GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

機能

特徴的な機能について

FUJITSU Software WebUnityは接続してくるモバイル端末を識別し、cHTMLを端末の最適言語に変換して表示。同一言語の端末機種による差異も適切に変換しますが、それだけではありません。
ここにご紹介する数々の特徴的機能により、痒いところに手の届くような使い勝手を実現しています。

擬似クッキー保持機能

クッキー対応をしていない端末でも大丈夫。WebUnityがクッキーを保持し適切に処理しますので、端末のクッキー対応可否に関係なくクッキーが利用できます。

 

絵文字変換機能

iモード用の絵文字をau・SoftBankの各端末及び各種スマートフォンに対応させ表示可能にします。例えば、ソースコードのiモードの絵文字がauの携帯で閲覧した時にはauの絵文字で表示される、というように各キャリアの絵文字に変換を行ない、相手先に絵文字が存在しない場合は、代わりに同様の意味を持つ全角文字を表示します(注)。また、スマートフォンサイトでは当社で作成した絵文字に置き換えます。
注:相手先に対応する絵文字も文字も存在しない場合はブランクとなります。

 

ハードの「戻る」ボタンに対応

WebUnityは、端末の戻るボタンでの戻る操作のため履歴情報を保持しています。端末の戻るボタンはハードボタンのため、PCのブラウザのようにボタンを消すことができません。端末の戻るボタンを使用した操作を制御したい場合、通常はコンテンツ側で操作のチェックを行いますが、戻り先画面で情報送信された場合に最新の画面を強制的に表示させるよう、WebUnityの設定で制御することもできます。

GTM-TGJ93T