クラウド型間接材
調達支援サービス

今、必要なテレワークをすばやく実現! 経費による調達の業務工数と調達費用を最適化※1 2017年12月、富士通コワーコの試算による
※2 2018年11月、富士通コワーコの試算による

クラウド型間接材調達支援サービスに関するお問い合わせ

実現できること

支出の見える化

拠点ごとに様々な品目、個別の仕入先が存在していると取引状況の把握が困難です。
クラウド型間接材調達支援サービスは、お客様が登録された商品を含め、間接材に関わる取引をすべてクラウドサービスに一元化。支出の見える化が進み、支出削減の要点を明確化できます。


関連動画

業務プロセスの改善

自社内の購買に関わる業務プロセスを、すべてクラウド型間接材調達支援サービスに一元化できます。それにより、購買申請書と請求書のつきあわせ確認や、仕訳業務、スポット調達の見積もり依頼、さらにはシステム管理など、これまで手作業で行っていた業務を削減。
業務費用や、ミス/トラブルを低減します。


関連動画

支出削減

クラウド型間接材調達支援サービスの支出削減効果は、購買価格の低減だけに留まりません。作業に伴う人件費、システムにまつわるIT関連費用、一見関係なさそうな家賃や光熱費などの無形財に至るまで、経験豊富な専任コンサルタントがご支援いたします。


関連動画

1700社以上で稼働するクラウド型間接材調達支援サービスとは?

富士通グループのクラウド型間接材調達支援サービスは、本社、各拠点におけるオフィス用品や備品の購買をクラウドシステムへ一元化することにより、調達費用や業務費用を削減するサービスです。 また、単純なシステムの提供だけでなく、簡易診断、管理レポートなど、一部の物品販売を通じて総合的な支出削減を実現。年間の調達費用を20%削減※1、調達業務に関わる工数を50%削減※2に導きます。

さらに、コスト削減コンサルティングサービスも併せてご利用いただくと、支出削減の抜本的な改革を実現できます。購買状況の分析から仕入先への見積もり依頼までを、経験豊富なコンサルタントが代行。成果報酬型なので、お客様費用負担ない上、業務負担も最小限。富士通グループの購買管理、経営効率化で蓄積したノウハウを駆使して、貴社の“ムダ”を徹底的に削減いたします。

※1 2018年11月、富士通コワーコの試算事例による
※2 2017年12月、富士通コワーコの試算事例による

富士通コワーコとは

富士通コワーコは、富士通とグループ各社の共同購買の窓口を中核事業としています。
この共同購買で蓄積した経営効率化ノウハウを「クラウド型間接材調達支援サービス」としてお客様へご提供しています。ご利用の約1,700社の経営効率化のノウハウをさらに富士通グループ内に還流させ、より良いサービス提供を行うためのエコシステムを確立しています。

クラウド型間接材調達支援サービスに関するお問い合わせ