クラウド型間接材調達支援サービス

withコロナ時代の働き方

クラウド型間接材調達支援サービスに関するお問い合わせ

withコロナ時代の調達業務課題

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、働き方を見直し、テレワークを導入する企業が増えています。しかし経費調達に関わる業務に「購入申請が紙ベース」「現場で何を購入しているのかわからない」等の課題を抱える企業は少なくありません。経費調達に関わる業務が、なかなかテレワーク環境に適応できないため、関連部門が出社をするケースも多くあります。

withコロナ時代の調達業務課題の解決策

これまで紙ベースでの運用により、テレワークが困難であった経費による調達業務の課題を解決できるのが、クラウド型間接材調達支援サービスです。経費による購入申請から仕訳業務まで課題を解決し、業務効率化に導きます。

クラウド化

経費による調達業務をクラウド化することで、インターネット環境さえあれば、場所をえらばず業務が可能です。

電子ワークフロー

承認決裁を電子ワークフローにすることで、押印の手間を省き、業務効率化を実現します。

品目統制

カタログを電子化し、品目を統制することで、余計なものを買わせず、コスト削減を図ります。
また、商品別に発注限度数を設定でき、桁数の誤入力による大量発注など、ミス/トラブルを未然に防ぎます。

実績ダウンロードの可視化

購入実績を可視化し、購入統制をすることで、コンプライアンスを徹底する環境を構築いたします。

クラウド型間接材調達支援サービスに関するお問い合わせ