GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

GKitOCX NET V2 製品情報

あらゆる開発環境で威力を発揮する高生産性コンポーネントシリーズGKitOCX
[索引] | 多彩な機能 | プロパティ | メソッド | イベント | 動作環境 |

多彩な機能

メッセージ送受信機能

クライアント・サーバシステムでメッセージの送信・受信を行う場合、TCP/IPなどのプロトコルを使ってプログラミングする必要があります。
この場合、Windows,UNIXなどのプラットホームのサポート、また、プロトコルに関する深い知識などが必要とされ簡単には実現できません。
このパッケージを使うことによって、プロトコルを意識することなく、WindowsならVisual Basicなど、UNIXならC言語の知識があれば簡単にメッセージの送受信を行うことが可能です。
また、クライアント・サーバシステムで、実現が難しかったサーバからクライアントへのメッセージ送信も可能となっています。
これによって、サーバ上で発生したイベント(機器の以上など)を素早くネットワーク上のクライアントに送信ことが可能です。

ログ機能

メッセージ送受信機能の他に自クライアント内でログメッセージを管理することが可能です。
例えば、クライアントでどういったオペレーションが行われたかを管理したい場合、この機能を使えばログファイルにメッセージを格納することが可能です。

メッセージ管理機能

クライアントで受信したメッセージはメッセージバーに表示されます。ディスプレイ上に1行分のスペースを開けておくことで(Windows95,WindowsNT4.0ではアプリバーとして動作することが可能なので、強制的に1行空けておくことが可能です)いつでも受信したメッセージを見ることができます。

また、受信したメッセージはログファイルに格納されます。このメッセージの中には、種別・区分で管理することができるため後から解析するのに大変便利です。このメッセージを表示する機能としてメッセージエクスプローラーを提供しています。これを使えば、メッセージの表示、検索などの操作が簡単に行えます。

イベント送信機能

クライアント・サーバ間でイベントの送受信を行うことが可能です。サーバで何らかのトリガを検知した場合(機器の異常など),クライアントで何らかの処理を行いたい場合(画面を切り替えるなど)この機能を使うと非常に便利です。

サーバプロセス起動機能

UNIX上のコマンド、プロセスをクライアントから実行することができます。パラメーターを引き渡すことができ、コマンドであれば、その復帰値も取得することができます。

プロパティ

プロパティ
プロパティ 内容
Caption メッセージやイベントを送信するために使用する、GKitメッセージコントロールのキャプションを設定

メソッド

メソッド
メソッド 内容
SendMessage メッセージを送信
SendEvent イベントを送信
SocketSendMessage メッセージを送信(Socket通信)
SocketSendEvent イベントを送信(Socket通信)
SetLog オペレーションログの格納
KickServerProcess サーバプロセスの起動

イベント

イベント
イベント 内容
RecvMessage メッセージを受信したときに発生
RecvEvent イベントを受信したときに発生
Err エラーが起きたときに発生

動作環境

動作環境
メモリ 256MB以上を推奨
ハードディスク 約20MB (パーティションサイズにより異なる場合があります)
OS 注) Windows XP以降のOSでの動作保証については個別対応(別途、有償)とさせていただきます。
開発環境 サポート開発ソフトウェアおよび動作確認状況
NetCOBOL V8、V9
Visual Basic 6 (SP6)

関連リンク

  • GKitOCX(ActiveXコンポーネント)サポート

  • 2019年9月現在のものです。改良のため予告なしに仕様、デザイン等を変更することがあります。
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。