GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品&サービス >
  3. IoT利活用支援サービス

IoT利活用支援サービス

IoTを活用したデジタルビジネスの実証実験を手軽にすばやく開始できる環境をクラウドサービスにてご提供します。
富士通グループおよび各業界の先進技術を組み合わせられるため、新ビジネスの創出からセンサーや機器の稼働状況、データの可視化までと幅広いビジネスシーンでご利用いただけます。

「IoT利活用支援サービス」機能・特長

  • 新しいビジネスモデルの検証、試行、評価までトータルにサポート
    可視化データや分析結果を基に、実運用に向けての施策検討に集中することが可能です。
  • GPS、温度、加速度などの多様なセンサーやデバイスに対応
    多種多様なご要望にお応えできるよう、IoT機器のラインナップ(センサー、通信モジュール)を拡充する予定です。
  • レスポンシブレイアウトに対応
    データの可視化/分析画面は、PCやタブレット端末を通じて、可視化・試行・評価を行うことができるため、PoC/PoB終了後、そのままビジネスにご利用いただけます。

富士通ビー・エス・シーが選ばれる理由

【1】長年培った広範囲の技術力

富士通ビー・エス・シーの強みである、エンベデッド・セキュリティ・ネットワークなどの技術を活かし、センサー・機器、ネットワーク、クラウド、アプリケーション、分析・最適化制御など、IoTビジネスに必要な環境の構築はもちろん、ビジネスモデルの検討、試行、評価までワンストップでお客様のIoTビジネス利用を支援します。
【2】「PI System 」連携による予兆監視

世界125カ国以上で導入されている、米国OSIsoft社の「PI System」と連携させることで、ビックデータの活用が可能です。

・ データを1秒単位で収集することで高品質なデータ管理を実現
・ 大量データをヒストリアン(時系列)データベースに格納することで複数年のデータ分析を実現
・ アーカイブされた時系列のデータからコンディションベースのメンテナンスを実現



プレスリリース:データ収集/管理ソフト「PI System」の再販売契約を締結Open a new window
 
 

このようなご要望におこたえします

IoTの導入を検討しているが、思ったようなデータが取れるのか、スモールスタートで確かめたい

PoC(Proof of Concept)サービス

センサーや機器の膨大なデータを効率的に収集・蓄積し、稼働状況を示すデータを見える化。

IoTを活用した課題解決や、新規ビジネスを検討したい

PoB(Proof of Business)サービス

PoCサービスを利用し、ビジネス化に向けたプランニング、効果測定、分析、評価までワンストップでご支援。
 

IoT利活用支援サービス活用例

 
 

IoT 利活用支援サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を
使用しております。

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせ: 03-3570-4843

株式会社富士通ビー・エス・シー
デジタル・テクノロジー本部
先端テクノロジー統括部

受付時間:平日9時~17時
(土曜・日曜・祝日・弊社指定の休業日を除く)

GTM-TGJ93T