機能・動作環境

機能

ファイルの自動暗号化で情報流出を防ぐFENCE-ProおよびFENCE-Pro Serverの機能紹介です。暗号化方式、暗号鍵の管理、インストール方法について説明します。

暗号体系

FENCEでは、クライアントや共有フォルダのファイルの暗号化を維持し、万一ファイルを紛失してしまった・抜き取られてしまった場合でも、暗号化を維持するので、情報漏えいの心配はありません。 これらの操作は、ログファイルとして排出することもできます。(注1)

  • 注1
    オプション機能となります。

ドライブ暗号

ドライブ単位(C:\、D:\など)で自動暗号化/復号。
利用者は、Windows®にログインするだけで特別な操作を必要とせず情報に素早くアクセスできます。
利用者が電子文書を保存しがちな「デスクトップ」や「マイドキュメント」などの特殊フォルダも自動的に暗号化/復号されるため、暗号化し忘れなどの”ついうっかり”を防止することができます。

フォルダ暗号

自動暗号化対象のフォルダへファイルをコピーすることで自動的に暗号化されます。利用者は従来通りのファイル操作で自動暗号フォルダ内のファイルにアクセスできます。

持ち出し暗号

ご利用のリムーバブルメディアを暗号化設定。 暗号化設定されたリムーバブルメディアは、自動認識され、ファイルの読み書きを自動的に暗号化/復号します。

圧縮暗号

バックアップも暗号化しておきたい場合に手動で圧縮暗号化することもできます。
※圧縮機能には加賀FEI株式会社の「Arcmanager」を採用しています。

暗号鍵の管理

強固な暗号アルゴリズム

日本の電子政府推奨暗号リスト(総務省および経済産業省により電子政府が調達する為の推奨すべき暗号リスト)、および米国商務省標準技術局(NIST)にて採用されている次世代暗号アルゴリズムであるAESを採用しています。

暗号鍵の登録

暗号鍵を複数用意することができます。部署や業務グループなど権限単位に暗号鍵を作成/配布することで、より綿密な暗号化ソリューションが実現できます。

  • 複数の鍵は、フォルダ暗号、メディア暗号、ファイル暗号で利用できます。ドライブ暗号では、固定鍵になります。

Windows® ログオンとの連携

Windows®ログオンアカウントに応じて暗号鍵を有効化します。業務や職位にあわせた利用可能な暗号鍵をWindows®ログオン情報と関連付けておくことで、利用者が意識することなく、自動的に暗号鍵が有効になります。

導入が簡単

サイレントインストールが可能

ソフトウェアのインストール時に指定するシリアル番号やインストール先フォルダの入力、共通鍵の作成などの各種設定を必要としないサイレントインストール化が可能です。 サイレントインストーラーを任意のサーバに配置し各利用者が実行することで簡単に導入・展開が行えます。これにより、管理者は利用者に意識させることなく、同じ環境設定を多数のPCに反映することができます。

  • 「サイレントインストール」とは、インストール画面が表示されず、利用者からの入力を必要としない方法です。

Active Directory®連携

FENCE-Proの各設定情報は、Active Directory®の利用者情報またはグループ情報と関連付けることにより、一元管理できます。 また、ネットワーク上の共有フォルダを自動暗号フォルダとして、利用者やグループ(特定の複数利用者)単位に割り当てることができます。 Active Directory®と連携することにより、システム導入時や大規模な組織変更、また人事異動が発生した場合でも、FENCE-Proの各設定情報は自動的に適用され、管理者の作業が大幅に軽減します。
また、Active Directory®連携を経由して、統合ID管理システム(IDMaster)との連携が可能です。

  • Active Directory®とはWindows®に搭載されているディレクトリサービスです。

仮想環境への導入が可能

FENCE-ProはXenDesktop®、XenApp®環境およびVMware Horizon® View™6、VMware Horizon® View™7環境に適用可能です。
仮想デスクトップ環境(XenDesktop® ・ VMware Horizon® View™6、VMware Horizon® View™7)への対応により、サーバに集約された情報に対しても従来のPCで実現していたセキュリティ対策を引き続き実施可能です。
また、アプリケーション仮想化(XenApp®)への対応により、シンクライアント端末でもファイル暗号が利用可能です。管理者は最も効率的な方法でFENCE-Proを配信することができます。更に各端末にFENCE-Proをインストールする必要がないので、パッチやアップグレードが容易、管理者の導入・運用負荷を軽減します。

動作環境

FENCE-Pro V8

対応OSMicrosoft® Windows® 8.1(32/64 bit)
Microsoft® Windows® 8.1 Pro(32/64 bit)
Microsoft® Windows® 8.1 Enterprise(32/64 bit)
Microsoft® Windows® 10 Pro(32/64 bit)注1
Microsoft® Windows® 10 Enterprise(32/64 bit)注1
Microsoft® Windows® 10 Education(32/64 bit)注1
CPU1GHz 以上のプロセッサまたはSoC推奨注2注3
メモリ1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット)
HDD50MB以上の空き容量が必要
環境CD-ROMドライブ(インストール時必要)

掲載している情報は、2021年2月現在のものです。

  • 注1
    Windows® 10機能アップグレードの対応状況については、こちらをご覧ください。
  • 注2
    PAE、NX、SSE2をサポートするプロセッサが必要です。
  • 注3
    SoCはWindows® 10の場合のみ対応しています。

FENCE-Pro Server V8

FENCE-Pro Serverは、FENCE-Proと同じ機能をサーバOS上で提供します。

対応OSMicrosoft® Windows Server® 2012 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Standard
Microsoft® Windows Server® 2016 Standard
Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2019 Standard
CPU2GHz 以上のプロセッサ推奨
メモリ2GB以上推奨
HDD50MB以上の空き容量が必要
環境CD-ROMドライブ(インストール時必要)

掲載している情報は、2020年3月現在のものです。

  • ターミナルサービスおよびリモート デスクトップ サービスを利用した、複数セッションでの利用はサポートしておりません。

FENCE-Pro V8 ADサーバ

対応OSMicrosoft® Windows Server® 2012 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2016 Standard
Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2019 Standard
CPU1.4GHz以上のプロセッサ
メモリ512MB以上(2GB以上推奨)
HDD30MB以上の空き容量が必要
環境CD-ROMドライブ(インストール時必要)

掲載している情報は、2020年3月現在のものです。

注意事項

FENCE-ProFENCE-Pro Serverの注意事項は こちら をご確認ください。

ページの先頭へ