GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 「Cloudforce 2010 Japan」にて「Salesforce CRM」の導入効果を説明

「Cloudforce 2010 Japan」にて「Salesforce CRM」の導入効果を説明

当社の営業開発統括部長 水野敏伸は、株式会社セールスフォース・ドットコム注1主催による「Cloudforce 2010 Japan」、2010年10月6日の基調講演に、ゲストスピーカーとして登壇しました。

同基調講演における、米国セールスフォース・ドットコム会長兼CEOであるマーク・ベニオフ氏との対談注2で、当社水野はCSLがアウトソーサーとして、コンタクトセンターを中心とした多様なセンターを運営している中で、現在複数のセンターで「Salesforce CRM」を利用していることを最初に説明しました。そして、その一例として、「富士通お客様総合センター」注3への導入事例を挙げ、コンタクトセンター業務においてはお客様の変化を素早くとらえて、関連部門と一緒にお客様対応品質および業務スピードの向上に向けた取り組みを行う必要があるとした上で、以下の点から、導入効果を高く評価しました。

「富士通お客様総合センター」への「Salesforce CRM」導入効果

コスト削減

  • 従来型のパッケージソフトウェアと比べて初期導入コストとランニングコストとをあわせて大幅なコスト削減の見込み。
  • 「Salesforce CRM」の基本機能の充実による、短期間でのシステム稼働、運用の実現。

業務改善

  • センター運用に携わっているスタッフ自身が自分でレポートを作成し、必要なデータを必要な時に入手することが可能。
  • セキュリティを担保した上で、部門の垣根を飛び越えて、関連部門同士が簡単に情報を共有し、お客様対応の品質と、業務スピードの向上を実現。

注1株式会社セールスフォース・ドットコム

注2 「Cloudforce 2010 Japan」基調講演における対談(東京都港区 ザ・プリンス パークタワー東京)


マーク・ベニオフ米国セールスフォース・ドットコム会長兼CEO(写真左)
当社 水野営業開発統括部長

注3 「富士通お客様総合センター」
富士通顧客に対するインバウンド業務(電話を受ける業務)、アウトバウンド業務(電話発信業務)、メール対応業務を実施するセンター

サービスの導入、お見積もり、資料請求などのお問い合わせ

[電話]0120-722-241 [IP電話の場合]03-5520-1046 [受付時間]9時~18時(土日祝日、当社指定の休業日を除く) お問い合わせフォーム 富士通製品に関するお問い合わせ先はこちらをご参照ください