GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

「LFD-31U4」にて発生している問題について

お客様各位

2006年5月25日
株式会社富士通ビー・エス・シー

ロジテック社製USB接続フロッピィディスクドライブ「LFD-31U4」について、F*TRAN2006/2000にて正常に書き込まれない現象が発生しています。

F*TRAN2006/2000においてUSB接続外付けフロッピィディスクドライブ「LFD-31U4/UE」を使用してフロッピィに書き込みを行った場合、データが正しく書き込まれない場合があります。

【影響範囲】

F*TRAN2006/2000にて、以下の版数のUSB接続外付けフロッピィディスクドライブを使用している場合。
<対象ドライブ>
LFD-31U4、LFD-31UE
<対象ファームウェアのバージョン>
USB-FDDの装置版数の下2桁が「JL」およびそれ以前の物 (EG,FH,GK,HK,HL,JL)
「KM」以降では内部処理が異なる為、今回の不具合は発生しません。
「装置版数」:USB-FDDの裏面最下部に貼付されているシールで、最後がアルファベット3文字で終わる番号

【事象】

データ部には正しく書き込まれているが、インデックス部への書き込みで正しいデータが書き込まれず、結果としてファイルが作成されていないように見えます。

【原因】

LFD-31U4、LFD-31UEの内部処理の不具合によるものです。

【対策】

対応ドライバをダウンロードしてインストールしてください。
ロジテック製USB-FDD対応ドライバ ダウンロード

現在、LFD-31U4/UEにてF*TRAN2006/2000が問題なく動作している場合は本ドライバを適用する必要はありません。

【対策手順】

USB-FDD対応ドライバのインストール手順」ページにて公開されている手順に従い、本事象が発生するPCへ適用してください。

【問い合わせ窓口】

本製品のお問い合わせ

GTM-TGJ93T