機能・動作環境

機能

IBM形式フロッピィデータ変換ソフトウェア F*TRAN2007 の機能紹介です。

さまざまなデータ形式に対応

ホスト(汎用機・オフコン)のCOBOLデータとCSV形式ファイルとの交換・プリント形ファイルとの交換・Windows COBOLデータとの交換をはじめとし、ソースプログラムの交換、バイナリデータの交換など、さまざまな形式のデータ交換を高い精度で実現しています。

豊富なコード変換機能

EBCDIC⇔JIS8/ASCII変換はもちろん、富士通のJEFをはじめ、日本で発売されたほとんどのホスト漢字の変換が可能です。拡張漢字も標準装備しています。さらに、COBOLのゾーン形式・パック形式、BCD形式数値、2進形式数値、バイナリ、日付データ、"単一引用符くくり"、"AS400特有の符号つきゾーン形式・パック形式"などをサポートしました。

サポートするコード

  • ホスト漢字・拡張漢字
    サポートホストベンダーホスト漢字名拡張漢字テーブル
    富士通JEF(12ポイント)、JEF(9ポイント)、F9450内部コード
    日立KEIS
    日本IBMIBM漢字
    NECJIPS(E)、内部コード(E)、JIPS、内部コード(J)
    三菱MELCOM漢字
    東芝東芝標準漢字
    日本ユニシスLETS-J(旧ユニバック系)
    カシオカシオ標準漢字-
    -新JIS(83年版)、旧JIS(78年版)-
    • 拡張漢字テーブル(漢字対応表)は、エディタ形式であり、ユーザーが自由にカスタマイズできます。
    • 変換漏れ漢字のログ表示機能があります。
    • 拡張漢字テーブルに定義されない漢字は、3通り(ゲタ変換、クエスチョン変換、ゼロイー変換)の変換方式の中から、1つを選んで変換します。
    • F*TRAN2007はWindows®のコード⇔JIS78年版の変換をする際に、第一水準・第二水準入替え文字の22組分を入替えずに変換します。入れ替えて変換する場合は、22組を拡張漢字テーブルに登録する必要があります。
  • ホストANKコードは、EBCDIC(カタカナ/英小文字)、JIS8/ASCIIです。
  • Windows®ANKコードは、JIS8/ASCIIです。漢字コードは、シフトJISです。

サポートするデータ

  • COBOLのゾーン形式、パック形式
  • IBM社のiSeries(AS400)の符号つきゾーン形式・パック形式をサポートしました。
  • 2進形式数値データ(COBOL、Visual Basic、C、C++などの2進形式数値データ)
  • Windows COBOL
    以下のベンダーのWindows COBOLをサポートしています。
    Windows COBOL ベンダーWindows COBOL 製品名
    富士通PowerCOBOL97(85)
    日立COBOL85
    NECCOBOL85
    マイクロフォーカスNet Express(MICRO FOCUS COBOL)
    AcuCOBOL
  • 日付データ
    日付データを指定フォーマット(YYYYMMDD、YY-MM-DDなど)で編集して変換できます。 西暦年下2桁/和暦年のデータを、指定範囲の西暦年4桁に拡張する機能があり、西暦2000年対応データ作成に活用することができます。

  • バイナリデータ
  • BCD形式数値を双方向でサポートしました。
  • ANK変換表や漢字方式変換表などを設定するコード変換表を、ユーザーが自社用にカスタマイズできます。

ユーザーアプリからも使用可能

  • コマンド行方式をサポート
    • コマンド行方式により定型処理のバッチファイル化が実現できます。
    • Visual BASICやACCESSなどから呼び出すことができます。
    • 変換ウィンドウ非表示モードがありますので、ユーザーアプリでF*TRANを見せずに使用できます。
  • OLEオートメーションをサポート
    • OLEオートメーションに対応していることで、F*TRANをユーザーアプリの部品として利用できます。

    • コマンド行方式では難しかった処理(マルチボリュームのきめこまかな制御など)も柔軟に構築可能となります。
    • EXCELやACCESSなどとの親和性を高めることが可能となります。

強力なレコードレイアウト機能

複雑で面倒なレコードレイアウトも、マップ設定機能により簡単に設定できます。最大2000の項目設定もマウス操作だけで簡単に行えます。COBOLのコピー句読み込み機能を使えば、さらに簡単になります。マルチレコードレイアウトもサポート。プレビュー機能による変換結果の事前確認ができます。定数挿入、見だしレコード類の生成・付加機能もサポートしています。

マップ設定機能

  • 項目別変換を行ないます。
  • マルチレコードレイアウトをサポートしています。
  • 最大2,000項目の設定が可能。
  • プレビュー機能により、変換結果の事前確認が可能になります。
  • COBOLのコピー句読み込み機能により、変換作業が大幅に軽減されます。
  • 編集機能も強力です。
    • 行末スペース圧縮/伸張
    • タブ圧縮/伸張
    • 可変長項目対応/項目組み換え/項目長変更/項目削除
    • フィラー挿入/デリミタ挿入
    • 引用符くくり
      二重引用符・単一引用符くくりをサポート
    • 改行挿入
    • 半角⇔全角変換
    • 定数挿入が可能

    • 見出しレコード類の生成・付加

便利なスクリプトファイル機能

一度実行した変換作業をスクリプトファイルとして登録できますので、自動実行や確認作業が可能になります。

補助機能も充実

IBM形式フロッピィ関連

  • 初期化機能
  • 初期化時のベリファイ機能
  • クイックフォーマット機能
    (従来の初期化機能より)3~4倍の高速化を実現。)
  • 複写機能
  • ボリューム属性変更機能

IBMファイル関連

  • 一覧表示
  • 削除・削除したファイルの復元
  • 内容表示・修正
  • ボリュームID、所有者名の変更
  • インデックスシリンダ内のラベル類の表示・修正
  • テキストファイルへの出力
  • 名前変更
  • ファイル属性変更
  • 独立アロケート機能

Windows®ファイル関連

  • 一覧表示 、削除、編集機能

IBM形式フロッピィの仕様

媒体種別

IBM形式フロッピィの媒体種別備考
2HD-256/512/10243.5インチ

注 8インチはサポートしていません。
注 USB-FDDを使用した場合は2HD-256のみサポートとなります。

特記事項

  • 日立、東芝、三菱のIBM形式フロッピィをサポート
  • 双方向マルチボリュームをサポート。シングルボリューム扱いも可能

制限

  • 欠陥シリンダ、セクタのあるフロッピィは使用不可
  • 削除セクタを含むブロックは読み飛ばします

IBMファイルの仕様

IBMファイル形式データ交換形式サポート状況
基本形式標準データ交換形式
H型データ交換形式/BDE
拡張形式E型データ交換形式/EBDE
半拡張形式基本形式と拡張形式の中間に位置します。
(規約はずれのIBMファイルも救済できるように考えられたF*TRAN独自の形式です)

F*TRAN2007 V2.0 動作環境

F*TRAN2007 V2.0の動作環境です。

対象パソコンDOS/V機 (PentiumIII以上推奨)
OSMicrosoft® Windows Vista® Business
Microsoft® Windows Vista® Enterprise
Microsoft® Windows® 7 Professional
Microsoft® Windows® 7 Enterprise
メモリ256MB以上(推奨)(OSにより異なる)
HDD20MBの空き容量が必要
CRT1024×768以上(推奨)
環境CD-ROMドライブ(インストール時必要)
FDD
注:右記の中から1基のみ使用できます。
内蔵3モードFDD
(FDC接続)
3.5インチ【メーカー純正品】 (機種制限あり)FMV以外のDOS/V機は純正3モードドライバが必要となります。
USB-FDDロジテック社製
LFD-31UE、LFD-31U4 LFD-A1U、LFD-A2U
「LFD-31UEB」「LFD-31UE1」など、型番が異なるモデルはサポートしていません。

注 F*TRAN2007のWindows® 8以降のOS対応につきまして
注 内蔵3モードFDDがUSBインターフェースで接続されている機種や、上記以外の外付けUSB接続フロッピィディスクドライブの場合は動作確認ツール(F*TRAN2007専用)でサポート対象かどうかの確認が必要です。
注 Windows® 各バージョン及びエディションの64ビット版(x64版/IPF版)に対応しておりません。
注 ロジテック社製USB-FDDが入手できない状況については「F*TRAN2007がサポートするUSB-FDDにつきまして」をお読みください。
注 F*TRAN2007で使用するフロッピィディスクドライブ(内蔵/外付け)はF*TRAN2007が必要とする機能を持ち備えている必要があります。 詳細情報は動作確認機種一覧 (富士通FMV)をご参照ください。

障害情報

F*TRAN2007の障害情報はこちらをご確認ください。
ページの先頭へ