クラウド型間接材調達支援サービス

実現できること

クラウド型間接材調達支援サービスに関するお問い合わせ

支出の見える化

拠点ごとに様々な品目、個別の仕入先が存在していると取引状況の把握が困難です。
クラウド型間接材調達支援サービスは、お客様が登録された商品を含め、間接材に関わる取引をすべて「クラウドサービス」に一元化。支出の見える化が進み、支出削減の要点を明確化できます。

全調達の見える化

受発注が一元管理されていないと、複数の拠点が、同じ商品を異なる仕入先から異なる価格で購買するなど、無駄が発生しやすくなります。クラウド型間接材調達支援サービスは、本社と拠点の受発注経路を一元化し、全調達の見える化を促進。支出と業務プロセスの無駄を発見し、支出削減に貢献します。

購買の統制/管理

事後承認による購買が常態化すると、社内ルールが形骸化し、「原価意識なき購買」が蔓延してしまいます。
クラウド型間接材調達支援サービスは、部署ごとに決められた予算が購入時に表示され、さらにはワークフロー機能によるチェックがおこなえますので、無駄な支出を抑制できます。

コンプライアンス強化

経費調達に関わる仕入先との見積もりが紙運用だと、会社全体の現状把握が難しくなり、見える化が思うように進みません。クラウド型間接材調達支援サービスなら、見積もり・調達・検収まで見える化を実現。不自然な取引を発見しやすくなり、内部統制を強化できます。

業務プロセスの改善

間接材購買に関わる業務プロセスを、すべてクラウド型間接材調達支援サービスに一元化できます。それにより、購買申請書と請求書の突合確認や、支払業務、スポット調達の見積もり依頼、さらにはシステム管理など、これまで手作業で行っていた業務を削減。
業務費用や、ミス/トラブルを低減します。

在庫管理業務の効率化

複数の部門や拠点を持つ企業にとって、販促品などの備品の過剰在庫や欠品を避け、適量に保つ業務は大きな負荷となっています。クラウド型間接材調達支援サービスは、在庫数管理、入出庫処理、補充発注を一括して管理できるため、管理工数の大幅な削減を実現します。

経理業務の効率化

経理部門にとって、納品書と請求書の突合や入力処理に大きな工数となっています。
クラウド型間接材調達支援サービスは、検収情報を支払明細とし、ご指定の仕入先へ自動で通知されるため、経理業務の大幅な効率化を実現いたします。
※支払方式を、支払明細方式にする必要があります。

請求データ照合の効率化

経理部門にとって、検収書と請求書の照合業務は大きな負荷となっています。
クラウド型間接材調達支援サービスは、検収データとご指定の仕入先が登録した請求データの照合が可能となり、突合処理の効率化を実現いたします。

会計システムとの連携

クラウド型間接材調達支援サービスは、支出情報や、各種マスター情報をCSVデータとしてダウンロードが可能です。お客様の既存システム(会計システムなど)へのデータ活用が容易に行えます。データ連携においても個別にご相談いただけます。

ミス/トラブルの削減

手動による受発注は、誤入力による大量注文などが起こりがちです。クラウド型間接材調達支援サービスは、部門ごとの予算管理、商品ごとに設定できる発注上限数の設定により、「うっかり桁数を間違えてしまった」場合でも、エラーを返して未然にミス/トラブルを防止します。

その他業務への活用(受発注業務)

受発注業務は、正確性と業務効率化が重要です。
しかし、昔からの商習慣で、紙での管理を継続している企業も少なくありません。クラウド型間接材調達支援サービスは、仕入れ価格と販売価格のマスターデータを持ち、価格の入力ミスや発注限度数を超える購入の制限など、受発注業務の効率化にもご活用が可能です。

支出削減

クラウド型間接材調達支援サービスの支出削減効果は、業務効率化による業務費用の削減や購入商品の統制による購入価格の低減だけに留まりません。システムにまつわるIT関連費用の削減や、光熱費などの無形財に至るまで、経験豊富な専任コンサルタントが支援いたします。

購買品目の統制

同じ品目でも、各拠点や個人によって商品の選択が異なると、支出の抑制は困難です。
社内で使用する商品を品目ごとに指定し、Webカタログ上に非掲載=購買できないようにすれば、無駄な「品質と価格のばらつき」を抑制でき、購買支出を抑制できます。

IT費用の削減

オンプレミスの購買システムは、サーバのリプレイスや、年号や税制の変化により、都度修正、更新が必要となり、情報システム部門の業務負荷が問題となります。クラウド型間接材調達支援サービスは、「開発費用/保守費用/インフラ維持費」といったIT費用と維持工数の大幅な削減を実現します。

会社統合/M&Aにおける購買効率化

異なる文化の業務統合には多くの課題・大きな工数が発生します。
特に、購買システムの統合は、各企業の必要とする要件の洗い出しから含めると、膨大な時間と工数がかかります。クラウド型間接材調達支援サービスは、高い柔軟性で、各企業の業務にフィット。初期導入費用を大幅に抑え、短期導入を実現します。

クラウド型間接材調達支援サービスに関するお問い合わせ