FUJITSU Software F*TRAN2007(エフトラン2007)

IBM形式フロッピィデータ変換ソフトウェア

F*TRAN2007 とは

F*TRAN2007は、汎用機やオフコンなど、ホストコンピュータの標準フロッピィディスク形式であるIBM形式フロッピィ(IBMファイル)と、パソコンの標準であるWindows®ファイルを相互に変換するためのソフトウェアです。
主な用途としては、汎用機やオフコンのCOBOLデータと、パソコンのCSV形式ファイルとの交換、プリント形式ファイルとの交換、WindowsCOBOLデータとの交換などがあります。
日本で販売されたほとんどのホストの漢字をサポートしており、拡張漢字テーブルも標準提供しています。

主な特長

特長の3つのポイント

①さまざまなデータ形式に対応

ホスト(汎用機・オフコン)のCOBOLデータとCSV形式ファイルとの交換・プリント形ファイルとの交換・Windows COBOLデータとの交換をはじめとし、ソースプログラムの交換、バイナリデータの交換など、さまざまな形式のデータ交換を高い精度で実現しています。

②豊富なコード変換機能

EBCDIC⇔JIS8/ASCII変換はもちろん、富士通のJEFをはじめ、日本で発売されたほとんどのホスト漢字の変換が可能です。拡張漢字も標準装備しています。さらに、COBOLのゾーン形式・パック形式、BCD形式数値、2進形式数値、バイナリ、日付データ、"単一引用符くくり"、"AS400特有の符号つきゾーン形式・パック形式"などをサポートしました。

③強力なレコードレイアウト機能

複雑で面倒なレコードレイアウトも、マップ設定機能により簡単に設定できます。最大2000の項目設定もマウス操作だけで簡単に行えます。COBOLのコピー句読み込み機能を使えば、さらに簡単になります。マルチレコードレイアウトもサポート。プレビュー機能による変換結果の事前確認ができます。定数挿入、見だしレコード類の生成・付加機能もサポートしています。

利用イメージ

データの受け渡しに

IBM形式フロッピィを使用して、全銀フォーマットによる、データの受け渡しに使用されています。

ホストとパソコン間のデータの相互活用に

IBM形式フロッピィを使って、ホストとパソコン間のデータの相互活用を、手軽に行えます。

F*TRAN2007に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

試用版ダウンロードフォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ