Skip to main content

English

Japan

F*TRAN2007 バージョンアップ情報

最新情報はこちらをご確認ください。

バージョンアップ内容

F*TRAN2007 V1.0からF*TRAN2007 V2.0へのバージョンアップ内容です。

Windows 7での動作をサポート

Windows 7上でのIBM形式フロッピィを介した変換が可能です。
注:Windows 7のJIS2004文字コードの変換には対応していません。

バージョンアップ関連情報

バージョン情報

更新年/月 バージョン 内容 備考
2010年5月 F*TRAN
2007 V2.0
  • F*TRAN2007 V2.0リリース
  • Windows 7 サポート
  • 動作環境からWindows2000を削除
-
2007年11月 F*TRAN
2007 V1.0
  • F*TRAN2007 V1.0リリース
  • WindowsVistaサポート
  • LFD-A1U、LFD-A2Uを追加サポート
-
2006年11月 F*TRAN
2006 V1.0R2
  • F*TRAN2006 V1.0R2リリース
  • 1年間のサポート・サービスを付加
-
2006年1月 F*TRAN
2006 V1.0
  • F*TRAN2006 V1.0リリース
  • F*TRANドライバNT/V標準装備
  • 補助機能のGUI及びそれに伴なうコマンドの大幅強化
  • サポートデータの拡張
F*TRANドライバNT/Vの標準装備に伴ない、本ドライバは無償ダウンロードを可能にしています。
2002年6月 F*TRAN
2000 V2.0
  • F*TRAN2000 V2.0リリース
  • 定数挿入をサポート
  • 見だしレコード類の生成・付加をサポート
  • COBOLのCopy句読み込み機能(マップ設定の自動化)の追加
  • USB接続スーパーディスクドライブのサポート機種追加(LK-RF240UZ)
V2.02以降ではUSB接続フロッピィディスクドライブに対応。V1.0からV2.01まではダウンロードによりサポート。 注記)V2.02に同梱されているドライバに障害が発見されました。詳細は障害情報をご覧下さい。
2000年8月 F*TRAN
2000 V1.0
  • F*TRAN2000 V1.0リリース
  • OLEオートメーションに対応
  • 2進形式数値データの変換をサポート
  • WindowsCOBOLとしてAcuCOBOLのサポートを追加
    (マイクロフォーカス、富士通、日立、NECはサポート済み)
  • USB接続スーパーディスクドライブをサポート(LK-RF235UZ)
  • F*TRAN98とF*TRAN/NTを統合
F*TRANドライバNT/V V2.0も発売開始しました。
1999年6月 F*TRAN
98/NT V1.5
  • F*TRAN98/NT V1.5リリース
  • マルチレコードレイアウトをサポート
  • 日付データ変換機能のサポート
  • 変換後のファイル内容表示機能を追加
  • 漢字対応表(拡張漢字テーブル)を2000文字から4000文字に拡張
  • マップ設定を1000項目から2000項目に拡張
-
1998年8月 F*TRAN
98/NT V1.0
  • F*TRAN98/NT V1.0リリース
  • 拡張漢字を完全サポート
  • プレビュー機能など、マップ設定機能の強化・操作性の改善
  • IBMフォーマットディスクコピー機能
  • WindowsCOBOLをサポート
    (マイクロフォーカス、富士通、日立、NEC)
  • BCD形式データのサポート
  • 日本ユニシス漢字スペース(2020H)のサポート
  • 三菱形式IBMフォーマットディスクの正式サポート
  • 変換ウィンドウ非表示モード・自動クローズモードのサポート
  • IBMフォーマットディスクのボリュームID、所有者名の変換機能のサポート
  • VisualBasicサンプルプログラムの添付
  • IBMフォーマットサンプルディスクの添付
F*TRANドライバNT/V V1.0も発売開始しました。
1997年7月 F*TRAN
95 V1.0
  • F*TRAN95 V1.0リリース
  • Windows 95またはWindows NT上の32ビットアプリケーション
  • F*TRAN IIIの変換仕様を忠実に継承
  • 操作性の大幅改善
  • IBM漢字のサポート
  • 補助機能の改善
-

注:F*TRANIIIについては省略しています。

お問い合わせ

本製品のお問い合わせ