機能・動作環境

機能

デバイス導入サポート機能

デバイス導入時の作業負荷を軽減できるDevice Enrollment Programやゼロタッチ登録(Zero-touch enrollment)に対応しています。

モバイルデバイス管理(MDM)

資産管理

OS、モデル、SIMカードなどのハードウェア情報、インストールされたアプリケーション情報などを収集し一元管理します。また、Wi-Fi設定や証明書、各種デバイス設定などの構成プロファイルをデバイスへ配信し自動設定します。

不正利用対策

カメラや画面キャプチャ、USB接続、SDカードなどのデバイス機能を制御することでデバイスの悪用を未然に防ぎます。また、Jailbreakやroot化されたデバイスを検知することもできます。

紛失・盗難対策

紛失・盗難事故に備えてのローカルロック/ワイプの強制適用、事故発生時にデバイスの位置を把握したり、リモートロック/ワイプを即時に発行することで被害を最小限にとどめることができます。

ウィルス対策

Android™デバイスにおけるウイルス・マルウェア対策の実現、セキュリティポリシーやスキャン結果の一元管理、スキャンの即時実行などが可能です。

i-FILTER® ブラウザー

Webブラウザ経由でアクセス可能なサイトを制限します。カテゴリ指定によるホワイトリスト化で効率的に企業ポリシーを適用することが可能です。
i-FILTER® ブラウザーの機能についてはこちらをご参照ください。

運用代行サービス

管理者が対応できない夜間や休日に発生した紛失・盗難事故に対して、お客様のセキュリティ対策運用(リモートロック・ワイプ)を弊社が代行します。

アプリケーション管理(MAM)

Volume Purchase Programやmanaged Google Play™などのOSが提供するフレームワークをサポートし、アプリケーションの配信、利用制限、VPN設定、データ保護などを実現します。

Microsoft® 365(旧Office 365®)連携

アプリのセキュア配信、データ持ち出しを制御する操作制限、盗難・紛失時にはMicrosoft® 365(旧Office 365®)アプリのみを消去するなどMicrosoft® 365(旧Office 365®)を安心安全に利用するための機能を提供します。

業務アプリ連携

専用端末化、アプリケーションのサイレントインストール、端末再起動、システムバージョンアップ制御などAndroid™デバイスで業務アプリケーションを本格運用するためのさまざまな支援機能を提供します。

コンテンツ管理(MCM)

PDFや業務データなどのコンテンツを各デバイスへ配信したり、デバイス上に格納されたコンテンツを収集することができます。

管理者サポート機能

デバイス管理者の負荷軽減、運用支援を実現するため、管理者分掌機能やログ機能、ダッシュボード含めたアラート機能、CSVダウンロード機能、メッセージ通知機能などを提供します。

サービス機能概要 ダウンロード

FENCE-Mobile RemoteManagerの代表的な機能だけではなく、詳細な機能や活用方法を掲載しています。

動作環境

提供方式

クラウド型

簡単、早く、安くデバイス管理をスタート

当社データセンター(インターネット環境)上のFENCE-Mobile RemoteManager管理サーバからサービス提供。 企業内にICT専任者を必要とせず、短期間・低コストでモバイルデバイスの運用管理をスタートできます。

パッケージ型

マルチテナント方式でサービス事業者運用に対応自社構築型で閉域ネットワークに対応

月額でライセンス費を支払う方式、パッケージを一括購入する方式のいずれかが可能。パッケージを購入し、エンタープライズモビリティ管理サービスを提供されるサービス事業者様の環境もしくはお客様環境にFENCE-Mobile RemoteManager管理サーバを構築していただきます。 閉域ネットワーク上でデバイス管理を実現したい場合、月々のランニングコストを抑えたい場合などにおすすめです。 また、管理コンソール機能をグループ(コンテナ)ごとに独立して提供可能。情報システム子会社がFENCE-Mobile RemoteManagerを構築・運営し、デバイス管理の運用は各グループ会社ごとで行うことが可能です。

動作環境

管理サーバ 注1 (パッケージ型提供の場合)

OSRed Hat® Enterprise Linux® 7 (x86_64) CentOS 7 (x86_64)
CPUハイパースレッディング・テクノロジー対応 インテル®プロセッサ (2GHz/6コア/15MB)以上
メモリ12GB以上
HDD146GB以上
必須ミドルウェアOpen Java Development Kit 8
PostgreSQL 9.2
Apache HTTP Server 2.4
Apache Tomcat 7.0
SSLサーバ証明書HTTPS通信で運用する場合は必須
iOS端末で運用する場合はSANs(Subject Alternative Names)オプションを含み必須

管理者PC

Webブラウザが動作するPC

モバイルデバイス

OS 注2注3Android™ 2.1 / 2.2 / 2.3
Android™ 3.0 / 3.1 / 3.2
Android™ 4.0 / 4.1 / 4.2 / 4.3 / 4.4
Android™ 5.0 / 5.1
Android™ 6.0
Android™ 7.0 / 7.1
Android™ 8.0 / 8.1
Android™ 9.0
Android™ 10.0
iOS 4.3
iOS 5.0 / 5.1
iOS 6.0 / 6.1
iOS 7.0 / 7.1
iOS 8.0 / 8.1 / 8.2 / 8.3 / 8.4
iOS 9.0 / 9.1 / 9.2.1 / 9.3
iOS 10.0 / 10.1 / 10.2 / 10.3
iOS 11.0 / 11.1 / 11.2 / 11.3 / 11.4
iOS 12.0 / 12.1 / 12.2 / 12.3 / 12.4
iOS 13.0 / 13.1 / 13.2 / 13.3 / 13.4 / 13.5 / 13.6 / 13.7
iPadOS 13.1 / 13.2 / 13.3 / 13.4 / 13.5 / 13.6 / 13.7
iOS 14.0
iPadOS 14.0
Windows® 8.1 注4
Windows® 8.1 Pro 注4
Windows® 8.1 Enterprise 注4
Windows® 10 Pro 注4
Windows® 10 Home 注4
Windows® 10 Enterprise 注4
Windows® 10 Education 注4
Windows® 10 IoT Enterprise 注5

掲載している情報は2020年10月21日現在のものです。

  • Windows® 10機能アップグレードの対応状況については、こちらをご覧ください。
  • Android™・iOS端末については、機種・OSの組合せに依存するため対応デバイス一覧を参照下さい。なお、Windows® 端末については、機種の制限はありません。
  • 注1
    管理サーバの構成は、モバイルデバイス500台での動作環境となります。
  • 注2
    英語版OSまたはOS言語表示で英語をサポートしています。
  • 注3
    Android™/iOS 9.9との表記は、Android™/iOS 9.9.9までがサポート対象という意味です。
    例)iOS 8.0との表記は、iOS 8.0.2もサポート対象です。
  • 注4
    32bit版および64bit版のOSをサポートしています。
  • 注5
    Windows® 10 IoT Enterpriseのサポート対象は対応デバイスのみです。対応デバイス一覧を参照下さい。

対応デバイス

対応デバイスは こちら をご確認ください。

ページの先頭へ