスを使用しない画面も容易に作成することが出来ます。

カレンダー

編集時に月間予定表を表示します。
特別なプログラミングをすることなく、月間予定表を表示し、日付を取り込むことができます。
この機能を使用するには、Internet Explorer 4.01 SP2以降がインストールされている必要があります。

電卓

編集時に電卓アプリケーションを表示します。
特別なプログラミングをすることなく、電卓を表示し、計算結果を取り込むことができます。
この機能を使用するには、GkCalc.exeもあわせて配布する必要があります。
GkCalc.exeはアプリケーションから直接呼び出して利用することもできます。

プロパティ

SpreadControl

SpreadControl
プロパティ 内容
AutoRefresh 自動的に再描画するかどうかの参照・設定
AllowUserDivideWindow マウスによるウィンドウ(表)分割モードの参照・設定
AllowUserResizing マウスによる行・列サイズ変更モードの参照・設定
Appearance 表の外観スタイルの参照・設定
AreaText 指定領域のデータ参照・設定
AutoHeadings 列ヘッダーにフィールド名を自動的に表示するかしないかの設定
AutoRowHeight 行の高さをフォントの高さに合わせるかどうかの参照・設定
AutoSave レコードを変更したデータベースへ自動的に書き込むか書き込まないかの設定
データ変更後、カレントレコードを移動したタイミングでデータベースへレコードが書き込まれます。
BackColor 余白の背景色の参照・設定
BorderStyle 表の外枠スタイルの参照・設定
BottomRow 画面を分割した際の下画面の表示最下行の設定・参照
「表示終始位置参照について 」を参考にしてください。
BottomRowSub 画面を分割した際の上画面の表示最下行の設定・参照
「表示終始位置参照について 」を参考にしてください。
CaptionAppearance キャプションの外観スタイルの参照・設定
CaptionBackColor キャプションの背景色の参照・設定
CaptionFont キャプションのフォントの参照・設定
CaptionForeColor キャプションの前景色の参照・設定
Caption キャプションの参照・設定
CaretCol キャレット(フォーカス)のカラム位置の参照・設定
CaretRow キャレット(フォーカス)の列位置の参照・設定
CaretScroll キーボード操作によるスクロールモードの参照・設定
CaretShow 選択スタイルの参照・設定
CaretType キャレットのスタイルの参照・設定
従来は行えなかった設定として単一行、複数行の選択が追加されました。
簡単に行単位の選択ができます。
CelAlignHorz セルの水平方向配置スタイルの参照・設定
CelAlignVert セルの垂直方向配置スタイルの参照・設定
CelAppearance セルの外観スタイルの参照・設定
CelBackColor セルの背景色の参照・設定
CelData 指定セルのデータ参照・設定
CelDecimalPoint セルの小数点以下桁数の参照・設定
CelEditType セルの編集モードの参照・設定
セル単位での設定で、カレンダーと電卓を追加できるようになりました。
CelFontBold セルの強調表示属性の参照・設定
CelFontItalic セルの斜体表示属性の参照・設定
CelFontName セルのフォント名称の参照・設定
CelForeColor セルの前景色の参照・設定
CelFormat セルの表示フォーマットの参照・設定
CelHeight セルの高さの参照・設定
CelInputType セルの入力タイプの参照・設定
CelListNo セルのリストテキスト番号の参照・設定
CelLocked セルの入力可能・不可能モードの参照・設定
CelLower セルの下限値の参照・設定
CelMarking セルマーキングの参照・設定
CelMaxLength セルの入力文字列最大長の参照・設定
CelMergeMode セルのマージモードの参照・設定
CelMinLength セルの入力文字列最小長の参照・設定
CelName セルの名前の参照・設定
CelPicture セルに表示する画像データの参照・設定
CelShowMode セル表示モードの参照・設定
CelText 指定セルのデータ(テキスト)参照・設定
CelTimeAbs 指定セルのデータ(絶対時間)参照・設定
CelTimeText 指定セルのデータ(フォーマット指定時間)参照・設定
CelUpper セルの上限値の参照・設定
CelWidth セルの幅の参照・設定
ClientAppearance クライアント領域の外観の参照・設定
ClientBackColor クライアント領域の背景色の参照・設定
ClientForeColor クライアント領域の前景色の参照・設定
ClientRecord クライアント領域のレコードフォーマットの参照・設定
ColDividerColor カラム境界線の線色の参照・設定
ColDivider カラム境界線の幅の参照・設定
ColHeadersAppearance カラムヘッダーの外観の参照・設定
ColHeadersBackColor カラムヘッダーの背景色の参照・設定
ColHeadersForeColor カラムヘッダーの前景色の参照・設定
ColRecords 1レコード当たりのカラム数の参照・設定
ColSep 列方向の区切り文字列の参照・設定
ColVisible カラムの可視・不可視状態の参照・設定
ColWidthMin カラムの最小幅の参照・設定
ColsAlignHorz 全カラムの水平方向配置スタイルの参照・設定
ColsAlignVert 全カラムの垂直方向配置スタイルの参照・設定
ColsDecimalPoint 全カラムの小数点以下桁数の参照・設定
ColsDivider 全カラム境界線の幅の参照・設定
ColsEditType 全カラムの編集モードの参照・設定
列単位での設定で、カレンダーと電卓を追加できるようになりました。
ColsFontBold カラムの強調表示属性の参照・設定
ColsFontItalic カラムの斜体表示属性の参照・設定
ColsFormat カラムフォーマット文字列の参照・設定
ColsHeadersText 全カラムヘッダーのテキストの参照・設定
Cols カラム数の参照・設定
ColsInputType 全カラムの入力タイプの参照・設定
ColsListNo カラムリストテキスト番号の参照・設定
ColsLocked 全カラムの入力可能・不可能モードの参照・設定
ColsLower 全カラムの最小値の参照・設定
ColsMaxLength 全カラムの入力文字列最大長の参照・設定
ColsMergeMode カラムのマージモードの参照・設定
ColsMinLength 全カラムの入力文字列最小長の参照・設定
ColsText カラム単位でのデータ参照・設定
ColsUpper 全カラムの上限値の参照・設定
ColsWidth 全カラム幅の参照・設定
CurPicture カレントセルのピクチャーの参照・設定
CurText カレントセルテキストデータの参照・設定
CurrentWindow 表分割されている場合の現ウィンドウの参照・設定
DataArray 1次元配列でのデータの参照・設定
DataSource データベース連結するために使用するADO Data Control/レコードセットの設定
DefAlignHorz デフォルトの水平方向配置スタイルの参照・設定
DefAlignVert デフォルトの垂直方向配置スタイルの参照・設定
DefDecimalPoint デフォルトの小数点以下桁数の参照・設定
DefEditType デフォルトの編集モードの参照・設定
セル全体への設定で、カレンダーと電卓を追加できるようになりました。
DefFormat デフォルトのフォーマットの参照・設定
DefInputType デフォルトの入力タイプの参照・設定
DefLocked デフォルトの入力可能・不可能モードの参照・設定
DefLower デフォルトの最小値の参照・設定
DefMaxLength デフォルトの入力文字列最大長の参照・設定
DefMinLength デフォルトの入力文字列最小長の参照・設定
DefPicture デフォルトに表示する画像データの参照・設定
DefUpper デフォルトの最大値の参照・設定
DeleteMode 行・列削除時のモードの参照・設定

SpreadControl

SpreadControl
プロパティ 内容
EditForeColor 編集文字列の前景色の参照・設定
EditMode データ編集時の入力モードの参照・設定
Enabled 有効・無効状態の参照・設定
ErrorColor エラーデータ表示色の参照・設定
ErrorMode エラーが発生した場合のモードの参照・設定
ErrorShow エラーが発生した場合のスタイルの参照・設定
FixedLeftAppearance 固定カラムの外観スタイルの参照・設定
FixedLeftBackColor 固定カラムの背景色の参照・設定
FixedLeftForeColor 固定カラムの前景色の参照・設定
FixedLeft 固定カラム数の参照・設定
FixedTopAppearance 固定行の外観スタイルの参照・設定
FixedTopBackColor 固定行の背景色の参照・設定
FixedTopForeColor 固定行の前景色の参照・設定
FixedTop 固定行数の参照・設定
FixedTopRecord 固定行のレコードフォーマットの参照・設定
Font デフォルトの表示フォントの参照・設定
ForeColor デフォルトの前景色の参照・設定
GridColor セル境界線の線色の参照・設定
Grid セル境界線の有無の参照・設定
Headers ヘッダーの表示有無の参照・設定
HeightMode セル高さの表示モードの参照・設定
InformActiveRowChange カレント行を移動したことをADO Data Controlに通知するかしないかの設定
LeftCol 表示開始位置(カラム)の参照・設定
LeftColSub 表示開始サブ位置(カラム)の参照・設定
ListShortCutKeyEx リスト表示するときのShift/Ctrl/Altキーの参照・設定
ListShortCutKey リスト表示するときのキーコードの参照・設定
ListText0 リストボックス表示文字列の参照・設定
ListText1 リストボックス表示文字列の参照・設定
ListText2 リストボックス表示文字列の参照・設定
ListText3 リストボックス表示文字列の参照・設定
ListText4 リストボックス表示文字列の参照・設定
ListText5 リストボックス表示文字列の参照・設定
ListText リスト表示する気の表示文字列の参照・設定
MappingMode 幅・高さの指定単位の参照・設定
MarkingColor 変更データ色の参照・設定
MarkingMode 変更データ判断モードの参照・設定
MarkingShow 変更データ表示モードの参照・設定
MergeCol カラムのマージモードの参照・設定
MergeDirection マージ方向の参照・設定
MergeEditMode マージの編集モードの参照・設定
MergeMode マージのモードの参照・設定
MergeRow 行のマージモードの参照・設定
MultiColBlock カラムブロック数の参照・設定
NoBeep 誤った入力や操作を行った場合に、ビープ音を鳴らすかどうかの参照・設定
PageScrollValue スクロールボックスとスクロールバーの矢印ボタンの間の領域をクリックした時に、スクロールする量の参照・設定
PageUpDownKeyScroll PageUp、PageDownキーでSpreadsheetをスクロールさせるかどうかの設定
スクロールを可能にすることにより、アプリケーション操作が容易になります。
RecText レコードフォーマット指定時のデータの参照・設定
RightCol 画面を分割した際の右画面の表示最右列の設定・参照
「表示終始位置参照について 」を参考にしてください。
RightColSub 画面画面を分割した際の左画面の表示最右列の設定・参照
「表示終始位置参照について 」を参考にしてください。
RowDividerColor 行分割線の線色の参照・設定
RowDivider 行分割線の幅の参照・設定
RowHeadersAppearance 行ヘッダーの外観の参照・設定
RowHeadersBackColor 行ヘッダーの背景色の参照・設定
RowHeadersForeColor 行ヘッダーの前景色の参照・設定
RowHeightMin 行の最小高さの参照・設定
RowRecords 1レコード当たりの行数の参照・設定
RowSep 行方向の区切り文字列の参照・設定
RowVisible 行の可視・不可視状態の参照・設定
RowsAlignHorz 全行の水平方向配置スタイルの参照・設定
RowsAlignVert 全行の垂直方向配置スタイルの参照・設定
RowsDecimalPoint 全行の小数点以下桁数の参照・設定
RowsDivider 全行分割線の幅の参照・設定
RowsEditType 全行の編集モードの参照・設定
行単位での設定で、カレンダーと電卓を追加できるようになりました。
RowsFontBold 列の強調表示属性の参照・設定
RowsFontItalic 列の斜体表示属性の参照・設定
RowsFormat 列フォーマット文字列の参照・設定
RowsHeadersText 全行ヘッダーのテキストの参照・設定
RowsHeight 全行幅の参照・設定
Rows 行数の参照・設定
RowsInputType 全行の入力タイプの参照・設定
RowsListNo 列リストテキスト番号の参照・設定
RowsLocked 全行の最小値の参照・設定
RowsLower 全行の最小値の参照・設定
RowsMaxLength 全行の入力文字列最大長の参照・設定
RowsMergeMode 列のマージモードの参照・設定
RowsMinLength 全行の入力文字列最小長の参照・設定
RowsText 行単位でのデータ参照・設定
RowsUpper 全行の上限値の参照・設定
RunMode 全体セルの表示モードの参照・設定
ScrollBars スクロールバー表示有無の参照・設定
SelectShow 選択時の表示スタイルの参照・設定
ShowMode 表示データ種類の参照・設定
TextArray 1次元配列でのテキストデータの参照・設定
TopRow 表示開始位置(行)の参照・設定
TopRowSub 表示開始サブ位置(行)の参照・設定
WidthMode セル幅の表示モードの参照・設定
WindowDividerHorz ウィンドウ分割線の水平位置の参照・設定
WindowDividerVert ウィンドウ分割線の垂直位置の参照・設定
col 現在のカラム位置の参照・設定
row 現在の行位置の参照・設定

メソッド

SpreadControl

SpreadControl
メソッド 内容
AddItem 行を追加
Clear 表データを初期化
CloseCel 編集中のセルを閉じる
プログラム内部でセルを閉じることができます。
セルを閉じる時に編集前のデータに戻すか、入力したデータで確定させるかを設定できます。
CommitTrans AutoSaveプロパティがFALSEの場合に、SpreadSheetのデータをデータベースへ書き込み
Copy 指定領域をクリップボードにコピー
Cut 指定領域を切り抜き、クリップボードにコピー
Delete 指定領域を削除または初期化
DeleteCol 指定カラムを削除または初期化
DeleteItem 指定行を削除
DeleteRow 指定行を削除または初期化
InsertItem 指定位置に行を追加
IsCelEdited カレントセルが編集中かどうか調べる
Paste クリップボードから指定領域にコピー
Refresh 表を再描画する

イベント

SpreadControl

SpreadControl
イベント 内容
AfterDataRefresh データベースからデータが読み込まれた
BeforeDataRefresh データベースからデータを読み込まれようとしている
CelClick セルがクリックされた
CelDblClick セルがダブルクリックされた
CelEdit セルが編集されようとしている
CelRClick セルが右クリックされた
CelTextChange セルテキストが変更されようとしている
CelTextChanged セルテキストが変更された
CurPlaceChange カレントセルが変更されようとしている
CurPlaceChanged カレントセルが変更された
DspPlaceChange 表示セルが変更されようとしている
DspPlaceChanged 表示セルが変更された
DspPlaceSubChange サブ表示セルが変更されようとしている
DspPlaceSubChanged サブ表示セルが変更された
ErrorBreak エラーデータを破棄した
ErrorText エラーデータが入力された
Init 初期表示された
KillFocus 表がフォーカスを失った
ListSelChanged リストが選択された
SelChange 選択領域が変更されようとしている
SelChanged 選択領域が変更された
SetFocus 表がフォーカスを取得した

動作環境

動作環境
メモリ Windows 7:768MB以上を推奨
ハードディスク 約20MB (パーティションサイズにより異なる場合があります)
OS Windows 7 (注)
開発環境 サポート開発ソフトウェアおよび動作確認状況
NetCOBOL V8、V9、V10
  • PowerCOBOLで運用する場合は、 本バージョンから別途ランタイム製品が必要です。 (GKit OCX PowerCOBOL ランタイムプログラム V2)
  • 注) その他の環境については、個別対応(別途、有償)とさせていただきます。

関連リンク


  • 2019年9月現在のものです。改良のため予告なしに仕様、デザイン等を変更することがあります。
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。